新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

DataBase

データベース

選手名鑑

内藤 哲也

Tetsuya Naito

身長
180cm
体重
102kg
生年月日
1982年6月22日
出身地
東京都足立区
血液型
AB型
デビュー
2006年5月27日
得意技
ジャンピングエルボーアタック、スターダストプレス
入場テーマ
STARDUST
BLOG
http://ameblo.jp/naito-tetsuya/
Twitter
@s_d_naito

幼少期からサッカー、野球に熱中。00年9月より5年間、アニマル浜口ジムにて基礎を学ぶ。04年2月に開催された「高田道場サブミッションレスリング大会」にて最優勝選手賞を獲得。05年11月3日、後楽園ホールにて行なわれた新日本プロレス公開入門テストに合格し、12月に入門。06年5月27日、草加市スポーツ健康都市記念体育館における宇和野貴史戦でデビュー。10月29日、同じヤングライオンの平澤光秀を下し、デビュー約5ヶ月で初勝利を飾った。07年6月、負傷欠場した邪道の代わりとして「BEST OF THE SUPER Jr.XIV」に出場。外道、エル・サムライから大金星を挙げるなど、キャリア2年目ながら活躍した。08年2月、裕次郎(現:高橋裕二郎)とNO LIMITを結成。9月にはプロレスリング・ノアに殴り込み、金丸義信&鈴木鼓太郎の持つGHC Jr.ヘビー級王座に挑戦する。10月13日、両国国技館にて稔&プリンス・デヴィット組を破り、第22代IWGP Jr.タッグ王者に就く。12月7日、邪道&外道を相手に同王座の初防衛に成功するが、09年1月4日にモーターシティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー&クリス・セイビン)に敗北し王座陥落。その後、裕次郎と海外遠征に出発。CMLLでルード(悪役)としてブレイクし、ヘビー級へ転向。10年1月4日東京ドーム大会で、ブラザー・レイ&ブラザー・ディーボン、ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンとの3WAYハードコアマッチ戦を制し、裕次郎と共にIWGPタッグ王者に輝いた。同年3月、「NEW JAPAN CUP」に初出場。1回戦でアンダーソン、2回戦で棚橋弘至を破り、ベスト4へ進出した。同年5月3日福岡で、バーナード&アンダーソン、永田裕志&井上亘との3WAY戦に敗れ、IWGP王座から陥落。以降、この2チームと三つ巴のベルト争奪戦を繰り広げるものの、王座返り咲きは果たせず。11年5月26日の後楽園大会で、ついにパートナーの高橋裕二郎と仲間割れ。同年6月18日大阪で“元パートナー対決”に臨むものの、高橋の東京ピンプスで轟沈。短期のメキシコ遠征を経て、8月の『G1 CLIMAX XXI』で準優勝。同年9月19日神戸で、高橋に初勝利。同年10月10日、棚橋の持つIWGPヘビー級王座に初挑戦するも、惜敗。2012年8月、『G1 CLIMAX 22』仙台大会で行なわれたルーシュ戦で右膝前十字靱帯を断裂。以降のリーグ戦に強行出場するも、状態を悪化させてしまう。そして、10月8日の両国大会で高橋裕二郎に膝を攻められ、長期欠場へ追い込まれた。すぐさま右膝の手術へ踏み切り、苦しいリハビリも経験。2013年6月22日の大阪大会で待望の復帰戦を迎え、高橋に勝利。同年7月、田中将斗の持つNEVER無差別級王座に挑戦するも、完敗という結果に終わる。しかし、同年8月に開催された『G1 CLIMAX 23』ではBブロックを1位通過。決勝戦で棚橋を破り、悲願の初優勝を遂げる。続いて9月29日の神戸大会で田中にリベンジし、NEVER無差別級王者&1月4日東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証保持者の二冠王に輝いた。

★新日本プロレス・スマホサイト(http://sp.njpw.jp)で日記「テツヤ☆スターダスト 〜2nd story〜」(隔週金曜更新)を連載中。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.