新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

DataBase

データベース

選手名鑑

永田 裕志

Yuji Nagata

身長
183cm
体重
108kg
生年月日
1968年4月24日
出身地
千葉県東金市
血液型
AB型
デビュー
1992年9月14日
得意技
ナガタロックT、II、III、IV、バックドロップホールド、サンダーデスドライバー
所属ユニット
青義軍
入場テーマ
MISSION BLOW
Twitter
@nagata769

大学時代、アマチュア・レスリングに励み、92年3月に新日本プロレスへ入門。9月14日、松江市総合体育館における山本広吉(現:天山広吉)戦でデビューする。96年3月の第7回「ヤングライオン杯」で準優勝を収め、米国武者修行へ出発。97年3月よりWCWマットに参戦する。99年8月の「G1 CLIMAX」では藤波辰爾、佐々木健介らトップ選手を敗り、大躍進を遂げる。8月28日、中西学とのタッグで後藤達俊&小原道由を下し、第39代IWGPタッグ王者に君臨。01年8月の「G1」では、武藤敬司、蝶野正洋を連破して初優勝を果たす。02年4月5日、安田忠夫を撃破し第31代IWGPヘビー級王者に輝き、高山善廣、藤田和之、ジョシュ・バーネットら強豪を相手に、歴代最多防衛記録V10を達成。03年11月30日、棚橋弘至とのタッグでプロレスリング・ノアの小橋建太&本田多聞を敗り、第7代GHCタッグ王者となる。04年6月12日、ケンドー・カシンと共に全日本プロレスの小島聡&カズ・ハヤシを下し、第50代世界タッグ王者となる。05年には、新日本本隊を離れ、中西学、ケンドー・カシン、藤田和之とアマレス出身者で形成されたチームJAPANを結成。06年4月の「NEW JAPAN CUP」にて決勝戦進出を果たすも、ジャイアント・バーナードに敗れて惜しくも準優勝。8月20日、BIG MOUTH LOUDに参戦し、村上和成とのタッグで鈴木みのる&高山と久々の遭遇を果たし、10月9日に鈴木&高山と再激突。試合はパートナーの山本尚史が高山に敗れた。07年1月4日、鈴木の持つ三冠ヘビー級王座に挑戦するが、惜しくもレフェリーストップ負けを喫した。2月18日、カート・アングルと日米レスリングタッグを結成し、バーナード&トラヴィス・トムコを撃破。3月に開催された「NEW JAPAN CUP」では、決勝戦で真壁刀義を下し、同トーナメントを初制覇。4月13日、棚橋を下して第46代IWGP王者となり、約4年ぶりに同王座を腰に巻いた。5月2日、越中詩郎を退けて初防衛に成功。7月6日には真壁との大流血戦を制し、2度目の防衛に成功した。08年1月4日、かねてから対戦を熱望していたアングルとの“世紀の一戦”が実現。2月17日、試合前に頭部の異常を訴え、以後欠場を続けたが、5月2日に復帰。ZERO1-MAX(現:ZERO1)と対抗戦で最前線に立ち、10月13日には田中将斗とのシングル初対決を制し、世界ヘビー級王座を獲得した。09年4月5日、自身初挑戦となるチェーンデスマッチで飯塚高史に敗北するが、5月3日にドッグカラー・チェーンデスマッチでリベンジした。09年9月から、低迷を続ける井上、平澤光秀を熱血指導するようになり、S・S・マシンを加えた“新生”青義軍を結成。10年5月3日のIWGPタッグ選手権試合3WAYマッチで、井上とタッグを組み、高橋裕二郎&内藤哲也、バーナード&カール・アンダーソンに勝利。10年10ヶ月ぶりに同王座へ返り咲いた。11年3月の「NEW JAPAN CUP」で4年ぶり2度目の優勝を遂げ、同年4月には全日本プロレスの「2011チャンピオンカーニバル」も制覇した。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.