新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

DataBase

データベース

選手名鑑

天山 広吉

Hiroyoshi Tenzan

身長
183cm
体重
115kg
生年月日
1971年3月23日
出身地
京都府京都市
血液型
O型
デビュー
1991年1月11日
得意技
アナコンダバイス、TTD、モンゴリアンチョップ、ダイビングヘッドバット、ムーンサルトプレス
所属ユニット
本隊
入場テーマ
テンザン 〜時空〜
Twitter
@TENZAN323

学生時代からボディビル、バスケットボールで鍛え、新日本プロレスが立ち上げた「新日本プロレス学校」に入門。91年1月11日、今冶市公会堂における松田納(現:エル・サムライ)戦でデビュー。93年に行なわれた第4回「ヤングライオン杯」で見事優勝し、6月にヨーロッパ修行へ。95年1月に凱旋帰国し、蝶野正洋、ヒロ斎藤と狼群団を結成。97年にはnWoジャパン入り。99年1月4日、小島聡とのテンコジタッグで第36代IWGPタッグ王者に輝く。00年には、蝶野率いるT2000の一員となる。01年12月の「G1 TAG LEAGUE」では、小島とのコンビで初優勝。02年1月、小島の新日本退団に伴い、テンコジタッグを解消する。03年6月10日、IWGPヘビー級王者の高山善廣に敗退したのを機にカナダ遠征へ出発。8月の「G1 CLIMAX」では、新技アナコンダバイスでプロレスリング・ノアの秋山準を撃破し、悲願の初優勝。11月3日、高山を下して第33代IWGP王者に輝く。11月には、西村修とエントリーした「G1 TAG LEAGUE」で優勝。04年2月15日に行なわれた「IWGPヘビー級王座決定トーナメント」を制し第35代王者に就く。8月の「G1」では、決勝戦で棚橋を下し連覇を達成。04年12月12日、佐々木健介を破り、第40代IWGP王者となる。05年2月20日、「IWGPヘビー級・三冠ヘビー級 ダブルタイトルマッチ」で小島に敗れるが、5月14日に小島にリベンジし、IWGP王者に返り咲く。10月30日、蝶野との蝶天タッグで、自身5度目となるIWGPタッグ王座を獲得。06年8月の「G1」では、全勝でリーグ戦を勝ち抜き、決勝戦で小島を下して3度目の栄冠を掴む。その後、蝶野と決別し、10月には真壁刀義らとヒールユニットG・B・Hを結成。11月には小島とのテンコジで全日本プロレスの「2006世界最強タッグ」に出場し、見事優勝。2007年1月4日、テンコジとして蝶野&武藤敬司と激突。10月8日の後藤洋央紀戦以後、負傷欠場するも、08年2月17日に復帰するもG・B・Hを追放される。3月9日、G・B・Hに袋叩きにされていたところを飯塚高史に救出され、後に“友情タッグ”を結成。G・B・Hとの抗争を開始し、4月27日大阪府立体育会館で真壁、矢野の持つIWGPタッグ王座に挑戦。だが、飯塚のまさかの裏切りで王座戴冠ならず。以降、飯塚とは因縁関係になる。7月8日、飯塚とのランバージャック・デスマッチに勝利。10月13日、チェーンデスマッチで飯塚に敗退。11月5日、小島とのテンコジで真壁、矢野を破り、「G1 TAG LEAGUE」V2を達成した。2009年より長期欠場。2010年11月の「NEVER.4」にて復帰を果たした。
14年4月6日両国大会で、小島聡ともに、当時王者のロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン組みに挑戦し、天山がジャックス・ダンをムーンサルトプレスで沈め、NWA世界タッグ王者となった。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.