新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

DataBase

データベース

選手名鑑

後藤 洋央紀

Hirooki Goto

身長
182cm
体重
103kg
生年月日
1979年6月25日
出身地
三重県桑名市
血液型
O型
デビュー
2003年7月6日
得意技
昇天、昇天・改、裏昇天、牛殺し、昇龍結界、後藤式、特攻ラリアット
所属ユニット
CHAOS
入場テーマ
覇道
Twitter
@510njpw

02年4月に新日本プロレスへ入団するが、ケガにより一時離脱。02年11月の入門テストに挑戦し、再合格を果たす。03年7月6日、岐阜産業会館における田口隆祐戦でデビュー。05年3月の「ヤングライオン杯」で優勝したのをきっかけに、ヒールユニットC.T.Uに加入。5月14日、稔とのタッグで金本浩二&井上亘を下し、第15代IWGP Jr.タッグ王者に輝き、12月23日には棚橋弘至の持つIWGP・U-30無差別級王座に挑戦。C.T.U加入をきっかけに頭角をメキメキと現す。06年4月23日(現地時間)、稔、ブラック・タイガー(4代目)とともにTNAに参戦。自身初となる海外での試合を経験。7月30日に開催された「C.T.U 2nd Anniversary」を最後に無期限のメキシコ遠征へ出発。07年3月4日(現地時間)、メキシコのアレナ・コロッセオで開催された闘龍門MEXICO自主興行「YAMAHAカップ NWAインターナショナルJr.チャンピオンシップトーナメント」にエントリーし、決勝戦でショッカーを下して第18代NWAインターナショナルJr.ヘビー級王者に輝いた。8月21日、約1年のメキシコ遠征から帰国し、ヘビー級転向を宣言。8月26日、C.T.U解散興行「LAST OF C.T.U」にて、稔、ミラノコレクションA.T.、プリンス・デヴィット、そして中邑真輔との共闘を選択し、RISEを結成した。9月シリーズでは、飯塚高史、山本尚史らを退け、10月8日にはかつて付き人を務めていた天山広吉を撃破。11月11日、棚橋の持つIWGPヘビー級王座に初挑戦を果たす。08年1月4日、武藤敬司の悪の化身であるグレート・ムタとの初一騎打ちが実現。8月には「G1 CLIMAX 2008」優勝決定戦で真壁刀義を下し、初出場・初優勝の快挙を達成。09年3月、「NEW JAPAN CUP 2009」を制覇。10年3月、「NJC 2010」を制覇し、史上初の2連覇を成し遂げた。11年3月より、1ヶ月間のメキシコ遠征に旅立ち、心機一転。入場曲を変えて、新生・荒武者をアピール。12年2月12日、田中将斗を破って第3代IWGPインターコンチネンタル王者に輝く。同年4月8日、「NJC 2012」決勝戦で棚橋に初勝利し、史上初となる3度目の優勝を飾る。
2013年8月7日、棚橋弘至との「G1 CLIMAX 23」公式戦で、アゴを負傷し、長期欠場。2014年1月4日、東京ドーム大会では、“盟友”柴田勝頼との試合で復帰した。

16年2月11日大阪府立体育館大会・IWGPヘビー級選手権試合で、オカダ・カズチカに挑戦するが、ベルト奪取ならず。

IWGP王座には8連続の挑戦失敗となり、失意の状態に。その後、オカダから「CHAOS入り」を執拗に求められ、何度も断り続けていた。

しかし、同年3月12日青森大会の「NEW JAPAN CUP 2016」優勝決定戦で内藤哲也に敗れたあと、リングインしたオカダと握手。事実上の「CHAOS入り」が確定となった。

 

★新日本プロレス・スマホサイト(http://sp.njpw.jp)で日記「洋央日紀(ひろおにっき)〜武士の一文〜」(隔週火曜更新)を連載中。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.