新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

DataBase

データベース

選手名鑑

金本 浩二

Koji Kanemoto

身長
180cm
体重
80kg
生年月日
1966年10月31日
出身地
兵庫県神戸市
血液型
AB型
デビュー
1990年11月7日
得意技
アンクルホールド、ムーンサルトプレス、顔面ウォッシュ、ファルコンアロー
所属ユニット
本隊Jr.ヘビー
入場テーマ
GOLD(仮称)
Twitter
@k_kanemoto

90年6月、新日本プロレスへ入門。11月7日、岩出町立町民総合体育館における小原道由戦でデビュー。93年2月にメキシコで修行し、5月より3代目タイガーマスクとして活動。94年7月にマスクを脱いで渡米。95年1月に帰国し、2月19日にIWGP Jr.ヘビー級王座を獲得する。4月16日には、大谷晋二郎に勝利してUWA世界Jr.ヘビー級王座を奪取する。98年6月、「BEST OF THE SUPER Jr.」で悲願の初優勝。01年10月より蝶野正洋率いるT2000に合流。Jr.戦線のトップヒールに君臨する。02年6月の「SUPER Jr.」で優勝を果たし、自身2度目の栄冠を手にする。03年1月26日、プロレスリング・ノアの神戸ワールド記念ホール大会に乗り込み、獣神サンダー・ライガーとのタッグで、金丸義信&菊地毅に奪われていたIWGP Jr.タッグ王座の奪回に成功した。04年に「G1 CLIMAX」へ初参戦。大柄の相手に屈せず、3勝をマークした。05年3月4日、井上亘とのタッグで邪道&外道を下し、IWGP Jr.タッグ王座を獲得。06年5月3日、タイガーマスクを下し、IWGP Jr.王座を奪取。約3年ぶり、自身5度目の戴冠を果たした。8月「G1」にエントリーし、ベスト4に進出するという快挙を成し遂げる。10月には、棚橋弘至との“IWGPコンビ”で「G1 TAG LEAGUE」に出場し、準優勝の成績を収めた。07年2月18日、棚橋の持つIWGPヘビー級王座に初挑戦した。5月26日、韓国のA.W.F.世界プロレスに参戦し、チェ・テサンとのタッグでA.W.F.世界タッグ王座を獲得。09年6月、「SUPER Jr.」で7年ぶり3度目の優勝を収めた。10年5月8日、エル・サムライとのタッグで「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st」を制するとともに、第25代IWGP Jr.タッグ王者となる。同年8月、タイガーマスクとのタッグで第12代GHCジュニアヘビー級タッグ王座に輝く。

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.