NEW JAPAN ROAD

日時
2020年9月6日(日)   13:30開場 15:00開始
会場
千葉・幕張メッセ国際展示場・3ホール
放送
バナー
観衆
470人

第6試合 60分1本勝負
第62代IWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メイン(第6試合)は第62代IWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦、田口隆祐&マスター・ワト(1勝0敗)vs高橋ヒロム&BUSHI(1勝0敗)。前日、田口&ワト組はデスペ&金丸組、ヒロム&BUSHI組は石森&外道組に勝利。両チーム共にここは連勝を収め、一気にベルトに近づきたいところ。
 田口&ワト組はセコンドとして天山広吉を帯同。ヒロムは天山を指さし、「危ねえだろ、大丈夫か?」と警戒を見せる。

 先発はワトとヒロム。ロックアップで組み合うとヒロムが押し込むが、ワトは体勢を入れ替える。そして、離れ際に裏拳を見せるが、ヒロムはかわす。続くロープワークの攻防からワトは打撃のコンビネーション。ローリングソバットをヒロムに炸裂させる。
 ワトがロープに走ると、ヒロムも追走。しかし、ワトは攻撃をかわして変則的な蹴りをヒット。続いてエルボー合戦に突入。競り勝ったワトがロープに走るも、BUSHIが妨害。そして、ヒロムがキックを繰り出すが、ワトはその蹴り足を捕らえてロープに固定し、軸足のほうを蹴り飛ばす。
 ワトはロープに走るが、L・I・Jは連携キックで反撃。一気に流れを変える。BUSHIは田口を場外で鉄柵に投げつける。
 リング上、ヒロムがワトに強烈な逆水平チョップを連発。さらに顔面を踏みつけ、後頭部にエルボーを落としてからBUSHIにスイッチ。
 BUSHIはTシャツを脱ぐと、それを用いてワトにチョーク攻撃。さらにストンピングを連発する。
 スイッチしたヒロムはワトの後頭部にエルボー。さらに天山に「見とけ、コラ!」とアピールしてからモンゴリアンチョップを連発。怒った天山はエプロンに上がるが、レフェリーが阻止。
 勢いに乗るヒロムはワトに逆水平チョップからキャメルクラッチ。すると、田口が「こうやるんだ!」と叫んでモンゴリアンチョップでカット。
 次はBUSHIがワトの胸板に張り手を連発してからスウィンギングネックブリーカー。続いてBUSHIはストンピングから、胸板に張り手。そしてヒロムにスイッチ。
 ヒロムも胸板への張り手を連発。L・I・Jは打撃でワトを苦しめる。
 L・I・Jはダブルのブレーンバスターを狙うも、田口がカットイン。そして、L・I・Jにモンゴリアンチョップを見舞ってからヒップアタックを繰り出すが、これはアッサリかわされてしまう。
 L・I・Jはワトにダブルのブレーンバスター。そして、BUSHIがSTFでワトを捕獲。田口が助けに入ろうとするが、ヒロムが阻止。ワトは自力でどうにかロープエスケープ。
 続いてBUSHIとワトはエルボー合戦。BUSHIは打撃で競り勝つとヒロムに交代。ヒロムは串刺しラリアットから低空ドロップキック。だが、ワトはかわしてソバット。さらに変形のウラカンホイップ。
 しかし、タッチはBUSHIが阻止。BUSHIはロープに走ると、ワトはカウンターのドロップキック。そして、ようやく田口にスイッチ。
 田口はヒロムとBUSHIに交互に串刺しヒップアタック。さらに二人まとめてDDT&リバースDDTを敢行。続いて田口はヒップバットを二人に連発し、BUSHIには場外からヒップアタック。さらにダイビングヒップアタックをヒット。
 勢いに乗る田口はスリーアミーゴスを狙うが、BUSHIが逃れる。しかし、BUSHIのスピンキックを田口はオーマイアンドガーアンクルで捕獲。ここでヒロムが突進してくるも、田口はカニバサミで転倒させ、その頭部をBUSHIの股間に直撃させる。
 ここでワトがヒロムにスワンダイブのエルボーアッパー。ヒロムが場外に落ちるとトルニージョアタックを炸裂。
 リング上、田口はオヤァイポーズを見せるとBUSHIにケツイェ。さらにオーマイアンドガーアンクルを決め、続いてどどんを狙うも、BUSHIは切り抜けるとフィッシャーマンズスクリュー。しかし、すぐに田口は立ち上がって延髄斬り。
 スイッチしたワトはBUSHIにローキック三連発。さらにソバット。しかし、打撃を切り抜けたBUSHIはDDT。
 タッチしたヒロムは、ワトにエルボー。さらにロープを用いてワトのノドにダメージを与えると、すばやい動きからショットガンドロップキック。
 ヒロムは一気にターンバックル・デスバレーボムを狙うが、ワトは切り抜ける。しかし、ヒロムは串刺しラリアットから低空ドロップキック。そして、ファルコンアローからカバーするが、ワトはカウント2でキックアウト。
 ヒロムはもう一度肩にワトを担ぐも、ワトは着地してキック。そして、ロープに走るが、ヒロムはラリアット。BUSHIは田口を場外に連れ出す。
 ヒロムは今度こそワトにターンバックル・デスバレーボム。そして、雄叫びを上げ、TIME BOMBを狙うが、田口がヒップアタックでカット。さらに田口はBUSHIには旋風ケツを繰り出すが、BUSHIはアトミックドロップで迎撃。
 リング上、ワトがヒロムに対して旋風脚。さらにワトがBUSHIを捕らえ、田口がヒップアタックをヒット。続いて田口は場外に落ちたBUSHIに三角飛びプランチャ。
 ここを勝機と見た田口は、ヒロムをどどんの体勢に捕らえると、ワトがコーナーからフェイスクラッシャーで飛び込む合体攻撃を炸裂。しかし、カバーはヒロムが必死にカウント2でキックアウト。
 田口がBUSHIを場外で押さえつけつあいだに、ワトはヒロムにパワーボムの体勢からの変型フェイスクラッシャー。そして、RPPを狙うも、BUSHIがカット。そのBUSHIに田口がエプロンからヒップアタック。ここでワトはRPPを放つも、ヒロムがかわして自爆してしまう。
 ヒロムはワトに串刺しラリアット。しかし、ワトも追走して串刺しドロップキックを炸裂。もう一度ワトは串刺し攻撃を狙うが、BUSHIが追走し串刺しエルボー。そして、L・I・Jはサンドイッチ式低空ドロップキック。カバーは田口がカットするも、BUSHIは場外に追い出し、トペ・スイシーダをヒット。
 リング上、ヒロムはTIME BOMBを狙うが、ワトは切り抜けてハイキックを炸裂。しかし、ヒロムはBUSHIと共にカウンターのトラースキック。そして、L・I・J・はワトにブレーンバスターとシットダウン式パワーボムの合体攻撃。最後はLATをワトに決め、ヒロムが3カウントを奪取。L・I・Jタッグがリーグ戦二連勝を収めた。田口&ワト組は1勝1敗に。

COMMENT

BUSHI「文句なし! 後楽園…! 決勝進出だろ? これで決定だよ。まあ、俺にも見えてるよ。ヒロムとのIWGPジュニアタッグを手にしている姿がな! まあ、ベルトを獲る後楽園までハグはお預けかな?」
 

ヒロム「いや~、キツかったなあ。(座り込んで、エア状態でエアBUSHIと肩を組みながら)キツかったよ、もちろんキツい! でも、BUSHIさんがいるんだよ。見たろ? 俺たちの、何も会話なんていらねーよ。心と心が通じあえば、どこで助けに行く、どこで連携が生まれる、そんなことなんてあたりまえなんだ。これが呼吸だよ。俺とBUSHIさんの呼吸だよ。このままいくぞ! 次、デスペ&金丸、最高のマッチ。楽しみにしていた中で、一番楽しみだったよ。俺とBUSHIさんだったら、間違いねーよ。次、仙台で勝って、俺たちチャンピオン、決まりだ。BUSHIさん、ちょっとすみません……(ここでエア肩組みを止めて)。
 

 
一つ、言ってやるよ。ミサイルで帰ってくると思ったら、グランドマスターを目指して帰ってくる人間になってくるとはな。てっきりミサイルで帰ってくると思ったけどな。まあ、いい。何があったかはわかんねえ。俺から言えるのは、何しに帰って来たんだ? おまえ、自分自身が力つけて、この新日本プロレスでトップに立てると思ったから、帰ってきたんだろ? 何を天山、田口、棚橋……何を『ハイハイハイハイ』言うこと聞いてるんだ。おまえのコメント見てたら、毎日同じじゃねーか? 今日も同じコメント残したのか? 『絶対負けねえ、次はやってやる、覚悟しておけ、覚えてろよ』それしか言わねーな。それと、先輩から言われたことを『ハイハイハイハイ』聞いてるおまえには魅力を感じねえ。俺に覚えてもらいたいんだったら、もっと自分のやりたいことを俺に主張してこい。俺にぶつけてこい。俺は何回でも、いくらでも、どこでも、相手になってやるよ。ただ、それだけだ。とにかく! ジュニアタッグのベルトは俺と、BUSHIさんで決まりだ!(エアBUSHIをエア抱っこするかたちで退場)ウヘヘヘ。ウヘヘヘへ!」
 

 
田口「いやあ、ワト、いいですよ。グランドマスター目指してんだから、回り道、遠回り(してるように見えるけど)、ムダなことは何一つない、彼にとって。グランドマスター……すべてをマスターして、グランドマスター目指してるわけで、回り道、遠回り、なにもない。一歩一歩がグランドマスターの道だからね。彼は最短距離(目指してるんだろうけど)、(ここ最近の足踏み)それは最短距離じゃないかもしれないけど、マスター・ワト、ワトの道があるわけだから。気にせず一歩一歩、ステップアップしていけば。1勝1敗で、1勝1敗ですけど、(リーグ戦)最終戦、(勝利して)いけば勝ち上がりますから。天山さんもいらっしゃるし、天山さんと作戦をしっかり練って。(勝負は)ワトにかかってると思います。ワトが爆発すれば、そこに僕はついていきます」
 

 
天山「いやあ、激しかったよね、ほんとに、試合。最後の最後まで、どうなるかわからんかったね、ほんと。悔しいけど。昨日と今日と連勝してね……。田口監督(と)、いいコンビネーション持ってたんやけど、やられたね最後は。ワトも頑張ってガンガン行ったけど。このトーナメント(リーグ戦)、これで終わりやないからね。次の(リーグ戦の相手である)石森太二、外道、あいつらを潰せば、なんとかまだまだ。ワトが日に日にいいからね、調子が。このままいって、ガンガン監督としっかりといけばね、チャンピオン目に見えてるから。俺も後ろからバックアップして。次こそは勝利して。チャンピオンならしてやりたいなあ……」
※ワトはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ