濵かつ Presents レスリングどんたく 2018

日時
2018年5月4日(金)   15:30開場 17:00開始
会場
福岡・福岡国際センター
放送
バナーバナー
観衆
6,307人(札止め)

第9試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • <第65代チャンピオン>

  • <チャレンジャー>

※オカダがIWGPヘビー歴代最高となる12度目の防衛に成功。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 第65代IWGP王者のオカダが、防衛最多新記録V12を懸けて臨むタイトルマッチ。対戦相手の棚橋は、2011年1月4日に同王座を戴冠(第56代王者)し、2012年1月4日に前人未到のV11を達成。しかし、次の防衛戦(2012年2月12日)でオカダに敗れ、王座から転落している。

 試合開始早々、棚橋がロープ際で不意打ちに出る。だが、オカダが身をかわして体勢を入れ替え、ゆっくりとクリーンブレイク。
 その後、棚橋がヘッドロックで長時間に渡って絞るが、オカダが切り返してショルダータックル。そこからオカダはいきなりレインメーカーを仕掛けるが、棚橋がかわしてドラゴンスープレックスの体勢に入る。だが、オカダが脱出した。
 その後、棚橋がフロントキックをキャッチし、オカダの左脚に背後から低空タックルを浴びせる。するとオカダはツームストンパイルドライバーに行くが、棚橋が回避し、左脚に低空ドロップキックをお見舞い。
 しかしオカダは、棚橋をコーナー最上段に座らせ、ショートレンジドロップキックを食らわせる。それでも棚橋はトップロープを掴んで場外への落下を免れるが、オカダが捕獲して両脚をトップロープへ乗せ、DDTを敢行。
 場外戦になり、オカダが鉄柵攻撃、串刺しフロントハイキック。そして、今度は棚橋の両脚を鉄柵へかけ、DDTを食らわせる。
 これで棚橋は動きが止まってしまい、オカダがフライングメイヤー、低空ランニングフロントキック。そして、棚橋を踏みつけてレインメーカーポーズを決めると、大きなブーイングが起きる。
 その後もオカダは棚橋の首に集中攻撃を仕掛け、変型チンロックなどでダメージを蓄積させる。そして、スイングネックブリーカーの体勢に入るも、棚橋が切り返して反対にオカダを叩きつける。
 これでようやくペースを握った棚橋は、エルボー連打、カウンターフライングフォーアーム、串刺しドロップキック、膝への低空ドロップキックでオカダに追撃。だが、次に狙ったスリングブレイドをオカダが回避し、カウンターバックエルボー、串刺しバックエルボー、トーキック、DDTで巻き返す。
 次にオカダがコーナー最上段へのぼると、棚橋が立ち上がって身を守る。しかし、オカダがリバースネックブリーカーを食らわせ、今度こそダイビングエルボードロップを命中させる。
 その直後、オカダはレインメーカーポーズを披露するが、棚橋が立ち上がる。そして、至近距離でトーキックを放つと、オカダが蹴り脚をキャッチ。そこから自分がトーキックを繰り出すが、今度は棚橋が受け止めてドラゴンスクリューを敢行。
 これでオカダが場外へ落ちると、棚橋はニュートラルコーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローをお見舞い。そして、場外マット上でスリングブレイドに行くが、オカダが受け止め、ツームストンパイルドライバーで逆転。
 リングへ戻った2人はエルボー合戦を繰り広げ、競り勝った棚橋がオカダの後頭部へストンピング連打を浴びせる。そして、オカダのドロップキックを回避すると、フラップジャックをネックスクリューで切り返し、スリングブレイドでなぎ倒す。
 その直後、棚橋はニュートラルコーナー最上段からハイフライフローを繰り出すが、オカダが回避して自爆へ追い込む。そして、背後からショートレンジドロップキックを食らわせると、正面から(正調)ドロップキックで吹き飛ばす。
 続いてオカダはレインメーカーを狙うが、棚橋が回避してその場飛びスリングブレイド。するとオカダはツームストンパイルドライバーの体勢に入るが、棚橋が辛うじて脱出。
 その直後、オカダは低空ドロップキックで棚橋をなぎ倒す。しかし、棚橋がツームストンパイルドライバーで逆転し、うつ伏せ状態のオカダをハイフライフローで押し潰す。そして、オカダを仰向けにして再びハイフライフローを敢行するも、オカダが両膝でブロック。
 次にオカダがレインメーカーを仕掛けると、棚橋が回避してスリングブレイドに行く。だが、今度はオカダが身を守り、ジャーマンスープレックスホールド。
 それでも棚橋はスリングブレイドを狙うが、またもやオカダが回避してレインメーカーを仕掛ける。だが、棚橋が切り返し、ドラゴンスープレックスホイップで報復。
 続いて棚橋はロープへ走るが、オカダがカウンタードロップキックで迎撃。そして、自分がロープへ走るも、棚橋がスリングブレイドで叩きつける。
 ここで棚橋はコーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローを敢行するが、オカダが下からのドロップキックで撃墜。そして、棚橋を起こしてレインメーカーに行くが、棚橋が回避して反対にレインメーカーを炸裂させる。
 そこから棚橋は張り手を連発して行くが、オカダが隙を見てレインメーカーを狙う。これを棚橋が回避してまたもや張り手を浴びせるが、オカダはなおも腕を掴んで離さない。だが、棚橋がさらに張り手を食らわせ、ようやくオカダの手を振り解く。
 その直後、棚橋はロープへ走ろうとするが、オカダが背後からタイツを掴んで引き戻す。そして、そのままレインメーカーを炸裂させ、一気に3カウントを奪った。

COMMENT

※ジェイ、矢野、YOSHI-HASHI、ロッキー、SHO、YOHが拍手でオカダを迎え、オカダは全員と拳を合わす。
ロメロ「IWGPヘビー級王座、防衛12回、おめでとう。オツカレサマデシタ!カンパーイ!」
全員「(※缶ビールを手に取り)かんぱーい!(※ロメロの音頭で『チャンプ』コールが行われ、メンバーはコメントブースを後にした)」

――オカダ選手、防衛おめでとうございます。
オカダ「ありがとうございます」
――“V12”という新記録、いまどのように感じていますか?
オカダ「正直、自分では『興味ない』と言いつつ、これが達成できた時に『何かあるんじゃないかな』と思ってましたけど、何もなかった。ただの防衛戦の一つだった。でもね、棚橋弘至、ナメてましたけど、強かった。あの棚橋弘至に勝てて良かったと思います」

――今回の棚橋選手との対戦は、これまでのIWGPのタイトルマッチと違う部分はありましたか?
オカダ「違ったね。やっぱり、最後の方になってからは、もうベルトへの想いだったんじゃないかなと思います。あんなにしぶといとは思ってなかったっていうのはありますね。キツかった。ホントにキツかった」

――そして、オカダ選手から次期挑戦者にケニー・オメガ選手を指名し、時間無制限3本勝負という提案がありましたが。
オカダ「去年、ケニーと東京ドームでやって勝って。大阪城ホールでベルト懸けて60分引き分け。ま、『G1』でやりましたけど、ケニーが勝って1勝1敗1分けですか。別に俺の中では、そのて1勝1敗1分けというよりも、あの大阪城ホールで続きで、しっかりあの時みてくれていたお客さんにね、エンディングというのを見せたかった。だから、ボクの中では時間無制限1本勝負でいいんじゃないと思いました。まさかね、そのあとケニーが“3本勝負”、そんなことを言ってくるとは思わなかったですから。俺が“時間無制限1本勝負”、ケニーがそれをのんでくれるんであれば、俺は3本勝負のんであげようと思います。そういう3本勝負っていうのは過去にあったんですかね、IWGPの歴史の中で? ま、あろうがなかろうが、素晴らしい試合を見せて。せっかく“V12”新しいチャンピオンっていうのを、これからみせていかなきゃいけないんでね。しっかりこの新しい、誰もが認めざるを得ない最強のチャンピオン、まずは大阪城ホールでみせてやりたいと思います」

――いま、棚橋選手にあえてかける言葉があるとすれば。
オカダ「強かった。強かったし、『あそこまでボロボロの人間でもここまでやれるんだ』っていうのは、レスラーのボクとしてもすごいと思うし、お客さんの中でもパワーをもらえた人はいると思うんでね、ホント勉強になりました。ありがとうございました。そして、お疲れ様でしたっていう感じですね」

――2年前の大阪城ホールでIWGPヘビーのベルトを獲って、2年間チャンピオンでいるということに関しては、何か感じるものがありますか?
オカダ「別にそんなに感じることはないですね。俺じゃなきゃダメでしょ。俺がチャンピオンだから、新日本プロレスはここまでできてるし、どんたくだって2連戦できてるし、海外にだって行けてるし、それは俺がチャンピオンとしてやってきてるからなんで。やっぱり、常に俺がベルトを巻いて中心じゃないと、新日本プロレスどんどんどんどん上にいけないと思うんで、素晴らしいチャンピオンをみせていきたいなと思います」

棚橋「(※ヤングライオン肩を借りコメントブースに現れると、床に倒れ込み)……ハァハァ……またしても……派手に負けちまったけど、俺は諦めてないから……(※涙を流し、声を震わせながら)もっと強くなるから……過去の自分を絶対に越えてやるから!(※なんとか立ちか上がり、フラフラになりながらコメントブースを後にした)」

ケニー「(※日本語で)まぁ、正直いうと次の挑戦者になるなんて、ちょっとビックリしたんですよ。だって、しばらくベルト挑戦してないし、最近はさ、飯伏さんと組んでるから、どうしようもない。オカダ、自分で決めたから。そして、お前の言った通り、去年の大阪城ホールの『DOMINION』は60分ドローでした。それは直さないとね。自分でもそれを直したいです。どっちの方が強いか。どっちの方がスタミナがあるか。どっちが本当のチャンピオンか。それは『DOMINION』で決めたいです。(※英語で)ファンに向けて、ここまで導いてくれて、まずは『ありがとう』と伝えたい。旅を終わらせることはない。次はおそらく、これまで経験したことがないほど難しい試合になるだろうけど、すべての対戦のなかでも、今回のオーサカジョーホールでは最高のものをオカダにぶつけていく。お前が文句のつけようがないぐらい、最高の俺をね。じゃあ、また会おう。グッバイ&グッナイト。Bang!」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ