新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

INVASION ATTACK 2014

2014/04/06(日)16:00東京・両国国技館 | 観衆  8,500人(満員)

第5試合30分1本勝負

スペシャルシングルマッチ

[12分03秒]
どどん・ジ・エンド→片エビ固め

  • × プリンス・デヴィット

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 かつてのパートナーでありながら激しく対立している田口とデヴィットが、シングルマッチで激突。
 デヴィットは不気味な全身ペイントで登場。そのセコンドに、マットとニックのヤングバックスがついた。
 
 序盤、田口がショルダータックル、アームホイップで先制。そこからロープへ走るも、ヤングバックスが場外から足を引っ張る。ところが、デヴィットはヤングバックスを注意。
 その後、デヴィットがスワンダイブ攻撃に行くが、田口がドロップキックで場外へ落とし、三角飛びプランチャでヤングバックスごと押し潰した。
 リングへ戻り、田口が前落とし、低空ドロップキックで追撃。しかし、串刺し攻撃をかわしたデヴィットが、逆水平チョップ、トップロープ越しのフットスタンプで逆襲。さらに、腹部へストンピングを連射で浴びせる。
 ここでニックが田口に手を出すと、デヴィットが再び注意。そして、カウンタードロップキック、変型コブラツイスト、回転十字固め、逆水平チョップなどで田口に追い討ちをかける。
 苦しくなった田口は、串刺し攻撃を回避して突破口を作り、ドロップキックでデヴィットを場外へ落とす。そして、かつてデヴィットが行なっていた決めポーズからロープへ走るが、ヤングバックスが足を引っ張って妨害。
 それを見たデヴィットが激怒し、ついにヤングバックスと仲間割れ。たちまち場内が「レッツゴー・デヴィット」コールに包まれると、デヴィットがヤングバックスにノータッチトペコンヒーロをお見舞い。そして、2人を鉄柵の外に投げ捨てた。
 リングへ戻ったデヴィットは、BULLET CLUB結成から使用していた黒い腕のカバーを捨て去り、田口とエルボー合戦を展開。そして、前方回転エビ固めを繰り出すものの、田口が抜け出し、顔面に低空ドロップキックをお見舞い。
 田口の攻勢は続き、スリーアミーゴを敢行。しかし、デヴィットが3回目のブレーンバスターを着地し、オーバーヘッドキックで逆襲。
 その後、田口がコーナー最上段へのぼるも、デヴィットがハイキックで転落させ、後頭部へダイビングフットスタンプを投下。そこからブラディサンデーに行くが、田口が脱出し、ラ・マヒストラル。しかしデヴィットは、逆水平チョップ、串刺しドロップキックで逆襲。
 ここでデヴィットはダイビングフットスタンプを繰り出すが、田口がかわしてスワンダイブミサイルキック。さらに、どどんの体勢に入るも、デヴィットが阻止。
 それでも田口はどどんを狙うが、デヴィットが抵抗したため、ジャーマンスープレックスホイップ、タイガースープレックスホールドで追撃。
 さらに田口はどどんを仕掛けるが、デヴィットが切り返してリバースブラディサンデーの体勢に入る。これを田口が回避すると、デヴィットがダイビングフットスタンプからブラディサンデーを敢行。しかし、田口はフォールを返す。
 そして田口はまたもやどどんを狙うが、デヴィットが前方回転エビ固めに切り返す。しかし田口は、延髄斬り2連発で巻き返し、今度こそどどん。そこからフォールに行くも、デヴィットがキックアウト。
 すると田口は、ミラノ作・どどんスズスロウンで追い討ちをかけ、最後はファイヤーマンズキャリーの体勢からどどんをさく裂させるどどん・the・endで勝利を収めた。
 
 試合後、田口がデヴィットへ馬乗りになり、自分の頭へピストルサイン。その後、睨み合った両者だったが、デヴィットが握手を求め、田口もそれに応じた。すると場内が、「レッツゴー・デヴィット」コールに包まれた。

コメント
――田口さん、最後の握手は?
田口「いや! 個人のコメントではね、(デヴィット)負けたら去れ、自分が負けたら引退だ、というコメントを出しましたけど、オフィシャルのアナウンスではないんでね。負けたら、どうこうというのはね、オフィス的にはないにせよ。今日のデヴィットの試合の態度を見たらね、試合前のコメントは裏腹に、ボクの要求を飲んだというかね。暗黙の了解で、1対1、男と男の勝負をやろうじゃないかと。そのうえで『負けました』という意思の表れであると思うんで、あの握手はね。ま、闘った2人しかわからない。Apollo55、4年3か月やってましたからね。こっちが何を言いたいのか、あっちが何を言いたいのか、それはリングで肌を合わせればわかりました。『負けたよ』という握手だと思います」
――最後は、新しい技(どどん・ジ・エンド)を出しました。
田口「8か月休んで、新しい技の一つもなかったらね、何をやっていたんだと。かたやApollo55を解散して、BULLET CLUBを作ってラクをして過ごした1年と、ケガをして休んでましたけど、そのあいだにプロレスのことを考えた1年と。その差が今日の試合に出たと思います。向こうは新しいモノは何もなかった。こっちは一つ増えていた。あと1年、ほかの人間を使って、ラクをして試合してた。そのツケが回ってきたと思います。……ま、ボクは復帰してから、デヴィットを倒さなきゃ、次に進めない、と言ってきたんでね。デヴィットをクリアしたんで、次の目標はシングルのベルト。挑戦をね、表明したい。次の照準は、飯伏の持っているベルトに。2007年に(ジュニアシングルの)ベルトを獲られてから、何度挑戦しても手が届かなかった。苦悩を突き抜けてね、ファンキーに至りたいと思います。デヴィットとは終わり! 次は飯伏!!」
 
※デヴィットはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.