新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to DESTRUCTION

2013/09/10(火)18:30富山・富山テクノホール | 観衆  1,200人

第1試合20分1本勝負

[08分24秒]
OUTATIME→片エビ固め

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 タイガーとKUSHIDAが互角の勝負を繰り広げ、素早いロープワークから両者のドロップキックが交錯。
 渡辺対シェリーの場面。渡辺がショルダータックルとアームホイップで先制するも、KUSHIDAがシェリーに加勢。これで渡辺は失速してしまい、シェリーのスリーパーホールド、BUSHIのドロップキックなどで攻め込まれる。
 すると渡辺は、カウンターサイドバスターでBUSHIに逆襲し、タイガーとタッチ。そのタイガーは、タイガードライバーでBUSHIを叩きつけ、回転十字固めで3カウントを迫る。しかしBUSHIは、トップロープを支点にしたバク転キック、ミサイルキックで逆襲した。
 タイガー対KUSHIDAの場面。KUSHIDAがスワンダイブチョップからハンドスプリングエルボーに行く。しかし、タイガーが背中へドロップキックを浴びせて阻止。
 小松対KUSHIDAの場面。小松が串刺し攻撃を回避し、ドロップキックをお見舞い。さらに、乱入したシェリーを、ドロップキックとダブルスレッジハンマーで蹴散らす。
 小松の攻勢は続き、KUSHIDAへ串刺しバックエルボー、ダブルスレッジハンマー。すると、BUSHIがドロップキックと空中技でタイガーを分断。
 一方、リング上ではシェリーが乱入し、KUSHIDAとの連携攻撃で小松を圧倒。そして最後は、新合体技OUTATIMEで勝負を決めた。

コメント
KUSHIDA「いいか、OUTATIME(アウトアタイム)、新しい俺たちの、“瞬間時空移動装置”だ。2人でカナダのカンナム道場で、できたからこそ、俺は昔、アレックス・シェリーに憧れてたんだ。そして、今年の夏、またそこで、タッグパートナーとしてそこに戻ってこれた。だからこそ、このOUTATIME、大切に使っていきます」
シェリー「コマツはプロレスラーとして1年の経験だ。ワタナベは将来のスーパースターだ。タイガーマスクはレジェンド。でも俺たちは、世界一のタッグチームだ。タイムスプリッターズは、今日、新しい技を披露した。(フォーエバー)フーリガンズだろうと、鈴木軍だろうと、誰が相手でも、俺たちのプロレステクニックでIWGP Jr.タッグのタイトルを手に入れる。あれは俺たちのベルトだ。俺たちの時間を取り戻す。チクタクチクタク」
※BUSHIはノーコメント
 
タイガー「ひとつ言いたいことがある。KUSHIDA、シェリー、TAKA、タイチ、アイツらが勝手に、Jr.タッグの次期挑戦者決定戦? 会社はこれ認めてんのか? ふざけるな! 俺らはノアのベルトを持ってる。俺らがいまチャンピオンだぞ! 俺らがいつ挑戦できるんだよ?! TAKA、タイチ、シェリー、KUSHIDA、何回負けてるんだよ?! 何回負けてんだ! そんなのに会社はチャンスやってんのか? どうなってんだ、ここは!!」
渡辺「あ〜、クソ! あの3人に、今日は翻弄されたけど、俺はこのままじゃ止まらねぇ! 俺の勢いは止まらねぇ。俺はヘビー級の連中に噛み付いてるんだよ! 負けねぇぞ! 負けねぇ! 俺は、ヤングライオンの魂も持ってる! 負けねぇぞ! あ〜 、クソ!」
小松「クソ!、あ〜、情けねぇ。スゴイ強い! なんだよ、あの技? 食らったことねぇ。スゲー強烈だよ! やっぱチャンピオンたちってのは、あんなスゲー技持ってんのかよ。 あ〜クソ! まだまだ!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.