新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

2013/07/14(日)18:00北海道・札幌テイセンホール | 観衆  1,650人(超満員札止め)

第7試合時間無制限

3軍対抗スペシャルイリミネーションマッチ II 〜新日本プロレス本隊vsBULLET CLUB〜

[22分00秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※2人残りでデヴィット組の勝利。

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

【退場順】
(1)×中西(10分50秒 ガンスタン→片エビ固め)アンダーソン×
(2)○ライガー(12分19秒 オーパー・ザ・トップロープ)テリブレ×
(3)×ライガー(13分10秒 オーバー・ザ・トップロープ)トンガ○
(4)○真壁(15分00秒 キングコングニードロップ→体固め)トンガ×
(5)×真壁(16分22秒 オーバー・ザ・トップロープ)ファレ○
(6)△棚橋(19分39秒 両者オーバー・ザ・トップロープ)アンダーソン△

 新日本プロレス本隊&CMLL、CHAOS、BULLET CLUBによる3軍対抗イリミネーションマッチの第2ラウンド。
 
 棚橋対デヴィットで試合が始まり、場内が大「棚橋」コールに包まれる。ところが、控えのアンダーソンが試合介入し、棚橋の動きがストップ。たちまち激しいブーイングが飛ぶ。すると棚橋は、カウンターバックエルボー&フライングボディアタックの連続攻撃でデヴィットに逆襲した。
 ライガー対デヴィットとなり、ライガーがデヴィット、テリブレ、トンガにスライディングキックをお見舞い。すると、ファレがライガーを羽交い絞めにし、アンダーソンがスライディングキックを発射。しかし、ライガーがかわしてファレに誤爆させ、アンダーソンにもスライディングキックを食らわせた。
 真壁対アンダーソンの場面。真壁がアンダーソンとトンガを両腕ラリアットで吹き飛ばし、中西とタッチ。その中西は、テリブレをショルダータックルでダウンさせ、地獄突き、クロスチョップに繋いだ。
 キャプテン対トンガの場面。キャプテンがフライング両腕ラリアットをかわされ、デヴィット組の集中攻撃を浴びる。さらに、ファレがボディスラム、デヴィットがトップロープ越しのフットスタンプで追い討ち。
 その後もキャプテンは捕まり続け、BULLET CLUBのラフ殺法で痛めつけられる。しかし、フライングボディアタックでアンダーソンに逆襲し、ようやく中西とタッチ。
 その中西は、アンダーソンに逆水平チョップ連射、のど輪ラリアット、野人ダンスラリアットで追い討ち。そして、アルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げると、カットに入ったトンガに投げつける。ところが、アンダーソンが野人ハンマーをかわし、即座にガンスタンをさく裂させて3カウントを奪った。
 ライガー対テリブレの場面。テリブレが低空ドロップキック、張り手などで攻め込み、ライガーの串刺し攻撃を回避してエプロンへ飛び出す。ところが、直後にライガーが掌底を見舞い、オーバー・ザ・トップロープで失格させた。
 ライガー対トンガとなり、トンガが串刺しジャンピングボディアタック、頭部へのエルボー連打。すると、ライガーがカウンター掌底で巻き返し、続いてランニング掌底を放つも、トンガにかわされてエプロンへ飛び出してしまう。そこにトンガがドロップキックを食らわせ、ライガーを失格させた。
 真壁対トンガとなり、トンガがジャンピングエルボードロップを投下。しかし、真壁が右ラリアットを放ち、かわされた直後に左ラリアットを浴びせる。そして、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射、ノーザンライトスープレックスホールド、パワースラムで追撃すると、キングコングニードロップでトンガを仕留めた。
 これで3対3となり、真壁がファレにショルダータックル。さらに、ファレのラリアットをかわすと、反対にラリアットで蹴散らす。だが、ファレがカウンターバックフリップで逆襲し、グラネードを仕掛ける。これは真壁が回避したものの、ファレが力任せに場外へ放り捨て、失格に追い込んだ。
 棚橋対アンダーソンとなり、アンダーソンが噛みつき攻撃、ボディブロー、エルボースマッシュ。タッチを受けたデヴィットが、逸材ポーズからダブルスレッジハンマーを見舞い、強烈な逆水平チョップ、串刺し逆水平チョップで追い討ち。
 それでも棚橋は、替わったアンダーソンにエルボー&太陽ブロー&エルボースマッシュの3連打。さらに、フライングフォーアームからスリングブレイドを狙うが、アンダーソンが回避してガンスタンを狙う。だが、今度は棚橋がかわし、今度こそスリングブレイド。
 続いて棚橋はコーナー最上段にのぼるが、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックで場外に落とそうとする。しかし、棚橋が逆上がりで復活し、アンダーソンをエプロンへ追いやる。
 だが、アンダーソンが棚橋の首をトップロープへ打ち付け、トップロープ越しのブレーンバスターを敢行。それでも棚橋はエプロンへ踏みとどまるが、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックを浴びせ、2人は同時に場外へ転落。いずれも失格となった。
 これで棚橋組はキャプテンの1人残りとなり、デヴィットとファレが襲い掛かる。しかしキャプテンは、ファレの突進をかわしてコーナーに激突させ、デヴィットにジャンピングショルダータックル。さらに、デヴィットのブラディサンデーを回避してヒラボトムを見舞うと、ファレのグラネードも回避し、ヒラボトムで叩きつける。
 続いてキャプテンはダイビングヘッドバットを放つが、デヴィットにかわされて不発。すると、ファレがラリアットでキャプテンを倒し、デヴィットがコーナー最上段からダイビングフットスタンプをお見舞い。そして最後は、ブラディサンデーでとどめを刺した。

 試合後、両軍が壮絶な番外戦を繰り広げ、ゴングが激しく乱打された。

コメント

アンダーソン「誰もBULLET CLUBの邪魔はできない! 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、日本は全部俺たちのものだ!」
デヴィット「CHAOS、鈴木軍、棚橋、ライガー、オカダへ。“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットは、オマエたちと最初は友達だったが、大阪からはビジネスの関係だ。マシンガン、オマエの好きな飲み物はなんだ?」
アンダーソン「冷たいビール!」
デヴィット「ファレ、好きな飲み物はなんだ?」
ファレ「ウイスキー」
デヴィット「タマ、好きな飲み物はなんだ?」
ファレ「ホットラム」
デヴィット「テリブレサン、好きな飲み物はなんだ?」
テリブレ「テキーラ、カモネ!」
デヴィット「俺たちBULLET CLUBは、最もリアルだということを証明する」
 
真壁「コノヤロー! よく聞け! パレット絵の具とバカにしたけど、上等じゃねぇか?! オイ! テメーらと開戦だコノヤロー! こちとらマジで怒ったぞ! オイ! この俺様にケンカ売ったこと、後悔させてやる! テメーらただじゃ済ませねぇからな! 覚悟しとけ!」
ライガー「真壁がいま言った! 俺たちにケンカ売ったら覚悟しとけ! 当たり前だ! 本隊の俺たちに、アイツらケンカ売ったんだ! どうなるか、覚悟しとけよ! 俺たちタッグチームチャンピオン、いつでも、ヤツらのリターンマッチ受けるぜ! 俺たちは逃げも隠れもしねぇんだ! だから毎日、ベルト持ってリング上がってるんだ! アイツらなんにもコメントないだろうが?! 獲られて悔しくねぇのか? 所詮5人も集まって、やっと一人前だ! 俺たちにケンカ売ったこと、絶対後悔させてやる」 
棚橋「デヴィットの顔見て、(6月22日)大阪の試合の時の、惨めな気持ちが蘇ってきて。あの大阪の試合は、棚橋史上最も、惨めで情けなくて。そんな試合だったから、その気持ちの分を、懈さずに、(※胸を指して)ここで燃やし続けて、明日からも闘っていきます」
※中西、キャプテンはノーコメント

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.