新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.22

2013/06/22(土)17:00大阪・大阪府立体育会館(BODY MAKER コロシアム) | 観衆  7,240人(超満員札止め)

第5試合30分1本勝負

[12分36秒]
ペイダート→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 かつてIWGPインターコンチネンタル王座を懸けて対戦したこともある中邑とベンジャミンが、タッグマッチで再戦。
 
 中邑と鈴木が先発し、一進一退の攻防を展開。そこから中邑が石井にタッチするも、鈴木が対戦を拒否してベンジャミンとスイッチ。すると石井は、ベンジャミンに攻撃すると見せかけ、控えの鈴木をショルダータックルで場外に叩き出した。
 その後、鈴木が背後から石井を襲撃するが、石井がエルボーの乱れ撃ちで迎撃。ところが、ベンジャミンがアンクルホールドで捕まえ、鈴木がトップロープ越しの腕ひしぎ逆十字固めで追撃。場外戦で大ダメージを負った石井は、完全に失速してしまう。
 石井がリングへ戻ると、ベンジャミンがアバランシュホールドで追撃。さらに、鈴木が場外へ落とし、セコンドのタイチが松葉杖攻撃で試合介入する。
 それでも石井は張り手で逆襲するが、鈴木も張り手で報復。さらに、得意のフェイント式張り手を繰り出すものの、石井がかわしてヘッドバットをお見舞い。そして、パワースラムで逆転に成功。
 タッチを受けた中邑は、膝蹴り連射、バイブレーション式踏みつけ攻撃で鈴木に追い討ち。次の串刺しニーアタックはかわされたものの、カウンターキチンシンクで動きを止め、コーナー最上段に固定。ガラ空きのボディへランニングニーアタックを見舞う。しかし鈴木は、次のリバースパワースラムを回避し、スリーパーホールドで逆襲。
 中邑対ベンジャミンとなり、ベンジャミンがトラースキック、高速ジャーマンスープレックスホールド。しかし中邑は、ハンマースルーを切り返し、フェイント式ニールキックで逆襲。
 続いて中邑はコーナー最上段にのぼるが、ベンジャミンもコーナーへ飛び乗り、雪崩式フロントスープレックスで逆転。しかし中邑は、パイダートを回避し、リバースパワースラムで逆襲。
 ここで中邑はボマイェを発射するが、鈴木が乱入してスリーパーホールドで捕獲。そして、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に入るも、石井がラリアットでカット。
 それを見た中邑はロープへ走るが、場外からタイチが松葉杖攻撃で妨害。それでも中邑はフェイント式ニールキックを繰り出すが、ベンジャミンがかわし、ニールキックで逆襲。すぐさまペイダートを叩き込み、3カウントを奪った。
 
 試合後、激怒した石井が鈴木と番外戦を開始。そのままバックステージへ消えた。

コメント
※  バックステージでも激しくもみ合う鈴木と石井。
石井「こいよ、オラ!」
鈴木「テメーが来いよ!」
石井「なんだ、オラ!」
鈴木「痛くねーんだよ! コラ!」
※倒れ込んだ石井にイスを振り下ろす鈴木。
鈴木「ああ? ざけんなこの野郎〜! オイオイオイ、2軍のクセによおお!」
※再び揉み合う鈴木と石井、そのまま控室へ。
※ベンジャミンはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.