新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/06/09(日)18:30東京・後楽園ホール <優勝決定戦> | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第9試合時間無制限1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XX」決勝戦

[18分25秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※プリンス・デヴィットが「BEST OF THE SUPER Jr.XX」優勝

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 いよいよ迎えた『BEST OF THE SUPER Jr. XX』の決勝戦。
 デヴィットのセコンドにはアンダーソン、トンガ、ファレ、シェリーのセコンドには棚橋、キャプテン、KUSHIDAがついた。
 
 大「シェリー」コールで試合がスタート。そんな中、デヴィットがドロップキックを見舞う。それでもシェリーが反撃に出ると、アンダーソンがデヴィットの足を引っ張り、場外へエスケープさせる。それを見たシェリーはロープへ走るが、トンガに場外から足を引っ張られて転倒。怒ったシェリーは、エプロンからのジャンピングニーアタックをトンガに食らわせた。
 しかし、アンダーソンとファレがシェリーを暴行し、その隙にデヴィットがニュートラルコーナーのクッションを外す。そして、金具がむき出しになったコーナーへシェリーを叩きつけた。
 それでもシェリーは、デヴィットを場外へ追いやり、プランチャを繰り出す。ところが、ファレが受け止めて鉄柱へ叩きつけ、デヴィットが逆水平チョップ、ハンマーブローなどで追い討ち。
 しかしシェリーは、デヴィットの首をトップロープへ打ちつけて場外に追いやり、ロープへダッシュ。そして、デヴィットではなくアンダーソンにトペスイシーダを見舞う。すると、これを合図に両軍入り乱れての大乱闘が勃発し、見かねた海野レフェリーが「試合をストップするぞ!」とBULLET CLUBに警告。
 たちまち場内が大「帰れ」コールに包まれ、アンダーソンたちが退場。それを見て棚橋たちも退場し、ようやく正常な試合となる。
 そんな中、シェリーがローリングエルボー、ローリングソバット、トーキック、垂直落下式ブレーンバスターと畳みかけ、大「シェリー」コールを浴びる。だが、次のスライスブレッドをデヴィットが回避し、コーナーで逆さづりになったシェリーに串刺し低空ドロップキックをお見舞い。さらに、後頭部へダイビングフットスタンプを投下する。
 続いてデヴィットはブラディサンデーに行くが、シェリーが回避してスライスブレッドを狙う。しかし、デヴィットが切り返してシェリーを突き飛ばし、巻き込まれた海野レフェリーがコーナーの金具へ激突してしまう。
 ここでデヴィットはIWGP Jr.ベルトで殴ろうとするが、シェリーがかわしてローリングソバットをお見舞い。これでデヴィットがベルトを落とすと、その上でDDTを敢行した。
 さらにシェリーは、ラリアットをかわして延髄斬りを叩き込み、垂直落下式変型ファルコンアロー、ダイビングボディプレスで追撃。そして、今度こそスライスブレッドをさく裂させてフォールするが、カウントは2。
 するとシェリーは、デヴィットをコーナーの金具へぶつけ、後方回転エビ固め。だが、デヴィットが跳ね返してシェリーを金具へ激突させ、スクールボーイで丸め込む。そして、ドリームキャストからリバースブラディサンデーをさく裂させる。
 シェリーがフォールを返すと、デヴィットが、プリンスズスロウンで追撃。さらに、ダイビングフットスタンプからフォールするが、これもシェリーが跳ね返す。だが、最後は垂直落下式ブラディサンデーでシェリーが力尽き、デヴィットが2度目の『SUPER Jr.』優勝を決めた。

コメント
アンダーソン「ここに地球でナンバーワンのレスラーがいる! 世界にはNJPW、AJPW、ノア、TNA、WWE、その他あるが、新日本プロレスのバレットクラブ、IWGPジュニアチャンピオン“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットが一番素晴らしいレスラーだ」
デヴィット「俺のベストフレンドのマシンガンが言ったように、俺がベストなレスラーだ。IWGPジュニアのタイトルを持っている。そして今日、『BEST OF THE Super Jr.』の優勝も手にして、俺がベストだと証明できた。次はヘビー級のタイトルだ。ヘビー級のタイトルも総ナメにしてやる。今日の『BEST OF THE Super Jr.』に関しては、全勝した。全員を倒した。次の相手は決まっている。タナハシだ。棚橋を倒した後、すべての新日本プロレスのレスラーを倒して、ベルトを総ナメにする」
※4人はビールで乾杯する
アンダーソン「バレットクラブはリアル!! 地球一の素晴らしいレスラーに、なにか『Super Jr.』に関しての質問はないのか? ニシザワ!」
――賞金の使い道は?
デヴィット「俺達はみんなハードなトレーニングをしている。獲れて当然だ。六本木にくり出して、パーっと使ってやる」
アンダーソン「東京スポーツのヤツはどこだ?(東スポ岡本記者を見つけ、イスに座らせると、頭からビールをかける)」
東スポ岡本記者「アーッ!アーッ!」
デヴィット「誰がIWGPジュニアのチャンピオンだ?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「誰が『BEST OF THE Super Jr.』で優勝した?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「誰が“リアル・ロックンローラ”だ?」
東スポ岡本記者「デヴィット」
デヴィット「マシンガン、アレなんだっけ?」
アンダーソン「ラララライ!」
デヴィット「ラララライ! カモン!(岡本記者にビールを飲ませる)ラララライ! ラララライ!」
アンダーソン「紳士淑女の皆さん、新日本プロレスは俺達が乗っ取る! 新日本プロレスは俺達のものだ。バレットクラブはゼッコウチョー! バレットクラブ・イズ・リアル!!」
  
シェリー「ハア〜。アイム・ソーリー。すみません…。もう少しだった。もう少しで、『SUPER Jr.』のタイトルが獲れるところだった。ワタシは、ニュージャパンとニュージャパンのファンが大好きです。その皆さんに約束したことを守れなかった。ベストを尽くすことはできた。でも、勝つことが残念ながらできなかった。ただ、これで闘いが終わったわけじゃない。ボクには、IWGP Jr、シングル、そしてIWGP Jr.タッグというテーマがある。ボクはこの両方のチャンピオンになりたい。そして、まずはIWGP Jr.タッグをKUSHIDAとのTIME SPLITTERSで取り戻したい。その舞台がどこになるかわからない。大阪でもいいし、どこでもいいよ。必ず、あのベルトはボクたちが取り戻す!!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.