新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/06/09(日)18:30東京・後楽園ホール <優勝決定戦> | 観衆  2,015人(超満員札止め)

第4試合時間無制限1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XX」準決勝戦

[09分09秒]
リバースブラディサンデー→片エビ固め

※プリンス・デヴィットが決勝進出

  • Aブロック1位
  • ○ プリンス・デヴィット

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 BULLET CLUBメンバーを試合介入させつつ、Aブロックを全勝で通過したデヴィットが登場。DDTプロレスリングの実力者オメガと準決勝戦で対決。
 デヴィットのセコンドには、アンダーソン、トンガ、バッドラック・ファレの3人、オメガのセコンドにはDDTの伊橋剛太、遠藤哲哉の2人がついた。
 
 試合開始早々、BULLET CLUBメンバーが試合介入するも、オメガがデヴィットに強烈な逆水平チョップをお見舞い。しかしデヴィットは、カウンタードロップキックですぐに巻き返す。
 それでもオメガは、ラリアットをかわして低空ドロップキックを見舞い、コタローフェースクラッシャー、ノータッチトペコンヒーロで追撃。そして、テーブルを場外に設置するものの、背後からアンダーソンが急襲。さらにアンダーソンは、伊橋、遠藤にまで襲い掛かる。
 リングに戻ったデヴィットは、串刺し低空ドロップキック、逆片エビ固めでオメガに追撃。さらに、ロープを悪用してオメガの脚を徹底的に痛めつける。
 それでもオメガはコーナー最上段にのぼるが、デヴィットがハイキックで場外へ落とす。しかし、オメガが場外からドロップキックを見舞い、デヴィットはエプロンから転落。
 ここでオメガは、コーナー最上段からムーンサルトアタックを狙うが、トンガがミネラルウォーターを浴びせて妨害。さらにアンダーソンが、パワーボムでオメガをエプロンへ叩きつける。そして、アンダーソンがオメガをテーブルに寝かせ、デヴィットがコーナー最上段からダイビングフットスタンプを食らわせた。
 深手を負ったオメガは、カウント19で辛うじてリングへ帰還。だが、ドリームキャストをかわすと、高速ハーフネルソンスープレックスで逆襲。
 しかしデヴィットは、すぐさまカウンターラリアットで巻き返し、ダイビングフットスタンプで追撃。さらにブラディサンデーを狙うが、オメガが脱出して波動拳で逆転。
 場内が「ケニー」コールに包まれる中、オメガはクロイツラスを仕掛ける。しかし、デヴィットが回避してブラディサンデーを狙う。これをさらにオメガが回避し、ジャンピングニーアタックから再びクロイツラスに行く。
 ところが、デヴィットが背後へ着地し、リバースブラディサンデーの大技で勝負を決めた。

コメント
デヴィット「ケニー・オメガを倒した。あともう1人だ。『BEST OF THE Super Jr.』のトーナメントで、俺は敵なしだ。どの団体の選手も、どこの国の選手も、誰も俺の前では相手にならなかった。俺達がバレットクラブ、俺は“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットだ。2013年の『BEST OF THE Super Jr.』勝ち抜くのは俺だ」
アンダーソン「もう1勝だ!」

ケニー「(フラフラで階段を下ってくるケニー。コメントはすべて日本語で)……言葉があんまり出ないですネ。デヴィットさんとシングルは、凄く楽しみにしてたけど、今日は、正直、シングルマッチじゃなかったと思うよ。全然言い訳にならないけど、シングルじゃなかった。みなさん、ゴメンナサイ。シェリーさんが勝ってほしいです」
――決勝トーナメントに上がったことは?
ケニー「まぁ、『BEST OF THE SUPER Jr.』ということで、ホントにBEST。日本だけじゃなく、世界のジュニア戦士。だから、残っていた4人、この中で本当に勝ちたかったですよ。これから、どうなるだろう、わからないですけど、このトーナメントではがんばった。みんな許してください!」
――来年も出たいですか?
ケニー「正直、今年は、ウェイトのバランスが超難しかった! 最初の3つ全部、連続で負けてしまいました。ちょうどいいウェイトのバランスが見つからなくて、エネルギーが足らなくて、田口さんの試合のあとに、いいジュニアの体重を見つけた。だから、今日のエネルギーはちょうどよかった! でも、今日のアメリカンぽいプロレスは……。最近、あまり詳しくなかったから。セコンドのこと、反則のこと考えていなかった。今日は、デヴィットとのシングルだけ、考えていた。一人じゃなく、今日は1人vs4人です」
――デヴィットに言いたいことは?
ケニー「まずは、フ○ックユーですよ。それに、ボクはベストバウトみたいな試合もできた。だから、ホントは最高です。でも、ホントに……デヴィットに対しては言葉が出ないんですよ…。今日は、仕方がなかった。だから、次があれば、ワタシのいつものセコンドを連れてきて、ゴールデン☆ラヴァーズ。飯伏さんがいれば、今日のようなことは起きなかったと思う。……わかりにくくてスミマセン。ワタシ、ちょっと怒ってるんですね。でも、新日本のスタッフがまた呼んでくれたら、もっといいパフォーマンスやって、絶対勝つと思う。新日本さん、新日本のお客さん、DDTのお客さん、ホントにまたここで会いたいんですよ。ホントにできるだけ、早く…。それだけです」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.