新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/06/02(日)17:00兵庫・明石市立産業交流センター | 観衆  1,560人(超満員札止め)

第8試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XX」Aブロック公式戦

[07分07秒]
ブラディサンデー→体固め

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (6勝=12点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 5勝0敗で単独首位に立つデヴィットが、前日の京都大会でティタンに初黒星を喫したタイチと対戦。デヴィットのセコンドには、アンダーソン、トンガ、バッドラック・ファレ、タイチのセコンドにはTAKAがついた。
 
 試合開始直後、タイチがまともに闘おうとせず、ロープのあいだから身を乗り出す。ところが、ファレが場外からタイチを掴み、デヴィットがガラ空きの背中を叩いた。
 さらにデヴィットは、タイチの串刺し攻撃をかわし、逆水平チョップをお見舞い。たまらずタイチは場外へ逃げるが、アンダーソンとトンガが押し戻す。
 続いてデヴィットは、自らエプロンへ飛び出し、延髄斬りをお見舞い。そこからコーナー最上段にのぼるが、タイチはまたもや場外に逃げ出した。
 ここでタイチがマイクを掴み、「オイ! テメーらなんだよ!? 2対4とは卑怯じゃねぇか、オマエ! こっちのセコンドはよ、吉田(※TAKAの本名)なんだよ! こんなよえぇヤツがセコンドで、テメーらに勝てるかよ、コノヤロー! まあよ、そう思ってよ、今日はよ、ランス(・アーチャー)と(デイビーボーイ・)スミス(Jr.)、そして、鈴木軍のボス、鈴木みのるを呼んだ!!」とアピール。それをTAKAが通訳し、デヴィットたちが驚きの表情を見せる。
 ところが、これは真っ赤なウソで、タイチが背後からデヴィットを急襲。場外戦に持ち込んでIWGP Jr.ベルトでデヴィットを殴り、ブラディサンデーをブレーンバスターに切り返す。そのまま両者は番外戦を繰り広げ、カウント19で同時にリングへ戻った。
 ここからデヴィットが、逆水平チョップ、串刺しドロップキック、後頭部へのダイビングフットスタンプ。しかし、タイチが次のブラディサンデーを回避し、鋼鉄のニーブレスを装備した左膝でキチンシンクを浴びせる。
 続いてタイチは、ショートタイツ姿に変身し、邪外殺しを発射。これをデヴィットにかわされると、急所にキックを見舞い、タイチ式外道クラッチでフォールする。ところが、アンダーソンがレッドシューズ海野レフェリーを場外に引っ張り、カウントを妨害。
 その直後、トンガがリングに飛び込むも、タイチとTAKAがダブルトラースキックで蹴散らす。ところが、今度はファレが乱入し、両腕ラリアットでタイチとTAKAを吹き飛ばす。そして、グラネードをタイチに見舞うと、デヴィットがブラディサンデーでとどめを刺した。
 
 試合後、BULLET CLUBはさらにタイチとTAKAを痛めつけた。

コメント
デヴィット「今日はBULLET CLUBが、新日本プロレスだけでなくプロレス界でイチバンのグループだということを証明した。鈴木軍のTAKAみちのく、タイチ・イシカリ、KES、ミノル・スズキ。KESに対抗するのは、(※ファレの肩を叩きながら)ここにいる大きくて強いヤツと“バッドボーイ”タマ・トンガしかいない。みんな知ってる通り、『G1 CLIMAX』の決勝で、カール・アンダーソンはオカダといい勝負をして、ベルトにも挑戦してきた。アンダーソンはもっとリスペクトされるべきだ。そして俺は、“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィット。俺たちはBULLET CLUB」
アンダーソン「BULLET CLUB、ゼッコウチョー!」
トンガ「バンバン!」
 
※タイチはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.