新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/06/01(土)18:00京都・KBSホール | 観衆  1200人(超満員札止め)

第9試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XX」Bブロック公式戦

[09分39秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (5勝=10点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 BULLET CLUBメンバーの介入はあるにせよ、ここまで4勝0敗で負け知らずのデヴィットが登場。現IWGP Jr.タッグ王者のロメロと激突。
 デヴィットのセコンドには、今回もアンダーソン、トンガ、バッドラック・ファレがついた。
 
 そんな中で試合が始まり、ロメロがヘッドシザースホイップでデヴィットを場外に追いやる。しかし、トンガが試合介入し、ロメロの追撃を妨害。それでもロメロは、再びデヴィットを場外に落とす。そして、フェイントでトンガにエプロンからのジャンピングニーアタックを食らわせた。
 すると、デヴィットが一目散で逃げ出し、ロメロが走って追いかける。ところが、待ち構えていたファレが強烈なカウンターラリアットでロメロを吹き飛ばし、一気に形勢逆転。
 デヴィットは、ドロップキック、変型腕固めなどでロメロに追撃。そして、ロメロを場外へ追いやると、アンダーソンとファレが暴行する。再びリングへ戻り、デヴィットが串刺し逆水平チョップ、エプロンからの逆水平チョップで追撃。そこからトップロープを飛び越えようとするも、ロメロがドロップキックで場外に叩き出し、トペスイシーダを見舞った。
 場外戦となり、ロメロが本部席のテーブルを斜めに立てかけ、そこにデヴィットを叩きつける。そしてリングへ戻ると、カウンタージャンピングニーアタックをお見舞い。さらに、デヴィットをうつ伏せでトップロープ上へ固定し、スワンダイブミサイルキックを浴びせる。
 しかしデヴィットは、スライスブレッドを回避して突破口を開き、ハイキックでロメロを場外に落とす。そして、自ら場外に飛び降りてレッドシューズ海野レフェリーの注意を引きつけると、アンダーソンがパワーボムでロメロをエプロンへ叩きつけた。
 ロメロが辛うじてリングへ戻ると、デヴィットは後頭部にダイビングフットスタンプを投下。そして、串刺しドロップキックからブラディサンデーを狙うも、ロメロが回避してフェイント式ニールキックで逆転。
 ここでロメロは得意の連続串刺しラリアットを敢行し、飛びつき前方回転エビ固め。これをデヴィットに返されると、後方回転エビ固めを繰り出す。ところが、デヴィットがロメロを跳ね飛ばし、アンダーソンが場外からパイプイスを投げつける。これでロメロがダウンすると、デヴィットが腹部にダイビングフットスタンプを見舞い、ブラディサンデーで勝利を強奪した。

コメント
デヴィット「このまま勝利を重ねて記録を狙っていく。今日の試合で、俺たちBULLET CLUBは特に何もしていない。彼らBULLET CLUBのメンバーは、きちんとエプロンサイドにいて、クリーンにファイトをしていた。ロッキー・ロメロに対し、絶対に手を出していない。ロッキー・ロメロはこの“リアル・ロックンローラ”プリンス・デヴィットに負け、勝利を逃した。ここにいる“マシンガン”カール・アンダーソン、“バッドボーイ”タマ・トンガ、そして俺のパーソナルバウンサー、“ジ・アンダーボス”バッドラック・ファレと共に闘った」
アンダーソン「※(東京スポーツの岡本記者をイスに座らせ)ダレ、ベスト・オブ・レスラー!! ダレ!?? ダレ!?」
岡本記者「・・・・・・(※首をかしげるも、デヴィットに頬を張られる)」
アンダーソン「(※岡本記者の髪の毛を掴み)プリンス・デヴィットが世界でベストなレスラーだと言え!! プリンス・デヴィット・・・」
岡本記者「プリンス・デヴィット・・・・・・」
アンダーソン「イズ・ザ・ベストレスラー・イン・ザ・ワールド」
岡本記者「イズ・ザ・ベストレスラー・イン・ザ・ワールド」
アンダーソン「BULLET CLUBはトップだ!!」
ファレ「・・・・・・(※無言で岡本記者の頬を張る)」
 
ロメロ「ロッキー・ロメロとプリンス・デヴィットには長い歴史がある。今日の闘いは何だったんだ!? 俺1人に対して4人がかりだったじゃないか!? プリンス・デヴィットは俺に勝つのに、4人の男が必要なのか!? バッドラック・ファレ、バカ!! タマ・トンガ、バカ!! マシンガン、バカ!! プリンス・デヴィット!! マジ!! マジ!! マジ!! バカーー!! このトーナメント(リーグ戦)はまだ俺のものだと思っている。まだ俺にはチャンスがある。このトーナメントを絶対に勝って、プリンス・デヴィットにリベンジする!! そして、そのベルトを狙って行く!! フォーエバーー!! フォーエバーー!! (※岡本記者を捕まえ)トウキョウスポーツ! オマエは誰だか知っているか!? フー・イズ・フォーエバー!?」
岡本記者「ロッキー」
ロメロ「イエス!! フー・イズ『BEST OF THE SUPER Jr.』チャンピオン!?」
岡本記者「ロッキー」
ロメロ「イエス!! フー・イズ・フォーエバー・チャンピオン!?」
岡本記者「ロッキー」
ロメロ「フォーエバーー!! フォーエバーー!! フォーエバーー!!」
岡本記者「フォーエバー!」
ロメロ「フォーエバーー!!(と連呼しながら去る)」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.