新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/05/30(木)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,480人

第9試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XX」Aブロック公式戦

  • × リコシェ
  • (1勝2敗=2点)

[13分27秒]
雪崩式ブラディ・サンデー→片エビ固め

  • ○ プリンス・デヴィット
  • (4勝=8点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 BULLET CLUBの介入はあるにせよ、ここまで無傷の3連勝を収めているデヴィットが登場。DRAGON GATE屈指の実力者リコシェと初対決。
 
 序盤、リコシェがドロップキックでデヴィットを場外に落とし、トペフェイントを披露。さらに、連続バク転で場内を沸かせる。
 すると、BULLET CLUBメンバーのトンガとアンダーソンがエプロンへ上がり、その隙を突いてデヴィットが逆襲。これでリコシェが場外へ落ちると、ファレとアンダーソンが暴行を加える。
 デヴィットのペースとなり、串刺しドロップキック、チンロック、カウンタードロップキック、変型腕固め、逆水平チョップ連射などで畳み掛ける。
 苦しくなったリコシェは、延髄斬り、スワンダイブミサイルキックで逆襲。場外に転落したデヴィットにサスケスペシャルを見舞う。
 デヴィットが辛うじてリングへ戻ると、リコシェはスワンダイブアックスボンバー、飛びつき河津落とし、その場飛びシューティングスタープレスとラッシュ。そして、ロープのあいだで急停止するフェイントを見せるが、デヴィットがドロップキックで場外に叩き出す。
 ここでデヴィットは、なぜか自分から場外へエスケープ。その動きにレッドシューズ海野レフェリーが気を取られた隙を突き、アンダーソンがリコシェを捕獲。パワーボムでエプロンへ叩きつけた。
 リングへ戻り、デヴィットがフットスタンプ、串刺しドロップキックで追い討ち。すると、リコシェも串刺しドロップキックをお返しするが、デヴィットのオーバーヘッドキックでダウン。
 その後、串刺し攻撃を回避したデヴィットが、エプロンから延髄斬り。続いてコーナー最上段にのぼるが、リコシェが突き飛ばして動きを止め、トップロープから雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。そして、スワンダイブ式フェニックススプラッシュの大技をさく裂させる。
 すかさずリコシェはコーナー最上段にのぼるが、デヴィットが追いかけて雪崩式バックドロップで逆襲。そして、リバースブラディサンデーで突き刺すと、場内が大「リコシェ」コールに包まれる。
 ここでデヴィットはダイビングフットスタンプを繰り出すが、リコシェが回避して延髄斬り。すると、デヴィットがブラディサンデーを仕掛けるものの、リコシェがスピンキックで反撃。だが、デヴィットがすぐさまショートレンジラリアットをお見舞い。
 再び大「リコシェ」コールが起きる中、コーナー最上段にのぼったデヴィットにリコシェがキック。そして、自らもコーナー最上段にのぼるが、反対にデヴィットが雪崩式ブラディサンデーを敢行し、3カウントを奪った。

 試合後、デヴィットがリコシェを無理やり引き起こし、BULLET CLUBメンバーと一緒にいたぶると、場内が大ブーイングに包まれる。さらに、デヴィットがリコシェを足蹴にすると、「帰れ」コールが巻き起こった。
 しかし、お構いなしのデヴィットは、「DRAGON GATEのトップを倒した。DRAGON GATEのリコシェはリアルじゃない」などと、マイクアピールで自分の実力を誇示。さらに、アンダーソンが「プリンス・デヴィットは世界でベストなレスラーだ!! プリンス・デヴィット、イチバーン!! BULLET CLUB、イチバーーン!!」と、吼えまくった。

コメント
アンダーソン「紳士淑女のみなさん! どけどけ! バレットクラブのリーダー、IWGPジュニアチャンピオンのプリンス・デヴィットだ!」
デヴィット「2013年の『BEST OF THE Super Jr.』はバレッタ、タカハシ、アレックス・シェリー、今日のリコシェで4人倒した。これからライガー、ロメロ、イシカリタイチ、メキシカンのティタンだ。みんな倒す。このカメラの前にいる男達が、現実だとみんなに見せてやりたい」
アンダーソン「なにか質問はあるか? この世界一のレスラーに」
――No.1レスラーであれば、セコンドの力を借りなくても十分勝てるのでは?
※アンダーソンが東スポ岡本記者を捕まえ、ベンチに座らせる。
デヴィット「セコンドの力なんて、なにも借りていない。“リアル・ロックンローラ”のプリンス・デヴィットは自分の力で今日勝った。オマエら見ていただろ。まだ質問あるか? 東京スポーツの明日の一面はなんて書くんだ?」
東スポ岡本記者「???」
アンダーソン「もう1回。バレットクラブ・イズ?」
東スポ岡本記者「リアル!!」
アンダーソン「グッジョブ!」
デヴィット「グッジョブ! おめでとう」
※アンダーソンが岡本記者の腹を拳で殴り、岡本記者は床に倒れうずくまる。
 
リコシェ「ああ、今日は、プリンス・デヴィットに負けてしまったね……。でも、大丈夫だ。ここでくじけてはいられない。たしかに、プリンス・デヴィットは凄かった。セコンドの介入もあったりしたけど。僕は、彼よりも多く宙を舞ったかもしれない。その点では上回ったかもしれない。けど、デヴィットがあれほど強いとは……ちょっと過去に経験したことのないようなタイプだったね。でも、これでヤル気を失うことはないよ。僕の勝ちたい心、向上心が失われることはない。都合のいいことに、明日はオフだ。一日だけ休んでリセットして、また次の日から、自分なりのやり方で、この『SUPER Jr.』を闘っていくよ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.