新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BEST OF THE SUPER Jr. XX

2013/05/30(木)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,480人

第5試合30分1本勝負

[09分33秒]
チョークラリアットスラム→体固め

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 5月28日豊橋に続き、棚橋とキャプテンがタッグを結成。アンダーソン&ファレのBULLET CLUBと対決。
 
 試合前、セコンドのタマ・トンガが尾崎仁彦リングアナウンサーからマイクを奪い、ファレとアンダーソンをコール。
 
 その後、棚橋対アンダーソンで試合が始まり、ファレが場外から棚橋を引っ張る。すると棚橋は、カウンターバックエルボー&フライングボディアタックの連続攻撃をアンダーソンにお見舞い。だが、アンダーソンはマウントパンチ連射で巻き返した。
 キャプテン対ファレの場面。ショルダータックルを受け止めたファレが、両腕ラリアットでキャプテンと棚橋をまとめて吹き飛ばす。これで場外乱闘となり、トンガも試合介入。たっぷりいたぶられたキャプテンは、完全に動きが停止してしまう。
 リングへ戻り、ファレがボディスラム、ボディブロー&ハンマーブロー連射でキャプテンに追撃。しかしキャプテンは、ジャンピングショルダータックルでアンダーソンに逆襲し、ようやく棚橋とスイッチ。
 その棚橋は、エルボー&太陽ブロー、フライングフォーアーム、ボディスラム、ダイビングサンセットフリップ、低空ドロップキックでアンダーソンに追撃。ところが、フライングボディアタックをかわされて青コーナー最上段で身動きができなくなり、アンダーソンがボディを蹴り上げて逆転。
 それでも棚橋は、エルボー&太陽ブロー&エルボースマッシュからスリングブレイドを狙うが、アンダーソンが回避してガンスタンを仕掛ける。しかし、今度は棚橋が脱出し、今度こそスリングブレイドでなぎ倒す。
 すると、アンダーソンがスピニングスパインバスターで逆襲するも、棚橋が次のスピニングガンスタンを回避し、ドラゴンスクリューで報復した。
 キャプテン対ファレの場面。ファレの串刺しボディアタックの直後、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックをお見舞い。さらにファレが、フロントスープレックス、バックフリップで追い討ちをかける。
 それでもキャプテンはカリビアンデスグリップを狙うが、ファレに逃げられてしまう。そして、地獄突きが棚橋に誤爆してしまい、直後にアンダーソンがガンスタンで叩きつける。
 するとファレが、チョークラリアットで棚橋をKOし、キャプテンにもチョークラリアットを食らわせ、3カウントを奪った。
 
 試合後、トンガがキャプテンにジャンピングエルボードロップをお見舞い。そして、ファレがサムライTVの解説席に座っていた柴田惣一氏(東京スポーツ)を暴行した。

コメント
※ファレが東スポ岡本記者を捕まえる。
トンガ「東京スポーツのヤツら、そしてみんな、よく聞いておけ。新日本は俺達に破れた! 俺達バレットクラブ、“アンダーボス”バットラック・ファレ! “マシンガン”カール・アンダーソン! “バットボーイ”タマ・トンガ! “リアル・ロックンロール”プリンス・デヴィット! バレットクラブが現実だ!!」
※ファレが東スポ岡本記者の胸にチョップ。
※アンダーソン、ファレはノーコメント

棚橋「なんもねーよ! やり返すからな」
キャプテン「怪物だな……怪物だ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.