新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

レスリングどんたく 2013

2013/05/03(金)17:00福岡・福岡国際センター | 観衆  6,800人(超満員)

第9試合60分1本勝負

ダブルメインイベントII IWGPヘビー級選手権試合

[30分49秒]
レインメーカー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 オカダが特設ステージ上に姿を現すと、レインメーカードルの雨が降り注ぐ。
 そして、オカダと鈴木が激しく睨み合う中、外道がタイチを場外に蹴散らし、バックステージへ連行した。
 
 これで試合開始となり、オカダが余裕の表情でレインメーカーポーズ。これに怒った鈴木がフロントハイキックを繰り出すも、オカダがかわして反対にフロントハイキックをお見舞い。
 さらにオカダは、ランニング低空フロントキックを狙うが、回避した鈴木がゴッチ式パイルドライバーの体勢に入る。しかし、オカダの抵抗で未遂に終わった。
 その後、オカダがDDTで叩きつけると、鈴木がトップロープ越しの腕ひしぎ逆十字固めで逆襲。ここから場外戦となり、鈴木が鉄柵攻撃&串刺しフロントハイキック。さらに、リングサイドのテーブルに、オカダの頭を何度も叩きつける。
 リングへ戻ると、鈴木がオカダの両腕と片脚を取り、同時に絞り上げる。そして、ボディへの膝蹴り、腕固め、チキンウィングアームロック、チキンウィングフェースロックなどで攻め続け、試合の流れを完全にコントロール。
 しかしオカダは、フロントハイキックで巻き返し、クロス式ネックブリーカーで追い討ち。さらに、エルボースマッシュ連打、ランニング低空フロントキックに繋ぐと、鈴木を踏みつけてレインメーカーポーズ。
 ここからエルボー合戦となり、両者が叫び声をあげながら激しくやり合う。長時間に渡る打ち合いのあと、鈴木が張り手で不意打ち。そして、フライングメイヤー、ランニングローキック、腕ひしぎ逆十字固めで追い討ちをかける。
 だが、オカダがヘビーレインで巻き返し、コーナー最上段からダイビングエルボードロップを投下。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーを繰り出すも、鈴木がかわしてスリーパーホールド。
 さらに鈴木は、レッドインクを阻止すると、腕ひしぎ逆十字固めに切り返す。するとオカダは、痛めた腕を差し出して攻撃するように挑発。しかし、実際に攻撃を受けると動きが止まってしまい、鈴木が脇固めで追い討ちする。
 鈴木優位の展開は続き、オカダの背後へ回り込み、スリーパーホールド。そこからゴッチ式パイルドライバーを予告するも、オカダがリバースネックブリーカーに切り返す。
 さらにオカダは、ドロップキックで鈴木をなぎ倒し、レッドインクで捕獲。しかし、鈴木は辛うじてロープへ手を伸ばす。ここでオカダはツームストンパイルドライバーを仕掛けるが、鈴木が回避。そして、追走式ドロップキックで逆襲すると、またもやスリーパーホールドでグイグイと絞め上げる。
 これをオカダが脱出し、レインメーカーを狙うも、鈴木が腕へのフロントハイキックで妨害。そして、またもやスリーパーホールドを極め、グラウンドに移行してさらに絞る。苦しくなったオカダがフラフラと立ち上がると、鈴木が逆落としで叩きつけ、そのままスリーパーを続行。オカダがロープへ近づくと、ポジションを変えてさらに絞め上げる。
 ここで鈴木は自らスリーパーをほどいてフォールに行くが、オカダがカウント2で返す。しかしオカダは、足元がおぼつかず、エルボーをまともに打てない。すると鈴木が、ボクシングスタイルで左右の張り手を連打。そして、ゴッチ式パイルドライバーの体勢で持ち上げるが、オカダが両脚をバタつかせて回避。
 だが、鈴木が顔面に膝蹴りを見舞い、改めてゴッチ式パイルドライバーを仕掛ける。しかし、オカダが切り返し、ツームストンパイルドライバーで反撃。
 それでも鈴木は左右の張り手を連打するが、オカダがエルボースマッシュで逆襲。すると、鈴木が張り手をヒットさせるが、オカダがカウンターエルボースマッシュでお返し。さらに、後頭部へエルボースマッシュを浴びせると、棒立ちになった鈴木の後頭部へショートレンジドロップキックを食らわせる。
 続いてオカダはツームストンパイルドライバーを狙うが、鈴木がヘッドバット連射で抵抗。するとオカダは、なんとゴッチ式パイルドライバーで鈴木を突き刺す。そして、今度こそレインメーカーをさく裂させ、激闘を制した。

コメント
外道「今日は、何にカンパイしようか? 史上最強のインベーダー決定戦に勝ったからな、インベーダーにカンパイか?」
オカダ「インベーダーにカンパイ」
外道「史上最強のインベーダーが決定しました〜!」
オカダ「した〜!」
――ビールの味は、いかがですか?
オカダ「そうっすね。とくにありません」
――今日の試合、本当に絶体絶命まで追い込まれましたが?
オカダ「ま、そのへんはレベルが違いますから」
外道「並のレスラーなら、終わってるだろうな? ただよ、レェベルが違うからな?」
オカダ「どこでも、右手、右足、左足、左腕、腰……どこでも狙ってきてほしいすね」
外道「一本じゃ足りないんじゃねーか? 全部、攻めてきたらわかんなかったけどな」
――最後は、スペシャルな技を見せてくれました。
オカダ「ま、あれは鈴木さんに、ちょっとスペシャルにやろうとしたんで、もうやることはないでしょう」
――真壁刀義選手の挑戦表明については?
オカダ「ん〜……。まぁ、アメリカから帰ってきて、あんま試合した覚えもないですし。負けたこともないですし、先輩がああやって挑戦を表明してくれたんで、シッカリと後輩のボクが胸を貸してあげたいな、と思います」
――あらためて、王者としての決意は?
外道「……決意?」
オカダ「くだらなくないすか? この質問? その質問はくだらないと思います」
――失礼しました。
外道「歴史は変わったんだよ! 次は真壁? 笑わせるなコノヤロー! 博多弁でよ、コビ売ったところでよ、本物は倒せねーんだよ。おまえはよく言ってるな? 『本物のプロレスを見せる』ってよ。見せてもらおうじゃねーかコノヤロー! 本物の、レインメーカーが受けて立ってやるよ……」
 
――今の気持ちをお聞かせください。
真壁「どんな気持ち? 俺は前から言ってんだろ? べルトはテメーで獲りに行くってよ。1つ1つ勝ち星取っていきゃあ文句ねぇだろ。今日動いた時、また誰も出てこなかったろ? これがスマートな動きだよ、この俺様のよ」
――リング上で、オカダ選手を認める発言。あれが本音だとおっしゃいましたが?
真壁「本音だぜ。スゲーじゃねぇかよ。ただよ、この俺様の本物のプロレスじゃなきゃよ、世間には届かねぇんだよ! わかってんだろ? だからそれを言ったまでだ! だからよ、あのバカにもう1回わからせてやったんだよ。そうじゃなきゃ、始まんねぇだろ? それからよ、チャンピオンシップいつになるんだよ?」
――おそらく、6.22大阪ではないかと。
真壁「大阪か。オイ! 覚悟しとけよオマエら! レインメーカー? いいヒト気取ってんのもいい加減にしろよ! 反体勢うたっといてな、テメーがいいこちゃんになりてぇなら、ならしてやるぜ。だけどよ、コテンパンに、いいぜ?この俺様の本当の怖さを見せてやる」
――リング上で博多弁でなんて言ったか、もう1度教えてください。
真壁「きしゃん!! ボテクリこかすけん!! 『テメー、ボコボコにブッ殺してやる!』ってことだな? それをよ、スマートに言ってやっただけだ。テメーらによ、言ってやったんだよ。ワクワクしてきたぜ! ノッて来たぜ!」
――ベルトを巻いた思い出の地からの出発となりましたが?
真壁「当たりめぇだよ! これで文句ねぇだろ。燃えて来たぜ! だからよ、この俺様がよ、本物のプロレスを見せてやるよ! それだけだ! 覚悟しとけ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.