新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

レスリングどんたく 2013

2013/05/03(金)17:00福岡・福岡国際センター | 観衆  6,800人(超満員)

第7試合30分1本勝負

スペシャルシングルマッチ

[12分52秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 試合開始早々、アンダーソンがガンスタンを仕掛けるも、棚橋が回避。そして、スピニングスパインバスターからも逃れると、ドラゴンスクリューでアンダーソンをダウンさせた。
 ところが、アンダーソンがトップロープを悪用したネックブリーカーで逆転。エアギターで挑発したのち、スイングネックブリーカー、ボディスラム、「ゴメンナサーイ!」と叫んでのセントーン、カウンターゼロ戦キック、ボディブロー連打などで追い討ちをかける。
 苦しくなった棚橋は、フライングフォーアームで逆転に成功。そして、エルボー&太陽ブロー連射、膝への低空ドロップキック、膝裏へのタックルと畳み掛ける。
 さらに棚橋は、場外に落とされそうになっても逆上がりで復活し、反対にアンダーソンを場外へ追いやる。そして、コーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローをお見舞い。
 その後、棚橋がエプロン上でドラゴンスクリューを仕掛けるが、回避したアンダーソンがジャンピングフロントハイキックで逆襲。さらに、コーナー2段目からスピニングガンスタンを敢行する。
 続いてアンダーソンは、バーナードライバーを狙うが、棚橋が脱出してスリングブレイドに行く。これを回避したアンダーソンがガンスタンを仕掛けるも、再び脱出した棚橋が今度こそスリングブレイド。
 次に棚橋は、コーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローを浴びせるが、アンダーソンが裏返して反対にフォール。これをクリアした棚橋がスリングブレイドを繰り出すも、アンダーソンが回避し、今度こそバーナードライバーを成功させる。
 すると、棚橋が低空ドロップキックで巻き返すが、アンダーソンがフライングボディアタックをかわし、フロントハイキックで逆転。さらに、ガンスタンを狙うと、棚橋が逆さ押さえ込みに切り返す。これをアンダーソンが脱出し、連続でガウンスタンを仕掛ける。だが、すべて回避した棚橋が、ドラゴンスープレックスホイップ。
 続いて棚橋は、スリングブレイドでアンダーソンを倒し、最後はハイフライフローで勝負を決めた。
 
 試合後、デヴィットとファレが乱入し、デヴィットが背後から棚橋にダブルスレッジハンマー。そして、ファレがバックフリップで叩きつける。
 さらにデヴィットは、アンダーソンとセコンドのタマ・トンガに対し、共闘をアピール。すると、アンダーソンが棚橋をガンスタンでKOし、ゴングが激しく乱打される。
 そんなことはお構いなしの4人は、高く掲げた手を合わせて結束をアピール。場内が大ブーイングに包まれた。

コメント
棚橋「マシンガン!俺のブラザーだろ!!」
 
※ デヴィット、アンダーソン、ファレ、タマ・トンガが瓶ビールを開けて、結束の乾杯。
デヴィット「ヘイ!! プリンス・デヴィットは“リアル・ロックンロウラー”。そして、俺のバウンサー“ジ・アンダーボス”バッドラック・ファレ。さらに“マシンガン”カール・アンダーソン! そして、タマ・トンガよ、セイ・ハロー!」
※デヴィットとタマ・トンガが肩を組んで、
タマ「ハハハ! タマは、今日から、俺は“バッドボーイ”トンガさ!」
アンダーソン「シンニホンプロレスリングは、けして、けして、ジャパニーズだけのリングじゃないぜ! これからの俺をよ〜く見ておけよ!」
デヴィット「タナハシ、ナカムラ、ゴトー、ナガタ……ジュニアヘビーのヤツら、よく聞けよ。俺こそが、“リィィィィィィアル・ロックンロウラー”プリンス・デヴィットだ。俺は、IWGPジュニアベルトを保持してる、『BEST OF THE SUPER Jr.』にも優勝する、『G1 CLIMAX』も制覇する。そして……オカダの持ってるベルトも狙っていくぜ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.