新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW JAPAN CUP 2013

2013/03/11(月)18:30東京・後楽園ホール <開幕戦> | 観衆  1,950人(超満員)

第5試合30分1本勝負

スペシャル6人タッグマッチ

[12分09秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 IWGP Jr.タッグ王座をめぐって対立するKUSHIDA&シェリーとデヴィット&田口が6人タッグ戦で激突。そして、昨年の『WORLD TAG LEAGUE』でチームを組んだ棚橋とキャプテンが、敵味方に分かれて対決。
 
 シェリーとデヴィット、KUSHIDAと田口が互角の勝負を展開し、棚橋とキャプテンが対峙。両者がロープ際へもつれたとき、棚橋がブレイクを無視して太陽ブローを連射し、ブーイングを浴びた。
 するとキャプテンは、棚橋のショルダータックルを受け止め、ショルダータックル、ジャンピングショルダータックルで逆襲。
 棚橋対デヴィットの場面。デヴィットが田口との連携攻撃で棚橋を自軍コーナーへ連れ込み、クイックタッチを繰り返して追い討ちをかける。キャプテンも必死で交替を求めたものの、デヴィットと田口は1度もタッチをせず。さらにデヴィットが、棚橋の“逸材ポーズ”で挑発し、コブラツイストを極めたままエアギターをかき鳴らす。
 すると、棚橋はデヴィットの串刺し攻撃をかわしてコーナー最上段にのぼるが、デヴィットがジャンピングハイキックで迎撃。しかし棚橋は、フライングフォーアームで巻き返し、ようやくKUSHIDAとスイッチ。
 そのKUSHIDAは、倒立式ニールキックで控えのキャプテンと田口を場外へ蹴散らし、トップロープを支点にしたバク転キック、延髄斬り、スワンダイブチョップ、ハンドスプリングエルボー、その場とびムーンサルトプレスでデヴィットに追い討ち。そして、ブラディサンデーとリバースブラディサンデーを回避するが、デヴィットがオーバーヘッドキックで巻き返した。
 シェリー対田口の場面。シェリーがロープを利用したスタナーを見舞い、エプロンからロープ越しにジャンピングボディプレス。そして、スライスブレッドを狙うが、田口が回避して延髄斬りで逆襲。そこからどどんの体勢に入るも、シェリーが前方回転エビ固めに切り返す。
 さらに、シェリーとKUSHIDAが連携攻撃でデヴィットを蹴散らし、キャプテンのフライングボディアタックをかわして自爆させる。だが、田口がシェリーの踏み台攻撃をかわしてコーナーへ激突させ、シェリーにDDT、KUSHIDAにリバースDDTを同時発射。
 棚橋対キャプテンの場面。棚橋が串刺しバックエルボーをかわし、低空ドロップキック、ドラゴンスクリュー。そして、テキサスクローバーホールドを極めるも、デヴィットがドロップキックでカット。
 するとキャプテンは、ラリアットをかわしてヒラボトムで逆転。さらに、ダイビングヘッドバットを命中させてフォールするが、KUSHIDAとシェリーがカット。
 次にキャプテンは、キャプテンチャージでファンからエネルギーを吸収し、カリビアンデスグリップ。これを棚橋がかわしてスリングブレイドを繰り出すが、キャプテンが回避して地獄突きをお見舞い。それでも棚橋は張り手で反撃するが、キャプテンも負けずに2発目の地獄突きをヒットさせる。
 だが、棚橋がカウンタースリングブレイドでキャプテンを倒し、ハイフライフローで勝負を決めた。
 
 試合後、エキサイトしたデヴィットがキャプテンを場外に叩き出し、棚橋、KUSHIDA&シェリーに突っかけた。

 その後、棚橋が「今日もたくさんのお客さん、ありがとうございます! これからも、感謝して、感謝して! 丁寧に、丁寧に!毎日、全力でやっていきます!」とファンに挨拶した。

コメント
KUSHIDA「プロレスラーは、プロレスをすることだけが仕事じゃなくて、プロレスラーという仕事を通して、メッセージを贈ること。これが、俺が昔からあこがれていたプロレスラーになってみて、実感する言葉で。俺たち、TIME SPLITTERSというチームは、観に来てくれて、応援してくれれば、時間を忘れさせる。そんな闘いを俺は、シェリーと一緒にしていきたい。時間旅行を一緒にしたい。それが、3.11、2013年、KUSHIDAの誓いです」
シェリー「Apollo55はたしかにグレイトなチームだ。だが、TIME SPLITTERSこそが、いまを象徴するチームなんだよ。KUSHIDAは近い将来、IWGPジュニアのベルトを獲るだろう。そして、このジュニアタッグベルトは俺たちがキープし続ける。もちろん、この俺もジュニアのベルトを狙っていく。プリンス・デヴィット、覚悟しておけよ。とにかく、Apollo55よ、おまえたちの時代は終わりつつあるんだ」
KUSHIDA「最後に一つ、いま何時ですか? フフフ。もうすでにTIME SPLITTERS、いま俺たちの時間で動いているんですよ。この時間軸 にはヘビー級も、ジュニアも関係ない。まずは、チャレンジャー・Apollo55を倒します」
棚橋「ウン、『NEW JAPAN CUP』開幕ッ!! エントリーしてる選手の全力に負けないように、俺もチャンピオンとして振り切っていきます。しばらく高みの見物? ただ、どの選手が来てもやっかいな実力者揃いなんで、そのへんは油断してないですね。そして、今日と言う日はね……。あれから2年が経ちましたけど、いろんなことを学ばせてくれて。日本のみんなが、『どうやって生きていこうか』って、あらためて考える日だと思うし、その中で、プロレスがみんなの楽しみ、喜びになってほしいと思うし。だからこそ、感謝して感謝して、丁寧に丁寧に、全力でやっていこうと思いました。オス!」
 
デヴィット「田口大丈夫? また何度目だろう、またキャプテンが獲られた。俺はIWGPジュニアチャンピオンだ。俺が世界でベストなレスラーだ。Apollo55はベストなタッグチームだ。タイムスプリッターズは、俺達に負ける。心配しなくても大丈夫、タナハシも俺に負ける。IWGPヘビータッグのチャンピオンのK・E・Sも、なにもかも、ジュニアタッグも、タナハシも、『G1 CLIMAX』も、『NEW JAPAN CUP』も、相手を叩きのめして、全部手に入れたい。俺達はベルトが必要だ。だろ?(と田口に聞く)Apollo55はベルトが必要だ。それを探して手に入れる」
田口「気に入らないんだろうけど、同じ本隊なんでね、憎しみはないと思うけど、デヴィちゃんの方は。憎しみでなく、純粋に競い合い、リングの上では怒りをぶつけて、競い合って。僕はそういうことだと、解釈しています。そこに憎しみはないと思うんですけどね。僕の思い違いだったらちょっと、マズイことになるかもしれないけど、僕がうまくやります」
キャプテン「なぜだ? なぜデヴィット君は、人が変わったように、あんな悪いヤツになってしまったんだ? 彼は、わからないのか? 今日が大切な日だということが。棚橋君じゃないけど、私はデヴィット君にも、そっぽを向かれて、棚橋君しか、友達がいなくなったじゃないか!」 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.