新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW JAPAN CUP 2013

2013/03/11(月)18:30東京・後楽園ホール <開幕戦> | 観衆  1,950人(超満員)

第7試合無制限1本勝負

『NEW JAPAN CUP 2013』1回戦

[10分24秒]
ゴッチ式パイルドライバー→片エビ固め

※鈴木みのる選手が2回戦進出。

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 高校時代からの因縁を引きずる永田と鈴木が、『NJC』1回戦で激突。1月4日東京ドームのシングル対戦では、永田が勝利を収めている。鈴木のセコンドには、松葉杖姿のタイチがついた。
 
 永田が入場した直後、鈴木が襲い掛かって試合開始。すぐに激しいエルボー合戦となり、そこから永田がフロントハイキック。しかし、鈴木がトップロープ越しのアキレス腱固めで逆襲し、場外戦が勃発。
 鈴木が鉄柵を悪用して永田の腕を攻撃すると、タイチが松葉杖攻撃で試合介入。さらに鈴木のイス攻撃を浴びた永田は、完全に動きがストップしてしまう。
 リングへ戻り、鈴木がローキック連射、執拗なスリーパーホールドで追い討ちをかける。しかし、永田が鈴木を投げ捨て、ミドルキック連射、串刺しフロントハイキック。さらにエクスプロイダーを狙うが、鈴木がフロントネックロックに切り返す。
 続いて鈴木はランニングローキックを連射するが、永田が蹴り脚をキャッチして逆襲。そこから激しい張り手合戦が繰り広げられ、押し込んだ永田がフロントハイキック、タイナー、垂直落下式ブレーンバスター。そして、腕固めを極めるものの、鈴木が脱出に成功。
 それでも永田は、大☆中西ジャーマン(第1段階)で鈴木を叩きつけ、バックドロップの体勢に入る。しかし、鈴木が頭部にヘッドバットを見舞って脱出し、左右の張り手を乱れ打つ。
 さらに鈴木は、スリーパーホールドで永田を捕らえ、逆落としで投げ飛ばす。そして、その手を離さずにスリーパーホールドで絞め続けると、最後はゴッチ式パイルドライバーで完勝を収めた。
 
 この勝利により、鈴木は3月17日尼崎の2回戦で、矢野と対決することが決まった。

コメント
鈴木「オイオイオイオイ! だから言ったじゃねぇか! 俺の前にゴミ置くんじゃねぇよ! 弱くて、汚くて、誰かにすがらなきゃいけないヤツ、俺の前に出すんじゃねぇよ! オイ、なにが1回戦だ? あ、わかった! これは新日本の俺への愛情だろ。『これで調整してください。楽に2回戦いってください』って、オマエのプレゼントか? 有難く受け取っとくよ。俺の次の相手は誰だ?」
――矢野選手です。
鈴木「誰だ? 滑舌悪いぞオマエ! 矢野か? そんなんじゃオマエ、アナウンサーになれねぇぞ!(テレ朝吉野アナを指して)オマエ言ってみろ」
吉野アナ「矢野通選手です!」
鈴木「うるせぇよ!! オイ矢野、オマエ、俺と遊びてぇんだろ? 目を見りゃわかる。CHAOS対鈴木軍の中、入りてぇんだろ? 俺が相手してやるよ。その代わり、テメーは、CHAOSが差し出した、俺への生贄だ。オイ、オカダ! 上がって来い! オマエこそ、上がって来いよ! 俺の方が強いって、体でなくて、今度は心の中に刻んでやるよ! 俺のが強いぞコノヤロー!」
 
永田「あ〜、帰り際にあの男の高笑いの表情が見えて、スッゲー、癪にさわった。チクショー、一番負けたくないヤツに。抗争が終わったとしても! こうやってすぐまた出会うんだ。アイツがたとえ俺を見ていなくても、遭遇するんだ。なぜかわかるか? 俺はここのトップを目指しているからだ。この世界一過酷な新日本プロレスのリングで、トップを目指しているからだ。アイツだってそうだろ! みんな蹴落として、上がっていくんだよ、このリングは。一人しかトップには上れねーんだ。だから、アイツと遭遇するんだよ。アイツはトップ目指してんだろ。俺も死んでない。だから、出会うんだ、イヤでもな! 次は、俺がIWGPのベルトを巻いて、アイツの挑戦を堂々と受けて、軽くいなしてやるよ!」
――今回、第三世代の選手がみんな負けてしまったんですが。
永田「みんな負けたな! 準決勝、決勝で会おうって言ってたのに。それでもまだ死なない! 自分の口からギブアップが出たら、それで終わりだよ。ただ、俺たちの口からは、絶対に言わない。いま、この順風満帆な上り調子の新日本、と周囲は見えるかもしれない。ただ、俺たちは、奈落の底から這い上がって、ここまで来た。そういう自負があるから。こんな1回戦負けなんて、屁でもない! (控室へ向かう途中、立ち止まって)……この日本マット界、カネをもらったから上がるほど簡単じゃない。カネを撒いて、こうやってやろうと手を組んだところで、簡単にリング上ってのは、活性化しないんだよ。ドン底の新日本、どれだけ悔しい思いをして、ここまで立て直してきたと思ってるんだ? だから、胸張って言ってやるよ、カネじゃ動かねぇ! カネ撒いたからって、リングは活性化しないんだ。以上」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.