新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2013

2013/01/20(日)12:00東京・後楽園ホール | 観衆  1,950人(満員)

第2試合時間無制限

トルネオ・シベルネティコ6vs6

[19分41秒]
ラリアット→体固め

※石井が残り、青コーナー軍勝利。試合詳細にて各退場順記載。

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

○ライガー(7分32秒 空中胴締め落とし)外道●
●ライガー(7分49秒 回転エビ固め)ミステリオッソJr.○
○ティタン(8分49秒 片エビ固め)ミステリオッソJr.●
●ティタン(9分55秒 クロスフェースオブJADO)邪道○
○タイガー(10分47秒 飛びつき回転十字架固め)邪道●
●ディアマンテ(11分33秒 変形エビ固め)OKUMURA○
○ドラダ(12分27秒 片エビ固め)OKUMURA●
●ドラダ(13分55秒 ジャックナイフ式エビ固め)YOSHI-HASHI○
○タイガー(14分53秒 タイガースープレックスH)YOSHI-HASHI●
●タイガー(16分43秒 片エビ固め)石井○

 日本初となるCMLL式イリミネーションマッチ。6vs6の対戦ではあるが、コーナーに控える選手は1名のみで、あとは場外で待機。試合権利のある選手が場外に落ちると、その時点で選手交替となる。そして、権利のある選手がピンフォール、ギブアップ、反則、リングアウトで敗れると退場となり、サブレフェリーたちが控室へ強制連行するのが特徴。また、オーバー・ザ・トップ・ロープルールは採用されない。
 
 先発したのはBUSHIとミステリオッソ。ミステリオッソがドロップキックをかわし、ダブルチョップ、チョップ連射。しかし、BUSHIがコーナー最上段からのヘッドシザースホイップで場外に落とし、トペフェイントで場内を沸かせた。
 ライガー対OKUMURAの場面。ライガーがロープへ走ると、セコンドの下田美馬が脚を掴んで妨害。すかさずOKUMURAがランニングニーアタックを放つが、ライガーにかわされて下田に誤爆してしまう。怒ったライガーは、風車式バックブリーカーでOKUMURAを蹴散らし、下田にも風車式バックブリーカーを食らわせた。
 ドラダ対邪道の場面。ドラダが邪道と外道を場外に追いやり、外道にムーンサルトアタック。その直後、YOSHI-HASHIがドラダにトペスイシーダを食らわせると、ディアマンテがYOSHI-HASHIにノータッチトペコンヒーロをお見舞い。
 BUSHI対邪道の場面。BUSHIが前方回転エビ固めからウニベルサルを繰り出し、邪道の目を回してダウンさせる。そして、プランチャで追撃。
 ティタン対OKUMURAの場面。ティタンがOKUMURAを場外に落とし、トップロープからラ・ケブラーダ。その直後、ライガーがミステリオッソ、タイガーが石井にプランチャを見舞う。
 ライガー対外道の場面。ライガーが空中胴締め落としで3カウントを奪い、最初の失格に追い込む。そして、次にリングインしたミステリオッソにウラカン・ラナを仕掛けるも、反転されて3カウントを献上。2人目の失格者となってしまった。
 ティタン対ミステリオッソの場面。ミステリオッソが前方回転エビ固めをすり抜け、ローキックをヒットさせる。しかしティタンは、エプロンからトップロープ越しのネックブリーカーで逆襲し、コーナー最上段で倒立。そこからトップロープで反動をつけてボディプレスを食らわせ、ミステリオッソを失格させた。
 ティタン対邪道の場面。ティタンがトップロープとセカンドロープを何度も行き交い、アームホイップで投げ飛ばす。そして、スワンダイブからの前転でリングへ飛び込み、飛びつき前方回転エビ固めに行く。しかし、邪道が受け止め、クロスフェースオブJADOでギブアップさせた。
 タイガー対邪道の場面。タイガーが、カニばさみから619。そして、カウンタートーキック、パントキックで反撃されても怯まず、回転十字固めで3カウントを奪った。
 ディアマンテ対OKUMURAの場面。ディアマンテが風車式バックブリーカー2連発で先制するも、OKUMURAがダイビングボディプレスをかわして自爆させ、変型十字固めで3カウントを奪取。
 ドラダ対OKUMURAの場面。ドラダがスワンダイブヘッドシザースホイップでOKUMURAを投げ飛ばし、コーナー最上段からのトルニージョで圧殺。これでYOSHI-HASHIがリングインするも、ドラダがヘッドシザースホイップで場外に落とし、トップロープに飛び乗ってトペコンヒーロを見舞う。
 リングへ戻ったドラダは、ムーンサルトプレスで追撃。そして、すぐさま2発目のムーンサルトプレスを放つも、YOSHI-HASHIが両脚を立ててブロック。そして、パワーボムからジャックナイフ式エビ固めを繰り出し、ドラダを失格させた。
 タイガー対YOSHI-HASHIの場面。YOSHI-HASHIが串刺しバックエルボー、ヘッドハンター、チャクラム。しかし、タイガーがツームストンパイルドライバーで巻き返し、ムーンサルトダブルニーをお見舞い。そして、タイガースープレックスホールドで3カウントを奪った。
 タイガー対石井となり、エルボー合戦からタイガーがミドルキック、ローリングソバット、ハイキック。さらに、BUSHIのミサイルキックでアシストを受け、ジャーマンスープレックスホールドを繰り出す。
 続いてタイガーは、タイガースープレックスを狙うが、石井が脱出。するとタイガーは回転十字固めを仕掛けるが、石井がこらえてバックフリップで叩きつける。
 ここでBUSHIがリングに入ると、石井がパワースラムで投げ飛ばし、タイガーにはラリアットをお見舞い。そして、垂直落下式ブレーンバスターで失格に追い込んだ。
 これでBUSHIと石井の一騎打ちとなり、BUSHIがトップロープを支点にしたバク転キック、コーナー最上段からのフライングボディアタック。さらに、蹴り脚を取らせてニールキックを見舞う。
 続いてBUSHIは、ファイヤーバードスプラッシュを敢行するが、石井がかわして自爆させる。それでもBUSHIは、ラリアットをブロックしてウラカン・ラナを繰り出す。ところが、石井が受け止めてパワーボムで叩きつける。
 次に石井は、垂直落下式ブレーンバスターの体勢に入るが、BUSHIが切り返して反対に投げる。すると、石井が左右のエルボー連打で押し込むも、続いて放たれたラリアットをBUSHIがキャッチし、ブシロールで押さえ込む。
 だが、これを返した石井が、ショートレンジラリアットでBUSHIをなぎ倒す。そして、正面からもラリアットを見舞い、とどめを刺した。

コメント
石井「今よ、どんなカード組まれようが、どんな対戦相手だろうがよ、俺の頭の中にはよ、田中将斗の顔しか浮かばねぇんだよ! 田中将斗と試合してることしか、思い浮かばねぇんだよ。誰が相手でも一緒だ。今は田中戦一本だ。そしてよ! 2月3日、終わった時には、ここ(腰)にベルトが巻かれてるんだ。オイ! 新日本のgファンども! 石井・田中戦、楽しみにしとけよ! スゲーもん見せてやる!!」
  
BUSHI「あ〜〜、悔しいね! 石井智宏、スゲーパワーだ。背だってそんなに変わらないでしょ? 次期NEVER挑戦者、石井智宏。もし、おまえがベルトを巻くなら、オレが挑戦に名乗り出る!! 今日の続きをNEVERで続けたい!!」
 
※両チームとも他の選手はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.