新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour Road to POWER STRUGGLE

2012/10/27(土)16:00新潟・小出郷総合体育館 | 観衆  2,200人(超満員)

第4試合30分1本勝負

[11分48秒]
タイチクラッチ

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 10月8日両国国技館で1年4ヶ月ぶりに復活した中西が、復帰第3戦目で魚沼に登場。
 
 中西対鈴木で試合開始。手四つの力比べで中西が押し込むと、ロープエスケープした鈴木が逆水平チョップで逆襲。しかし、中西が受け止め、ボディスラム、逆水平チョップ、ショルダータックルでやり返した。
 これで中西はBUSHIとタッチするが、直後に鈴木が襲い掛かって場外戦を開始。だが、中西がハンマースルーを切り返し、鈴木を鉄柵へ叩きつけた。
 BUSHI対タイチの場面。BUSHIがヘッドシザースホイップ、三角飛びトルニージョ。ところが、その隙を突いて鈴木が中西に襲い掛かり、フロントネックロックなどで首を徹底的に痛めつける。
 一方、タイチもラフ攻撃でBUSHIに逆襲し、場外戦で大ダメージを与える。これでBUSHIが完全に孤立し、鈴木組の標的にされてしまう。
 BUSHIは、タイチのマスク剥ぎ、串刺しアックスボンバー、急所へのニードロップ、鈴木のチョップ連射などで攻め込まれる。しかし、鈴木の串刺し攻撃をフロントハイキックで阻止すると、野人ハンマーでTAKAとタイチを排除。そして、逆水平チョップ連射、串刺しラリアット、ブレーンバスタースラム、ジャンピングニードロップ、野人ダンスラリアットと畳み掛ける。
 次に中西は、アルゼンチンバックブリーカーを狙うが、タイチがカットに入る。すると中西は、タイチをカウンタートーキックで蹴散らし、改めて鈴木をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げる。
 ところが、鈴木はその体勢からスリーパーホールドに切り返し、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に入る。だが、BUSHIがドロップキックでカットした。
 BUSHI対タイチの場面。BUSHIが、トップロープを支点にしたバク転キック、コーナー最上段からのミサイルキック、前方回転エビ固め、ウニベルサルと畳み掛ける。するとタイチは、顔面かきむしり、顔面キックで逆襲し、ショートタイツ姿になってキックを発射。
 しかし、BUSHIが回避して低空ドロップキックで挽回し、ブレーンバスターをDDTで切り返す。そして、コーナー最上段からのフライングボディアタックでタイチを潰し、そのままフォール。ところが、セコンドのTAKAがマーティー浅見レフェリーのカウントを妨害。
 ここで鈴木が、スリーパーホールドでBUSHIを絞め上げ、中西にもスリーパーホールド。すかさず、タイチがBUSHIの急所を蹴り、タイチクラッチで勝利を強奪した。
 
 試合後、タイチがBUSHIに襲い掛かり、マスクを完全に剥ぎ取ってしまった。

コメント
鈴木「なんだ、あれよ?! 新日本! またウ○コのカサ増しか? 何回も言ってるだろ? 鼻クソに鼻クソ、テンコ盛りしたって、それは鼻クソの大盛りにしかならねぇんだよ! そうか! これは新日本の俺に対する愛情だな。そうだ! きっとそうに違いない。このデクの坊を使って、『好きに殴る蹴るして、遊んでください。楽しんでください』ってことだろ? 『あなたの強さを新潟のお客さんに見せてください』、そういうことだろ? もう少し強いヤツにしてくれよ。もうちょっと若いのにしてくれよ。俺はテメーらみたいなよ、前座のヤツらに用はねぇんだ。俺が用あんのはよ、新日本を名乗るヤツらだ。テメーらじゃねぇんだよ!」
タイチ「オイ、どうした?! 新日本Jr.勢。俺とヨシダに誰も勝てねぇじゃねえか。トーナメント、言った通りだな? これでな? 何回も言ってるぞ。トーナメントの決勝はな、タカオ・タイチ対、ショウジ・ケイジだ!」
 
BUSHI「オイ! タイチ! いい加減にしろよ! 人のマスカラ、さんざん脱ぎやがってな! 絶対に! 絶対にタイチだけは、オマエだけは許さねぇからな!!」
※中西はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.