新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary KING OF PRO-WRESTLING

2012/10/08(月)17:00東京・両国国技館 | 観衆  9,000人(満員)

第7試合60分1本勝負

東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

[16分26秒]
レインメーカー→片エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2013年1月4日東京ドーム大会で、IWGPヘビー級王座に挑戦できる権利証を懸け、オカダとアンダーソンが激突。
 
 アンダーソンが、ヘッドロックからショルダータックル。対するオカダはアームホイップで反撃するが、アンダーソンはなおもヘッドロックを極める。
 さらにアンダーソンは、串刺し攻撃をかわしてオカダをコーナーへ激突させ、腕への集中攻撃を開始。パントキック、ニードロップ、ストンピングなどを腕に見舞って行くが、オカダがフラップジャックで逆襲。
 場外戦となり、オカダが鉄柵攻撃、フロントハイキック。そして、アンダーソンの両脚を鉄柵にかけ、場外マット上でDDTを敢行する。
 これで試合はオカダペースとなり、低空ランニングフロントキック、チンロック、DDT、カウンターバックエルボーなどで攻め立てる。しばらく何もできなかったアンダーソンだったが、ジャンピングフロントハイキックで流れを引き戻し、挑発的なレインメーカーポーズからセントーンを見舞う。
 アンダーソンの攻撃は続き、カウンターゼロ戦キック。すると、オカダが場外戦で巻き返し、鉄柵攻撃で反撃。続いてフロントハイキックを放つが、アンダーソンがかわしてオカダを釘付けにし、背後からジャンピングフロントハイキックをお見舞い。そして、鉄柵を利用したリバースガンスタンで逆転に成功。
 その後、オカダがコーナー最上段にのぼるが、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックで攻撃を妨害。そして、トップロープから雪崩式ブレーンバスターを敢行する。しかしオカダは、次のパワーボムから脱出し、リバースネックブリーカー、ヘビーレイン、ダイビングエルボードロップと畳み掛ける。
 ここでオカダはレインメーカーを繰り出すが、アンダーソンがラリアットで阻止。さらに、ダイビングリバースガンスタン、スピニングガンスタンと大技を連発する。
 続いてアンダーソンはバーナードライバーを狙うが、オカダが回避してドロップキックで逆転。そこからエルボー合戦となり、連打で押し込んだアンダーソンがエルボースマッシュ。そして、ドロップキックをかわしてガンスタンを狙うも、オカダが逃げ出してショートレンジドロップキックで逆襲。
 次にオカダはツームストンパイルドライバーに行くが、アンダーソンが反転し、今度こそバーナードライバーをさく裂させる。そして、ガンスタンを敢行するも、オカダが受け止めてレインメーカーを発射。
 これをアンダーソンがかわし、ラリアット、ガンスタンを狙う。しかし、いずれも不発となり、オカダが今度こそツームストンパイルドライバー。そして、ついにレインメーカーが火を吹き、アンダーソンが力尽きた。

コメント
――難しい敵を退けましたが、今の気持ちを聞かせてください。
オカダ「気持ちですか?特にありません。当たり前のことでしょ?紙一重かもしれない?違うだろ」
外道「レベルの違い、証明出来たか?オイ!マシンガン!オマエには、コレ(1.4東京ドーム大会のメインイベンター権利書)は荷が重いんだよオイ!100年早えぞコノヤロー!言ったろ?テメーのガンスタンは2度とヒットしねぇってな!そこでだ、次はよ、G1で負けて、この前の神戸で、生意気にもよ、3カウント獲ったヤツいるだろ?後藤(洋央紀)、テメーと一騎打ちだコノヤロー!コレが欲しけりゃよ、賭けてやるぞ!後藤と(試合を)組めコノヤロー!」
 
アンダーソン「もう少しだった。今日ももう少しだった。いつもいつも、あとちょっと、というところで、負けているケースが多い。NEW JAPAN CUPのタナハシ戦しかり、G1決勝のオカダとの試合、そして今日もそうだ。今日は、オカダが俺を倒した。俺はオカダを実力も認めてるし、リスペクトしているよ。彼が東京ドームでIWGPに挑戦するのであれば、それはそれで認めるよ。ただ、マシンガンもまだ終わったわけではない。次の目標は、シンスケ。俺は、シンスケ・ナカムラと闘いたい。前の試合で俺は、彼に勝っている。だから、インターコンチネンタル王座に挑戦する権利は充分あるんじゃないか? いつも新日本プロレスのトップとの差はもうちょっとなんだ。今日の試合の結果もあるだろうが、俺はシンスケと闘いたい。もう一度、チャンスをくれ!」
――あとは何が足りない?
アンダーソン「もっとトレーニングをすること、もっとトレーニングを積むと、タナハシ、ナカムラ、マカベ、といったトップレベルに並べると思う」 オカダ「気持ちですか?特にありません。当たり前のことでしょ?紙一重かもしれない?違うだろ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.