新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Circuit2010 NEW JAPAN ISM

2010/02/14(日)17:00東京・両国国技館 | 観衆  6300

第2試合60分1本勝負

IWGP Jr.タッグ選手権試合

[14分01秒]
ブラックホールバケーション→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 邪道の負傷により、Xと発表されていた外道のパートナー。そこに現れたのは、外道と関係の深い東郷。田口とデヴィットのセコンドには、この日を最後にリングを去るミラノコレクションA.T.とタイチがついた。
 
 試合が始まると、Apollo 55が得意の連携で外道の腕に集中攻撃。さらには、乱入しようとした東郷も蹴散らして、幸先のいいスタートを切る。
 さらに田口は、ドロップキックで外道を場外に吹き飛ばし、トペフェイント。そしてリング中央でセクシーに腰を振るが、東郷が背後から急襲。これで場外に落ちた田口を、外道と東郷がラフ殺法でいたぶる。
 リングに戻っても、田口の劣勢は変わらず、チャレンジャーチームのダーティーファイトで長時間苦しめられる。
 デヴィット対東郷の場面。デヴィットが外道にミサイルキック、東郷にフットスタンプ、オーバーヘッドキック。そして、田口が三角飛びプランチャで外道を分断。
 ここでデヴィットは東郷をロープに振る。しかし、その勢いを利用した東郷が場外の田口にトペスイシーダ。すると今度は、デヴィットがロープに走り、東郷と外道に向かってノータッチトペコンヒーロ。
 リングに戻り、東郷がデヴィットをブレーンバスターで投げるが、そばにいた田口が体を受け止めてフォロー。そして、田口が低空ドロップキックで東郷を倒し、その顔面にデヴィットがドロップキックを発射。
 田口対外道の場面。田口が三角飛びドロップキック、スリーアミーゴ、回転エビ固めをすり抜けての低空ドロップキック。しかし、続いてのどどんは失敗。ここで東郷が乱入し、外道と共に合体コンプリートショットを敢行。そして、外道が田口をコンプリートショットでダウンさせ、東郷がコーナー最上段からダイビングセントーンを狙う。しかし、田口は自分の脚を押さえつける外道をロープまで蹴散らして逆襲。この衝撃でバランスを崩した東郷は、コーナーの金具に急所を痛打。
 すると、外道が田口を外道クラッチで固めるものの、カウントはギリギリで2。カットに入ったデヴィットが、外道のパンチを東郷に誤爆させると、田口が外道にどどん。さらにデヴィットがダイビングフットスタンプで追撃。
 最後は、合体殺法ブラックホールバケーションで、田口が外道から3カウントを奪った。
 
 試合後、ミラノとタイチがリングイン。そしてミラノが、自分をさんざん侮辱した外道に、トラースキックを発射。これで大きな「ミラノ」コールが起きる。
 そして、田口とデヴィットが、ミラノの首にIWGP Jr.タッグベルトをかける。思わず涙ぐんだミラノは、コーナーに上ってファンの大声援に応え、田口とデヴィットの手をあげた。
 

コメント
ミラノ「いやっ、最後あんなサプライズみたいな事があったけど。絶対に今日泣かないと思っていたけど、やっぱ無理ですね(苦笑)。Apollo 55、タイトルマッチ、防衛おめでとうございます。カンパ―イ!」
 
※ここで田口、デヴィット、そしてミラノ、タイチの4人でクアーズビールを手に乾杯した 
田口「まずは、Xがディック東郷だったという事で、東郷は素晴らしい選手ですけど、コンビネーションで外道のベストパートナーは邪道。そういう点で、東郷&外道は邪道&外道より1枚劣ると思うので。まぁ、個々の力が高いですから、厳しい闘いでした」
デヴィット「今日、相手はゲドウとトウゴウだったけど、僕達は彼らに対して敬意は感じなかった。当然、彼らに勝ったけど、ジャドウ、ゲドウのチームと闘えなかった事は少し心残りかも知れない。もし、ゲドウがもう1度挑戦したいと言うのであれば、ジャドウと来ればいい」
田口「(ミラノについて)試合が原因で負傷して引退というのは、この仕事をしている以上、リングというのは事故がつきものですから。これを故意にやるか、間違ってやってしまうかで、外道には怒りを感じていた。まぁ、最後にプレゼントというかね、ああいう形で1発気持ちいいのを入れてもらえて、スッキリした形でプロレスを後にしてもらえるかなと。まぁ、もっとミラノさんとは試合したかったですけど。残念なんですけど、最後にプレゼントできたので、僕の中では思い残す事は無いですね。(『右目を負傷したようだが?』)目はどうしても鍛えられるものでは無いですから、これ以上の苦しみをミラノさんが味わっていたのかと思うと、また怒りがふつふつと沸いてきます。まぁ今日、目をやられた分は、今度試合でキッチリと返します。(『理想のチャンピオン像は?』)まだまだ完成してるとは思っていない。まだ、僕らは成長している段階なので、負けないチャンピオンと言ったらあれですけど、世界中の相手を敵にしていきたいです。最終的には宇宙人です」
デヴィット「僕達Apollo 55は、このベルトを防衛できた事が凄く嬉しい。今シリーズ、色々なチームと2転3転したが、それ以前にモーターシティ・マシンガンズなど、素晴らしいタッグチームと闘ってきて、今、僕達がベルトを持っているというのは本当に嬉しい事。Apollo 55として、何時までもこのベルトを守り続けていきたい。新日本のリングだけに限らず、世界中で。僕達はこのベルトと共に進歩していきたい」
 
外道「(『ミラノの思いを受け止められたか?』)聞くな! コノヤロー!!」
※東郷はノーコメント
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.