新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour Road to DESTRUCTION

2012/09/07(金)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,950人(超満員)

第4試合20分1本勝負

[11分39秒]
反則

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 デイビーボーイ・スミスの息子ハーリー・スミスが、鈴木軍と合体。鈴木と因縁深い真壁&天山&小島&永田と対決。
 
 いきなり永田と鈴木の先発で試合がスタート。ロープ付近でもつれ合うと、離れ際に鈴木が張り手。ここから激しいエルボー合戦となり、さらに両者はフロントハイキックを打ち合う。すると、鈴木がフロントネックロックを極めるが、永田がエクスプロイダーで投げ捨てた。
 天山対スミスの場面。スミスが豪快なブレーンバスターで叩きつけ、カウンタートラースキックで追撃。そして、スイッチしたアーチャーが、ショルダータックルで続く。しかし、天山はカウンターニールキックで報復。さらに、小島との連携でアーチャーに追い討ちをかけた。
 小島対アーチャーの場面。アーチャーがブレーンバスターで反撃するが、小島がローリングエルボーを阻止して逆転。そこから逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボーで追撃し、「いっちゃうぞバカヤロー!」をファンと大合唱する。ところが、素早く立ち上がったアーチャーがフロントハイキックで逆襲。
 ここで鈴木軍が分断作戦に出て、アーチャーとスミスが小島を連携攻撃でいたぶる。さらに、スイッチしたTAKAが、サミング、串刺しジャンピングニーアタック、ランニングニーアタックで小島に追撃する。
 しかし、小島がコジコジカッターで逆襲し、真壁にタッチ。その真壁は、串刺しラリアット、頭部へのパンチ連射でTAKAに追い討ち。すると、天山と小島がアーチャーとスミスを分断し、真壁がロープへダッシュ。だが、鈴木がエプロンからスリーパーホールドで捕獲。
 その鈴木を永田が蹴散らし、真壁がカウンターラリアットでTAKAに逆襲。そして、トドメのキングコングニードロップを狙ってコーナー最上段にのぼる。ところが、突如としてKAIENTAI-DOJOの真霜拳號(ましもけんご)が現われ、真壁を襲撃! 真壁の反則勝ちという結果になった。
 
 鈴木が真壁を羽交い絞めにすると、その側頭部へ真霜がハイキックを見舞い、さらにブレーンバスターで投げ捨てる。一方、アーチャーが小島、スミスが天山をアバランシュホールで叩きつけ、スミスがシャープシューターで天山を悶絶させる。ゴングが乱打され、「帰れ」コールも起きたものの、鈴木軍がリング上を占拠する格好となった。
 あまりの異常事態にファンが言葉を失っていると、鈴木が「オマエら、なに黙ってんだよ、バッカじゃないの!? 弱いからこうやってやられるんだよ!! ザマーみろ!!」と、マイクで激しくアジテーションした。

コメント
鈴木「一人、二人、こうやって鈴木軍増えていくんだ。オイ!新日本!オマエらがオッケーした、ハーリー・スミスだ。見たか?オイ、オメーらが言ってる“強い男を決める大会”とかよ、『誰が一番強い?』とか言ってんだろ?何で俺ら抜きでやろうとしてんだよ?! 弱いヤツらがよ、今日の天山、小島、永田、真壁!オメーらは徒党を組んで、力を合わせて頑張りたまえ。俺達の足元にも及ばないくせによ!どうだ?なんとか言ってみろコラ!オマエだよ!(と言ってカメラマンの襟元を持って)言ってみろオラ!(と言って控室へ)」
TAKA「オイ!見たか?このカラダ!ハーリー・スミス知ってっか?ランスとかわんねぇよ、こんなデカイ外人よ!ランスが呼んできたんだ!あとコイツ!真霜拳號だ!知らねぇだろオマエら!俺達はよ、世界中にコネクションがあるんだよ。世界、東京、千葉、メキシコ、いろんなところから、いろんな仲間来るからな!タイチがメキシコ行っても大丈夫なんだよ。いくらでも俺達のコネクション使えばよ、まだまだいっぱいいるからよ!これからよ、そのへんで手を挙げるヤツいるかもしんねぇよ。本隊にもいるかもしんねぇぞ!誰がこっちに来るか、楽しみにして、ビクビクしとけよな!真霜、何か言ってやれよ!」
真霜「見ろ!俺のこの格好。準備万端だ!オイ、真壁刀義!ケンカ売りに来たぜ!ケンカ、買ってくれよコノヤロー!」
TAKA「逃げんなよ!鈴木軍から逃げんじゃねぇぞ!イッツマイ○ァッキン、ビジネス!」
アーチャー「テンザン!コジマ!オマエ達のタイトルを狙う、次の挑戦者が来たぞ!ハーリー・スミスと“アメリカン・サイコ”ランス・アーチャーだ。今、俺達は誰もが恐れる存在だ。次は鈴木軍だ。俺達が“イチバン”だ!」
スミス「やってやろうぜ」
――真霜選手、以前参戦したときはジュニアヘビーの選手でしたが、今回は?
真霜「一言だけ。『ジュニアじゃねぇぞ』と。ヘビーとして新日本参戦。ケンカ売りに来ましたよ。その最初の標的は真壁刀義。それだけですよ」 
  
天山「クソ! 最悪やな……オイ、ランス・アーチャー。あんなアホみたいなバケモノ連れてきやがって。 俺ら、チャンピオンやけど、ランス&スミス? やってやろうやないか。アイツら、ファッキン・クレイジーやな? ぶちのめしたるよ!」
真壁「(ノドを押さえて)あー……クッソ! オイ、コノヤロー、誰だいまの? 誰だよ、コノヤロオオオ!! テメー、この俺にケンカ売りやがったな? そのへんのタコレスラーにケンカ売ったんじゃねーぞ? この俺様にケンカ売ったんだぞ? 上等だ! 覚悟しとけ!」
永田「なんだ、あの性格の悪い男? やっと俺を見つめたか? 俺に完璧にKOされて、やっとわかったんだろ? アイツを倒さないとやってられないって。石狩(タイチ)がいなくなったら、なんだあのチ○カスは? チ○カスばっか集めやがって。チーム・チ○カスか? 情けねーチームになったな? カスばっか集めやがって、だからどうした? かかってこい!!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.