新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour KIZUNA ROAD

2012/07/22(日)16:00山形・山形市総合スポーツセンター | 観衆  3,500人(超満員)

第4試合時間無制限

スペシャルイリミネーションマッチ

[16分46秒]
ブラックアウト→片エビ固め

※ランス1人残りで鈴木軍の勝利 【退場順】タイチ、TAKA、真壁、鈴木、永田、デヴィット、田口 ○真壁(9分23分 オーバーザトップロープ)タイチ× ○真壁(9分39秒 キングコングニーロップ→体固め)TAKA× ×真壁(10分41秒 オーバーザトップロープ)ランス○ ×永田(14分15秒 両者オーバーザトップロープ)鈴木× ×デヴィット(15分41秒 オーバーザトップロープ)ランス○ ×田口(16分46秒 ブラックアウト→片エビ固め)ランス○

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 真壁&永田&Apollo55の連合軍が、鈴木率いる鈴木軍とイリミネーションマッチで対決。
 
 先発した真壁と鈴木が激しいチョップ合戦を開始。そこから真壁がフロントハイキックをかわし、ショルダータックルで鈴木を倒した。
 永田対鈴木となり、永田がキック連射、踏みつけ攻撃。さらに、フライングメイヤーから背中にローキックを食らわせた。
 田口対タイチの場面。田口がコーナー最上段からジャンプしてリングインするが、直後にタイチがラリアットをお見舞い。しかし田口は、ヘッドシザースホイップでタイチとTAKAを蹴散らし、セカンドロープからのバックエルボーで2人まとめて吹き飛ばした。
 さらに田口は、デヴィットとの連携でTAKAとタイチを圧倒するが、アーチャーが背後から両腕ラリアット。これを合図に両軍が入り乱れ、激しい場外戦が勃発する。
 そんな中、鈴木軍が田口を孤立させ、ラフを交えた集中攻撃を開始。これで田口は大ピンチに陥るが、三角飛びミサイルキック、延髄斬りでタイチに逆襲し、ようやく自軍コーナーへ生還。
 真壁対TAKAの場面。真壁が串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射。すると、タイチがイスを持って乱入するが、真壁がパンチで底を撃ち抜く。そして、ラリアットでタイチを場外へ落として失格させ、TAKAもキングコングニードロップで失格に追い込んだ。
 真壁対アーチャーの場面。真壁がエルボー、アーチャーがフロントハイキックを打ち合い、真壁が蹴り脚をキャッチしてショートレンジラリアット。ところが、TAKAにチェーンを盗まれたことをきっかけに真壁のペースが乱れ、アーチャーのラリアットで失格に追い込まれてしまった。
 永田対アーチャーの場面。永田が延髄斬り、フェイントからの低空ドロップキック、ランニングフロントハイキックとラッシュ。そして、ナガタロックIIに行くも、鈴木がカットに入り、アーチャーが串刺しボディアタックで逆襲。
 永田対鈴木となり、永田がカウンターフロントハイキック、串刺しフロントハイキック、エクスプロイダー、ミドルキック3連射。しかし、鈴木がエクスプロイダーを阻止して巻き返し、フロントネックロック、ランニングローキック2連発。
 だが、3発目のキックを受け止めた永田が、カウンターキチンシンク、マジックスクリューで反撃。そして、フロントハイキックで鈴木を場外へ落とそうとするが、鈴木が脚に絡みつけて抵抗。そこにアーチャーが飛び込んで永田にラリアットを見舞い、鈴木もろとも同時失格となった。
 2人残りとなったデヴィットと田口は、得意の連携攻撃をアーチャーにお見舞い。そして、デヴィットがダイビングフットスタンプからフォールに行くが、TAKAが浅見レフェリーを場外に引っ張り込んでカウントを妨害。
 さらに、TAKAとタイチがリング上へ乱入するが、デヴィットが開脚式ドロップキックでまとめて蹴散らす。そして、アーチャーのラリアットをかわすと、そのまま勢いをつけて場外の2人にノータッチトペコンヒーロで追撃。しかし、これでデヴィットは失格となってしまった。
 田口とアーチャーの一騎打ちとなり、田口がスクールボーイ、ラ・マヒストラル。だが、いずれも返したアーチャーが、ラリアットを受け止め、F’n Slamで逆襲。続いてダークデイズを狙うが、田口が首固めに切り返す。
 しかし、こちらも返したアーチャーが、田口の突進を受け止めてブラックアウト。これで田口が3カウントを奪われ、1人残りで鈴木組の勝利となった。
 
 試合後、永田と鈴木が番外戦を開始し、激しく張り手を打ち合う。さらに、真壁とアーチャーが激しく睨み合い、『G1 CLIMAX』まで待ったなしの状況となった。

コメント
鈴木「(テレ朝のアナウンサーを目にして)また、おまえか?」
――いま、鈴木軍は何を目指しているんですか?
鈴木「なんでテメーにそんなこと、いちいち言わなきゃいけねーんだ?バカじゃねーか!? たまにしか会場に来ねーから、わからねーんだよ。毎日、来てみろ!俺たちのファンになるぞ?(ニヤリ)。ま、イリミネーションで俺たちが誰にも負けない理由はべつにある。おまえ、わかるか?」
――……わかりません。
鈴木「わからねーから、おまえはただの補佐のアナウンサーなんだよ?クックック。見てわかんねーか?……“覚悟”が違うんだよ? オイ、アイツらには、いつでもテメーの命、差し出す覚悟がねーんだ。おまえ、今日、風邪で休んだって、今日のぶんの給料、出るモンな?」
――……サラリーマンですから。
鈴木「フフフ。だから、テメーらもアイツらと一緒なんだよ!! 生き方が違うんだ!! リングにあるのは、強いか弱いかだけだ。ときどきよ!ここの五流レスラーがよ、『力がすべてだ』とか、俺のマネして言ってるだろ?そういう言葉は力のねーヤツがやっちゃいけねーんだよ」
――G1では、永田裕志選手と同じブロックですが?
鈴木「同じブロック?そんなのどーでもいいんだ。永田は廊下でスレ違ったって、殴るんだからよ。だから、アイツとはスレ違わないぞ? なぜだかわかるか? アイツが避けてるからだよ(笑)。おまえはもう帰っていいぞ? 俺の本もいっぱい出てるから、それ読んで勉強しろ。週刊プロレスでも読んで勉強してこい!……ダメかあんな雑誌じゃ?」
TAKA 「週刊ファイトでもいいぞ? ビッグレスラーでもいいしな?」
鈴木「なんだっけ、それ。昔、あったな?さてと……また永田かよ。俺の前に来んじゃねーよ!」
ランス「今日は、イリミネーションマッチで、俺の恐ろしさを証明してやった。マカベとデヴィットは、俺を恐れてリングから逃げやがった。タグチ?言うまでもないだろう。いよいよG1が始まるな?俺は、エントリーしている選手に痛み(ペイン)を与えてやる!! モア・ペインを!! そして、ぶっ壊してやる。マカベ、まずはおまえだ!! そして、俺がベストなレスラーであると知らしめる。俺こそが、“ジ・アメリカン・サイコ”ランス・アーチャーだ!スズキグン、イチバン!!」
TAKA「オイ、俺からも一言言ってやるよ?昔からのファンは知ってると思うけどよ、ボクにはみちのく魂があります!! また、大きくなって、この山形に……帰ってこねーよバカヤロー!! イッツ・マイ・フ○ッキン・ビジネス!!」
タイチ「なんかあるか?なんもねーよ」
 
真壁「オイ!ランス・アーチャー!テメー、大見栄切りやがったなコノヤロー!上等だ!『G1 CLIMAX』、1発目テメーか?! 覚悟しとけよコノヤロー!いいかテメー、吐いた
ツバ飲み込むんじゃねぇぞ!コノヤロー!」
――鈴木軍にやりたいように、やられてしまった印象ですが?
永田「性格の悪い男、俺の存在を潰せるもんなら、潰してみろ。アイツに俺は消せないから。アイツに絶対消せない。俺の存在、消せるヤツは誰でも消してみろ!鈴木軍?CHAOS?新日本?やってみろ!俺の存在、消せるもんなら。20年、地に足付けて闘って来たんだ。潰せるもんなら潰してみろ」
※デヴィット、田口はノーコメント  
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.