新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour BEST OF THE SUPER Jr. XIX 〜The door to the glory〜

2012/06/06(水)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,900人(満員)

第9試合30分1本勝負

「BEST OF THE SUPER Jr.XIX」Aブロック公式戦

[17分24秒]
フレーミングスタープレス→片エビ固め

  • ○ PAC
  • (4勝3敗=8点)

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 新日本Jr.の代表選手デヴィットと、DRAGON GATEの“超・鳥人”PACが待望の初対決。PACのセコンドにはDRAGON GATEの吉野正人がついた。
 
 握手で試合がスタート。その直後、デヴィットがロープ付近でクリーンブレイクする。そこからじっくりとした腕の取り合いが展開され、両者一歩も引かず。
 すると、PACがトップロープを掴んでバク宙で切り返し、デヴィットの低空ドロップキックをかわし、その場飛びシューティングスタープレス。さらに、串刺しバックエルボーで追撃すると、連続前転からコーナーに走るが、デヴィットが追走式串刺しドロップキックを見舞う。
 これで場外に落ちたPACだったが、デヴィットがロープに走ると同時にリングへ飛び込み、ヘッドシザースホイップ。これでデヴィットを場外へ追いやり、自分がロープへ走る。しかし、今度はデヴィットがリングへ戻り、追走式ドロップキックで逆襲。そして、場外へ落ちたPACへノータッチトペコンヒーロを見舞った。
 リングへ戻ったデヴィットは、逆水平チョップ連射で追い討ち。だが、PACがハンマースルーを切り返してエプロンへ飛び出し、スワンダイブミサイルキックでデヴィットを場外へ落とす。そして、エプロンからトップロープへ飛び乗り、トルニージョをさく裂させる。
 リングに戻り、PACがバックエルボー2連発、ランニングエルボー、コーナー2段目からのフェニックススプラッシュで追撃。続いてシューティングスタープレスを繰り出すと、デヴィットの回避行動を読んで安全に着地する。しかし、直後にデヴィットがラリアットで逆襲。
 続いてデヴィットは、串刺し低空ドロップキック、背中へのダイビングフットスタンプで追い討ち。次のドリームキャストはかわされたものの、オーバーヘッドキックに繋げる。しかし、PACがデヴィットをロープへ激突させ、ジャーマンスープレックスホールドでお返し。
 両者への声援で場内が騒然とする中、PACがハイキックでデヴィットをダウンさせる。続いてのキックはデヴィットがかわすが、すぐさまPACが強烈な延髄斬りをヒットさせ、コーナー最上段から360°シューティングスタープレスを敢行。ところが、デヴィットが両膝を立ててブロック。
 ここでデヴィットは、ドリームキャストから垂直落下式ブラディサンデー。さらに、仰向け状態のPACへダイビングフットスタンプを投下する。そして、ブラディサンデーの体勢に入るものの、PACがリバースフランケンシュタイナーで逆襲。さらに、ジャーマンスープレックスホールドで追い討ちをかけると、最後はフレーミングスタープレス(リバースファイヤーバードスプラッシュ)でデヴィットを轟沈した。
 
 試合後、吉野がリングへ上がり、快勝を収めたPACを称賛。ファンもその実力を称え、大きな歓声を送った。

コメント
PAC「今日の試合相手、デヴィットは自分にとって、本当に信じられないほどの好敵手だよ! 今日の試合は、自分がよりストロングな選手であることが証明出来た。このトーナメントに関しても、星を取り直して、優勝戦線にカムバックすることが出来た。このまま続けて行く。いままで星を取りこぼしていたが、再度、集中し直して、トーナメントの頂点に立つように頑張ります。今日は勝ったこともだけど、デヴィットとグッドマッチが展開できて、心からうれしいよ。サンキュー、マイ・フレンド!」  
  
デヴィット「やっぱり、『SUPER Jr.』は、『G1 CLIMAX』や、さまざまな世界的なトーナメントにも匹敵する、グレイトなシリーズだと思うよ。今回、PACと試合をしたけど、彼は、いままでボクが闘ってきた、イブシやケニー・オメガ、マルフジといったレスラーにも負けない、いやそれ以上の素晴らしい世界ナンバーワンのレスラーだ。今日は、彼のほうが少し上回った。でも、次はわからない。これから、ナゴヤでライガーと闘って、そしてトーキョーに戻ってくる。PACなのか、ほかの誰が上がってくるのかはわからないが、必ず、ボクは決勝のリングに立つ。そしてベストを尽くすよ」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.