新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary レスリングどんたく 2012

2012/05/03(木)15:00福岡・福岡国際センター | 観衆  6,500人(超満員札止め)

第4試合60分1本勝負

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • (第62代王者)
  • × プリンス・デヴィット

[21分01秒]
キークラッシャー99

※ロウ・キーが第63代Jr.王者となる。

  • (挑戦者)
  • ○ ロウ・キー

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 昨年5月14日ニューヨーク大会のリターンマッチとなったデヴィットとロウ・キーのIWGP Jr.ヘビー級選手権試合。
 
 手四つの力比べから、ロウ・キーがクリーンブレイク。そして、ドロップダウンとリープフロッグを繰り出すが、デヴィットがその動きを呼んで低空ドロップキックをお見舞い。そこから逆片エビ固め、変型レッグロック、逆水平チョップに繋げる。
 するとロウ・キーは、デヴィットの肩へ飛び乗り、脳天にエルボースタンプを投下。そして、デヴィットのボディをトップロープへ激突させると、場外マット上でボディスラム。
 リングに戻り、ロウ・キーが踏みつけ攻撃、エルボードロップ、コブラツイスト、卍固めと猛攻。しかし、何とかしのいだデヴィットがチョップ合戦に持ち込み、そこからオーバーヘッドキックで逆転。
 エルボーの打ち合いを挟み、デヴィットが2段助走式ドロップキックでロウ・キーを場外へ追いやる。そして、ノータッチトペコンヒーロで追撃すると、リング上では串刺し低空ドロップキック、串刺しドロップキックに繋ぐ。
 続いてデヴィットは、ロウ・キーをコーナー最上段へ上げようとする。ところが、ロウ・キーが回避して、エプロンから変型ドラゴンスリーパーで逆襲。これでエプロン上の攻防となり、ロウ・キーがデヴィットを突き飛ばして鉄柱にぶつけ、パントキック2連発で場外へ落とす。
 そしてロウ・キーは、ミドルキックを浴びせてデヴィットを本部席に寝かせると、コーナー最上段からダイビングフットスタンプを敢行。だが、間一髪でデヴィットがかわして自爆を誘い、ゴングを収納する鋼鉄製の箱でロウ・キーのボディを殴打。
 リングに戻り、デヴィットが、四つんばいとなったロウ・キーの後頭部めがけ、ダイビングフットスタンプをお見舞い。そして、リバースブラディサンデーで追撃してドリームキャストを発射するが、ロウ・キーが回避して浴びせ蹴りで逆転。さらに、キークラッシャー99、変型ドラゴンスリーパーに繋ぐ。
 続いてロウ・キーは打撃ラッシュを繰り出すが、デヴィットがドリームキャストで反撃。そして、ブラディサンデーの体勢に入るも、ロウ・キーが前方回転して脱出。さらに、ショートレンジドロップキックでデヴィットを吹き飛ばし、コーナーへ激突させた。
 ここでロウ・キーはコーナー最上段にのぼり、フェニックススプラッシュを敢行するが、デヴィットが両膝を立ててブロック。そして、ダイビングフットスタンプからフォールに行くものの、カウントは2。
 すると、デヴィットは再びブラディサンデーを狙うが、踏ん張ったロウ・キーがコーナーまで押し込む。それでもデヴィットはコーナー最上段にのぼるが、ロウ・キーがダイダルクラッシュ(側転からのジャンピングハイキック)で攻撃を妨害。
 ここからコーナー上での攻防となり、デヴィットが逆さづりになってしまう。すると、ロウ・キーがそのボディへダイビングフットスタンプを投下。そして、もう1度キークラッシャー99をさく裂させ、3カウントを奪取した。

コメント
※頭を抱えて、肩を震わせて、喜びを噛み締めるロウ・キー
ロウ・キー「(涙をこらえて)この場所に帰れてこれて、ホントにうれしいよ。オレは2009年にジャパンを出て、WWEに行ったんだけど、それがミステイクだったよ。オレの場所は、やっぱりここジャパンなんだ。ここからスタートした。そして、このベルトはオレのものだ。さっきは泣いてしまったが、この試合では、まだすべてを見せていない。誰でもいい、オレに挑戦したいヤツがビッグガイだっていいよ。受けて立つ。『SUPER Jr.』でもオレが最強だということを証明するよ」
※ビールを差し出す、ロッキー・ロメロ。
ロッキー「オーケイ!コングレッチュレーション!」
ロウ・キー「オ〜、ハハハハ!サンクス!」
ロッキー「カンパーイ!! 彼がニューチャンプだ!!」

デヴィット「今日はチャンピオンとして何も証明出来なかった。過去2年間で2回ベルトを獲得した。ロウ・キーをリスペクトしている。次のシリーズ『BEST OF THE SUPER Jr.』で自分の持ってる全ての力を 出していきたい。そしてチャレンジャーとして、6月の大阪で、ロウ・キーのベルトに挑戦する。ガンバリマス!」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.