新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to KINGDOM 1st.

2011/12/23(金)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,900人(満員)

第7試合60分1本勝負

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

[18分35秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※デヴィットが3度目の防衛に成功。

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 Jr.戦線でしのぎを削るデヴィットとロメロが、IWGP Jr.ヘビー級選手権試合で激突。この一戦は、1月4日東京ドームで行なわれるIWGP Jr.タッグ選手権試合の前哨戦でもある。
 
 ロープ付近でクリーンブレイクしたロメロだったが、直後の似たような場面でデヴィットがクリーンブレイクすると、不意打ちの張り手をお見舞い。
 その後、素早いロープワークからデヴィットがリープフロッグ&ドロップダウン。続いてロメロも同じ動きで対抗するものの、デヴィットが低空ドロップキックをヒットさせた。
 さらにデヴィットは、ロメロを場外へ追い込み、ロープへダッシュ。しかし、ロメロはセコンドの高橋(広)をリングへ押し込んでデヴィットをストップさせ、スワンダイブミサイルキック。これでデヴィットを場外へ落とし、トペスイシーダで追い討ちをかける。
 続いてロメロは、デヴィットを担いで走り、その肩口を鉄柱へ叩きつける。さらに、リングへ戻っても試合の流れを支配し続ける。
 再び場外戦となり、ロメロが鉄柵攻撃からバックアタック。しかし、デヴィットが受け止めて急所を鉄柱に激突させる。さらにデヴィットは、鉄柵にもロメロの急所を打ちつけると、エプロンからダイビングフットスタンプを食らわせる。
 苦しくなったロメロは、スワンダイブミサイルキックに行くが、デヴィットがドロップキックを浴びせて場外へ落とし、ノータッチトペコンヒーロで追い討ち。それでもロメロがコーナー最上段へのぼると、デヴィットが背中を突き飛ばして急所を金具へ激突させる。そして、雪崩式バックドロップで追撃。
 今度はデヴィットがコーナー最上段にのぼるが、妨害したロメロがトップロープ上から雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。さらに、暗闇脳天(ツームストンパイルドライバー)からスライスブレッドを狙う。しかし、すり抜けたデヴィットが、オーバーヘッドキックで逆襲。そこからリバースブラディサンデー、ダイビングフットスタンプに繋ぐ。
 追い詰められたロメロは、延髄斬り、バックスピンキック、膝蹴り連射で逆襲。そして、飛びつき前方回転エビ固め、スライスブレッド、ダイビングダブルニードロップと猛攻を仕掛ける。
 続いてロメロはパイプイスを持ち出し、ニュートラルコーナーへ固定。それをレッドシューズ海野レフェリーが何とかして排除しようとしていると、ロメロは別のパイプイスでデヴィットの背中を殴打。さらに、逆さ押さえ込みで3カウントを狙う。
 ピンチに陥ったデヴィットは、突進して来たロメロをパサーダでコーナーへ激突させ、背中にダイビングフットスタンプを投下。そして最後は、ブラディサンデーでロメロを轟沈した。

コメント
※田口隆祐と防衛の乾杯をして
デヴィット「今日のロッキーからの勝利、とてもうれしく思っているよ。2週間前には、デイビー・リチャーズにも勝ってるしね。次は、タグチといよいよ東京ドームで、ジュニアタッグの選手権、これを勝って、今年、君臨し続けたタッグ王者にもう一度、就きたいね」
――あなたは、最強のシングル王者として何度も防衛して、もう相手が田口選手くらいしかいないのでは?
デヴィット「タグチに関しては、彼がベストチャレンジャーであることは認めるよ。6月の『SUPER Jr.』の準決勝で負けているし、その雪辱もはたしたいしね。ただし、彼はボクのタッグパートナー。オフィスの意見も聞く必要がある。でも、やってみたい気持ちはある。……とにかく次は東京ドーム。デイビー・リチャーズもグッドコンディションをキープしているみたいだし、ロッキー・ロメロも強敵だ。彼らの実力も充分認めているから、彼らともう一度やったっていい。……そして、最後に新日本のファンに一言。この2010年、2011年、自分は非常にがんばってきたし、ベルトは失ったが、タグチとのコンビもがんばってこれた。この勢いを2012年も続けていくよ。タグチ、メリー・クリスマス!」
田口「メリー・クリスマス(笑)」
 
ロメロ「プリンス・デヴィット!もうちょっとで、俺は(IWGPジュニアとジュニアタッグ)ダブルチャンピオンになるはずだったのに!でもこれで終わりではない。1.4東京ドーム大会にデイビー・リチャーズが戻ってくる。俺とデイビーが、Apollo55、デビットと田口を倒して、IWGPジュニアタッグのタイトルを守る。NRCがチャンピオンだ!永遠に!フォーエバー!エンドエバー!フォーエバー!」

 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.