新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

POWER STRUGGLE

2011/11/12(土)18:00大阪・大阪府立体育会館 | 観衆  6,000人(超満員)

第10試合60分1本勝負

IWGPタッグ選手権試合

[17分15秒]
ジャイアント・ガンスタン→片エビ固め

※バッドインテンションズが10度目の防衛に成功。

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 『G1 TAG LEAGUE 2011』決勝戦(11月6日後楽園ホール)のリターンマッチとなったIWGPタッグ選手権試合。
 
 バーナードとアーチャーの先発で試合が始まり、両者はいきなり場外戦を開始。ラリアットが何度も相打ちになり、リング上でもラリアットが相打ちとなった。
 アンダーソン対鈴木の場面。鈴木がアンダーソンを場外へ追いやり、場外乱闘が勃発。アーチャーがアンダーソンを痛めつける一方、バーナードは鈴木に場外パワーボムを仕掛ける。
 ところが、鈴木が空中で体勢を入れ替え、背中にしがみついてスリーパーホールドを極める。バーナードは背中から鈴木を鉄柱に激突させるが、それでも技は解けず。なおも鈴木がグラウンド状態で首を絞め上げ、バーナードは完全にダウンしてしまう。
 バーナードが復帰できないままで試合は進み、孤立したアンダーソンへ鈴木組が集中攻撃を開始。鈴木が張り手、腕ひしぎ逆十字固め、アーチャーがF’n Slamなどで痛めつけて行く。
 その頃、鈴木組のセコンドについていたタイチが、試合介入してバーナードへストンピング連射。しかし、バーナードが起き上がってタイチを蹴散らし、控えの鈴木を急襲。一方、アンダーソンは串刺し攻撃をかわしてアーチャーをコーナーへ激突させ、ジャンピングフロントハイキックで逆襲。
 これでようやくタッチが成立し、バーナードがアーチャーと鈴木へ2回ずつ串刺しボディアタックを食らわせ、アーチャーにはコーナープレスで追撃。場内が大「バーナード」コールに包まれる。
 バーナードの攻撃は続き、ジャンピングボディプレスからチョークスラム。そして、フォールに行くものの、鈴木がカウントを妨害。すると、バーナードが鈴木に気を取られてアーチャーの反撃を許してしまうが、素早くタッチしたアンダーソンがネックブリーカーを食らわせる。
 バーナードが鈴木を何度も鉄柵へ叩きつける中、リング上ではアーチャーがネックハンギング式モンキーフリップでアンダーソンに逆襲。しかし、アンダーソンが串刺し攻撃をかわしてアーチャーをコーナーへ激突させ、飛び込んだバーナードが串刺しボディアタックで追撃。
 その後、アンダーソンとバーナードは、アーチャーへジャンピングボディアタックとセントーンを交互に見舞う。そして、アンダーソンがコーナー最上段へのぼるものの、アーチャーが攻撃を妨害。さらに、乱入したバーナードをダイビングエルボーアタックで蹴散らす。しかし、直後にアンダーソンが、ダイビングネックブリーカーをお見舞い。
 だが、アーチャーがアンダーソンを担いでから投げ捨て、雪崩式ブレーンバスターを狙う。すると、バーナードがアーチャーの股下に潜り込み、パワーボムを敢行。アーチャーをマットへ叩きつけたものの、同時にアンダーソンにもブレーンバスターが決まってしまう。
 そこへ鈴木が乱入し、トップロープ越しの腕ひしぎ逆十字固めでバーナードを捕獲。続いて、張り手連射、スリーパーホールドに繋ぎ、ゴッチ式パイルドライバーの体勢に入る。しかし、バーナードがバックスープレックスで回避し、地獄突きで報復。
 それを見たアーチャーが、バーナードにダークデイズを仕掛けるが、アンダーソンがジャンピングハイキックで妨害。そして、バーナードがアーチャーのボディを持ち上げ、アンダーソンが高角度でガンスタンを極める合体技・ジャイアントガンスタンが炸裂し、バーナード組の勝利となった。
 
 試合後、鈴木とバーナードが一触即発なるが、辛うじて乱闘は回避された。

コメント

※バッドインテンションズのコメントルームに、いきなり鈴木みのるが単独で乱入。水の入ったペットボトルを投げたあと。
鈴木「ヘイヘイヘイ! オイ、バーナード! テメー、眠たいんだろ? 寝てろ!」
バーナード「誰か、英語を話せるヤツはいないのか!」
鈴木「スリーピーかい?」
バーナード「このマザーフ○ッカー野郎に言ってやれ! おまえはリスペクトが足らないんだよ!」
鈴木「あ? そんなもんねーよ!」
バーナード「次のシリーズでは、この俺がリスペクトってもんを……」
鈴木「(さえぎって)うるせーなコノヤロー! 」
バーナード「このファ○キン野郎!」
鈴木「うるせえ! ファ○キュー! やかましい!」
バーナード「なんだおまえは!」
鈴木「テメー、シングルマッチやるか!1vs1でやるか!」
バーナード「シングル、やってやるよ! (日本語で)バカヤロー!」
鈴木「何、このバカガイジン! なんなら二人いっぺんでもいいぞ!」
バーナー「おかしなヘアスタイルしやがって、なんだそのクルクルした……」
鈴木「ワーハハハハハハ!」
バーナード「ワハハハハハハ!」
※いきなり爆発的に笑いあった両者。最後は、凄まじい形相でにらみ合ったあと、鈴木みのるは退室。
――今日の試合に関しては?
バーナード「……俺たちは、今日、タッグのヒストリーを作った。10回連続で防衛しているんだぞ? この重み、わかるだろ?」
アンダーソン「たしかにハードな試合だった。ヤツらはG1 TAGのチャンプ、大変な試合になるとは思ったが、タイトルが掛かっていれば、俺たちが必ず勝つ!それをキッチリ証明したよ」
――鈴木みのるに関しては?
バーナード「ヤツは、タフなファイターだ! それは認めよう。今日もスリーパーで10秒?5秒? ヤツに寝かされたよな。だが、ヤツにはリスペクトがない! そこを俺がスズキに次のシリーズで叩き込んでやる!」
アンダーソン「……ヘイ、トーキョースポーツ!これで、今年のベストタッグ賞は決まったろ? いったい誰なんだ? (日本語で)ベストタッグ、ダレ?」
東京スポーツ、岡本記者「え〜、バッドインテンションズです!」
※岡本記者を捕まえて
バーナード「ヘイ、いったい、今日はなんで勝利のビールがねーんだよ! 次、闘うときは、必ず用意しておけよ!」
アンダーソン「(日本語で)ナマビール、フタツクダサーイ!」
バーナード「(日本語で)ナマビール、ヨッツ、クダサーイ!」
岡本記者「オーケー、オーケー……」
アンダーソン「用意しなかったら、ガンスタンだからな? わかったな!」
  
※アーチャーはインタビュー用のイスを扉に投げつける
アーチャー「俺の前から失せやがれ!!」

 
 

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.