新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

The New Beginning

2011/02/20(日)17:00宮城・仙台サンプラザホール  | 観衆  3,200人(超満員札止め)

第7試合30分1本勝負

スペシャルタッグマッチ

[11分29秒]
TTB(Take to the bank)

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 元WWEのスーパースター・MVPが、ついに日本初登場。
 
 試合は、本間とタイチの先発でスタート。タイチがブレイクを無視した不意打ちをかまし、ブーイングを浴びる。
 さらにタイチは、両方の中指を突きたてて真壁を挑発し、ロープへ走る。だが、本間が追走式バックエルボーで反撃し、ショルダータックルで追い討ちをかけた。
 真壁対MVPの場面。ファンの大コールを受けた真壁が、ショルダータックルでMVPを吹き飛ばす。しかし、MVPもすぐにショルダータックルで反撃し、真壁を自軍コーナーへ引き込んだ。
 本間対MVPの場面。MVPがフロントキックで本間を場外へ叩き落とし、プランチャで追撃。これで本間が失速し、MVPとタイチの集中砲火にさらされる展開となる。
 そんな中、MVPは得意のボーリンエルボー、フロントスープレックスで本間に追撃。そしてタイチは、ショートタイツ姿に変身し、側頭部へのキックをお見舞い。そこからブレーンバスターを狙うものの、踏ん張った本間が逆にタイチを投げ捨てた。
 これでようやく出番となった真壁は、パワースラム、串刺しラリアット2連発、額へのパンチ連射、ノーザンライトスープレックスホールドでタイチに追撃。だが、控えのMVPがロープワークをキックで妨害し、そのままタッチを受ける。
 そしてMVPは、真壁にエルボー連打、串刺しフロントハイキックをお見舞い。そこからエルボー合戦となり、打ち勝ったMVPがラリアット。しかし、真壁は倒れずに2発目のラリアットを相打ちに持ち込む。そして、3発目のラリアットをかわし、左のラリアットでMVPをなぎ倒す。
 本間対MVPの場面。本間が、ミサイルキック、串刺しジャンピングエルボーと畳み掛けるが、続いてのコケシはかわされて自爆してしまう。
 するとMVPは、アバランシュホールドで本間に追い討ちをかけ、プレイメーカー(相手の首に脚をかけて決める変型ネックブリーカー)で追い討ち。そして最後は、TTB(両腕をロックしながら極める変型ヘッドロック)で勝利した。
 
 試合後、真壁がチェーンを持って立ちふさがるものの、MVPは遭えて相手にはせず、余裕の表情を浮かべて退場した。

コメント
タイチ「オイ! どうだ? 俺の連れてきた! MVPは? どうだ? 最高で、最強で、カッコイイだろ? 真壁の言ってるMVPとは全然違うんだ! オイ、なんか言ってやれよ?」
MVP「オ・レ・ハ・ブラック・ゴジラ・ダ〜!」
タイチ「ハハハハ!」
MVP「バッド・ゴジラはニュージャパンをロックしたぜ? 今日は、俺のデビュー戦。タイチ、今日はよくやってくれたな? 俺は、WWEとの契約が切れて、やっとニュージャパンに来れてサイコーの気分だぜ。オイ、このマットは“ストロングスタイル”なんだろ? だから、この俺が選んでやったんだ!」
――真壁選手は、日本でスーパースターと呼ばれていますが、どう思います?
MVP「マカベがスーパースターだって? (両手を広げて)俺は世界中で、スーパースターなんだぜ? むしろ、この俺と闘えた気分をマカベに聞け!」
――これからもアナタを新日本で見ることができますか?
MVP「はぁ? おい、トランスレーター? ちゃんと通訳してくれよ? もっとスローに話そうか? 俺はWWEとの契約が終わって、ニュージャパンプロレスリングを選んだ、と言ってるんだ! だから、ここで俺は闘い続けるんだ。わかったか?」
――真壁選手は、あなたにシングル戦を要求してるようだが?
MVP「いつどこだっていいぜ? マカベは、“キングコング”とも呼ばれてるんだろ? 俺は、ブラック・ゴジラ。まさにキングコングvsゴジラだよな? どっちが強いか、決めようか? いますぐにでもいいし、東京ドームだっていい、いつどこだっていいんだ? 俺が“ストロングスタイル”を見せてやるよ!」
タイチ「……だってさ!」
※ 報道陣は苦笑
タイチ「ま、これからコイツが入って、小島軍(仮)は、“4人で”新日本を制圧していくからさ? 頼むぜ、マジで?」
MVP「ヘイ。“ハラジュクガール”はどこにいるんだ? 勝利のビールはどうする?」
タイチ「ノー・ビアー、ノー・ビアー! イッツ・ビッグ・プロブレム!」
MVP「じゃあ、ウィスキー?」(立ち上がって)
タイチ「ノー。ノー・アルコール! ……オイ、“4人で”新日本を制圧してやるからな!」
 
真壁「だいたい初物は俺のとこに来るわな? どこの大物かわかんねぇけどよ? 新日本デビュー戦? 勝ったんだからいいんじゃねぇの? 最後、俺が鎖持ってたろ? 眉一つ動かさねぇな。大したもんだよ。威嚇も含めてよいいじゃねぇか合格点だよ。俺ごときが何で採点だ?冗談じゃねぇ、バカヤロウ!! 俺様だからに決まってんだろ!! このまま引き下がるほど俺はいい子ちゃんじゃねぇからよ。アイツもいい子ちゃんじゃねぇらしいからよ? おもしれぇじゃねかやってやるよ!!」
ーー本当の意味でのMVPは真壁選手だと?
真壁「あたりめぇだよバカヤロウ!! 今日の会場見ただろ!! あいつら黙らせるためにもよ俺がMVPだよ!! わからしてやるよ。新日本のプロレスわからしてやるよ? それでいいだろ。面白くなってきた。それだけだ!」
※本間はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.