新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

KIZUNA ROAD 2014

2014/07/04(金) 18:30 東京・後楽園ホール | 観衆  1,940人(超満員)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから
※この大会はCSサムライTVスカパーオンデマンドにて放送しております。

東京・後楽園ホール
KUSHIDAが飯伏を撃破し、待望のIWGP Jr.初戴冠! デスペラードはまさかの鈴木軍入り!
 
 『KIZUNA ROAD 2014』第3戦の後楽園ホール大会。
 
 第3試合の6人タッグマッチでは、矢野通&桜庭和志、鈴木みのる&飯塚高史が6人タッグマッチで対決。桜庭の健闘も及ばず、YOSHI-HASHIが鈴木のゴッチ式パイルドライバーで沈み、苦杯を舐めた。
 
 第4試合は、エル・デスペラードvsアレックス・シェリーのシングル対決。接戦の末、シェリーがシェリークラッチで3カウントを奪い、『BEST OF THE SUPER Jr. XXI』公式戦の借りを返した。ところが、試合後に鈴木軍のTAKAみちのくが乱入し、デスペラードと結託! 意外な結末となった。
 
 セミファイナルは、棚橋弘至&内藤哲也vs後藤洋央紀&柴田勝頼。『G1 CLIMAX 24』の前哨戦でもあるこの一戦は、両チームが一歩も引かない好勝負となる。しかし、終盤に後藤&柴田が誤爆を連発。その隙を突き、内藤がグロリアからのスターダストプレスで後藤を仕留めた。
 
 メインイベントは、『G1』にも出場するIWGP Jr.ヘビー級王者・飯伏幸太に、『SUPER Jr. XXI』準優勝のKUSHIDAが挑戦する好カード。
 
 ところが、序盤にKUSHIDAが放った倒立式ニールキックが飯伏の頭部を直撃! これが原因で飯伏は動きに精彩を欠き、いいところなくKUSHIDAに敗れ去った。
 
 試合後、デスペラードとTAKAがKUSHIDAを襲撃し、それを田口隆祐が救出。そんな中、デスペラードは田口とKUSHIDAを汚い言葉で激しく挑発。IWGP Jr.挑戦をアピールすると共に、改めて鈴木軍入りを表明した。
 
 だが、KUSHIDAの志はあくまでも高く、「Jr.を俺が引っ張って行きます!」とファンに向かって力強く宣言した。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[06分52秒]
チキンウィングアームロック

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分46秒]
バックドロップホールド

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分10秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

SUPER Jr. スペシャルシングルマッチ

[11分51秒]
シェリークラッチ

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[16分27秒]
レインメーカー→片エビ固め

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[16分27秒]
スターダストプレス→片エビ固め

第7試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

[15分06秒]
ホバーボードロック

※KUSHIDAがIWGPジュニアヘビー級新王者となる。

  • (第67代チャンピオン)
  • ○ KUSHIDA

鈴木軍入りしたデスペラードが挑発!しかし、KUSHIDAの視線はJr.の未来へ!

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.