新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.21

2014/06/21(土) 17:00 大阪府立体育会館〜BODY MAKER コロシアム〜 | 観衆  7,300人(超満員札止め)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから
※この大会はワールドプロレスリングUSTREAMテレ朝動画niconicoスカパーオンデマンドLIVE VIEWINGにて放送しております。

大阪府立体育会館〜BODY MAKER コロシアム〜
ファレがついに完全覚醒! 中邑をKOしてIC王座を獲得!/飯伏が激闘の末にリコシェを下し、IWGP Jr.王座を死守!
 
 2014年の上半期を締めくくるビッグマッチ『DOMINION 6.21』。大阪府立体育会館(BODY MAKERコロシアム)に7,300人(超満員札止め)の大観衆を飲み込み、大激戦が繰り広げられた。
 
 IWGP Jr.タッグ選手権試合は、KUSHIDA&アレックス・シェリーがマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンを破り、IWGP Jr.タッグ王座を奪取。NWA世界タッグ選手権試合は、天山広吉&小島聡がランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.を下し、3度目の防衛に成功した。
 
 『BEST OF THE SUPER Jr. XXI』優勝者のリコシェが飯伏幸太に挑んだIWGP Jr.ヘビー級選手権試合は、好勝負の末に飯伏が王座を死守。試合後、KUSHIDAとエル・デスペラードが飯伏にタイトル戦を迫った。
 
 矢野通と桜庭和志が異色タッグを結成したタッグマッチは、反則絡みで鈴木みのる&飯塚高史が勝利。地獄突き&ゴッチ式パイルドライバーで矢野&桜庭をKOしてしまった。
 
 オカダ・カズチカ&石井智宏vsAJスタイルズ&高橋裕二郎のタッグマッチは、高橋がマイアミシャインで石井に勝利。さらに激しく、NEVER無差別級王座挑戦をアピールした。
 
 セミファイナルは、カール・アンダーソン&ドク・ギャローズvs棚橋弘至&真壁刀義のIWGPタッグ選手権試合。棚橋組がベルト奪取へ肉薄したものの、アンダーソン組が合体殺法マジックキラーで守り抜いた。
 
 メインイベントのIWGPインターコンチネンタル選手権試合・中邑真輔vsバッドラック・ファレは、ついにファレが完全覚醒! 初披露となるダイビングボディプレスから必殺のバッドラックフォールをさく裂させ、中邑を撃破。新王者に輝いた。
 
 このほか、休憩時間前には『G1 CLIMAX 24』の出場メンバーと各大会の主要対戦カードが発表され、場内が何度も大歓声に包まれた。

第1試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPジュニアタッグ選手権試合

[16分50秒]
ホバーボードロック

※KUSHIDA&シェリーがジュニアタッグ王座奪取

第2試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[08分13秒]
スターダストプレス→片エビ固め

第3試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[11分20秒]
裏牛殺し→片エビ固め

第4試合60分1本勝負

試合詳細を見る

NWA世界タッグ選手権試合

[15分26秒]
ラリアット→片エビ固め

※天山&小島が3度目の防衛に成功

第5試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

[13分37秒]
フェニックス・プレックス

  • (チャレンジャー/BOSJ XXI優勝者)
  • × リコシェ

『G1』出場メンバー発表!IWGP王者AJスタイルズが初参戦!

詳細を見る


第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[15分13秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[15分53秒]
マイアミ・シャイン→体固め

第8試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPタッグ選手権試合

[17分41秒]
マジックキラー→片エビ固め

※アンダーソン&ギャローズが5度目の防衛に成功

第9試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

[17分56秒]
バッドラックフォール→片エビ固め

※バッドラック・ファレがIWGPインターコンチネンタル王座を奪取。第9代王者に。

またもやBCがリングを占拠!新IC王者ファレを称える!【エンディング】

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.