新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

WRESTLING WORLD 2014 in 台湾

2014/04/12(土) 19:00 台湾大学総合体育館(NTU Sports Center) | 観衆  2,000人
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから
※この大会はCSサムライTVにて放送しております。

台湾大学総合体育館(NTU Sports Center)
大波乱! 後藤&C・台湾のIWGPタッグ王座挑戦が電撃決定! 石井がNEVER王座、小島がNWAヘビー王座を防衛!
 
 新日本プロレスが台湾に上陸。会場の国立台湾大学総合体育館には熱心なファンが詰め掛け、日本以上と言える熱気に包まれた。
 
 第2試合の8人タッグマッチでは、翌日のIWGP Jr.タッグ王座ナンバーワン・コンテンダーマッチを控えた獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク、ロッキー・ロメロ&アレックス・コズロフがエキサイト。ロメロがタイガーのマスクを剥ぐ暴挙を行ない、大きな遺恨が生まれた。
 
 王者・石井智宏vs挑戦者KUSHIDAのNEVER無差別級選手権試合は、石井が垂直落下式ブレーンバスターで完勝! 試合後、内藤哲也が掲げた『NEVER』シリーズの開催に意を唱え、「あのNEVERとこのNEVER(ベルト)はモノが違う」と言い切った。
 
 第5試合の8人タッグマッチは、後藤洋央紀が昇天・改でタマ・トンガに勝利。そこからIWGPタッグ王者組のカール・アンダーソン&ドク・ギャローズに挑戦表明し、パートナーに“謎のマスクマン”キャプテン・台湾を指名!翌日のタッグマッチがタイトル戦へ変更された。
 
 NWA世界ヘビー級選手権試合は、王者・小島聡が挑戦者ロブ・コンウェイをラリアットで撃破! 翌日行なわれるNWAタッグ選手権試合・天山広吉&小島vsコンウェイ&ジャックス・ダンに弾みをつけた。
 
 メインイベントの6人タッグマッチは、棚橋弘至がハイフライフローで高橋裕二郎に勝利。試合後、熱い声援を送ってくれた台湾のファンに感謝の言葉を述べると、3回のエアギターをプレゼントした。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分54秒]
どどん→片エビ固め

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[12分08秒]
飛びつき回転十字架固め

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[10分51秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第4試合60分1本勝負

試合詳細を見る

NEVER無差別級選手権試合

[12分56秒]
垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

※第3代王者・石井が2度目の防衛に成功

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[08分55秒]
昇天・改→片エビ固め

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

[07分26秒]
スピアー→片エビ固め

  • ○ ジャックス・ダン

第7試合60分1本勝負

試合詳細を見る

NWA世界ヘビー級選手権試合

[09分04秒]
ラリアット→片エビ固め

※王者・小島が2度目の防衛に成功

第8試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャル6人タッグマッチ

[14分48秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.