新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA

2014/02/09(日) 15:00 広島・広島サンプラザホール | 観衆  5,040人(超満員札止め)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

広島・広島サンプラザホール
棚橋がリマッチでも中邑に勝ちIC王座初防衛! 後藤は柴田との友情タッグでオカダ組に勝利! IWGP奪取に弾み!
 
 2大会連続ビッグマッチの第1弾『THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA』。広島サンプラザホールに超満員札止めとなる5,040人の大観衆を集め、全10試合の激闘が繰り広げられた。
 
 今大会からアメリカNWAのビッグダディ・ヤムヤムとマイケル・ターヴァーが参戦。ターヴァーが天山広吉を1.9(顔面パンチ)で撃破し、NWA世界ヘビー級王座を懸けて王者・小島聡に挑戦したヤムヤムは、ラリアットで敗れた。ところが、試合後にターヴァーが乱入して小島を1.9でKO。2月11日大阪で行なわれるタッグ対決に遺恨を作った。
 
 2・11大阪IWGPヘビー級選手権試合の最終前哨戦では、挑戦者の後藤洋央紀が“盟友”柴田勝頼とタッグを結成。王者オカダ・カズチカに合体殺法を食らわせるなど、王座奪取に弾みをつけた。
 
 1月4日東京ドームのリターンマッチとなったIWGPタッグ選手権試合は、王者組のカール・アンダーソン&ドク・ギャローズが、前王者組のランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.を返り討ち。初防衛を果たした。
 
 同じく1・4ドームの再戦となったIWGPインターコンチネンタル選手権試合は、第7代王者の棚橋弘至が前王者であり宿命のライバルである中邑真輔に勝利。勝利のエアギターでは、広島初公開となる新曲も演奏した。
 
 このほかにも、2・11大阪の最終前哨戦が多く組まれ、決戦へ待ったなしの状況となった。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分46秒]
ギターラ・デ・アンヘル

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[05分32秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第3試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[09分16秒]
反則(アイアンフィンガー・フロム・へル)

第4試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

[09分15秒]
1.9(ワンポイント・ナイン)→体固め

  • ○ マイケル・ターヴァー

第5試合60分1本勝負

試合詳細を見る

NWA世界ヘビー級選手権試合

[11分04秒]
ラリアット→片エビ固め

※初防衛に成功

  • (挑戦者)
  • × ビッグダディ・ヤムヤム

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[11分27秒]
垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャル8人タッグマッチ

[11分28秒]
ブラディサンデー→体固め

第8試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[14分38秒]
昇天・改→片エビ固め

第9試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPタッグ選手権試合

[12分08秒]
マジックキラー→片エビ固め

※初防衛に成功

第10試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

[22分32秒]
ドラゴンスープレックスホールド

※初防衛に成功

快勝を収めた棚橋が歓喜のエアギター!広島で新曲を初披露!【エンディング】

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.