新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to POWER STRUGGLE

2013/11/06(水) 18:30 東京・後楽園ホール  | 観衆  1,950人(超満員)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・後楽園ホール
11・9大阪最終前哨戦で“聖地”が爆発! 「Jr. Tag Tournament」はヤングバックスが優勝!デヴィットが菅林会長を暴行!
 
 『Road to POWER STRUGGLE』最終戦の後楽園ホール大会。11月9日大阪『POWER STRUGGLE』を目前にして、最終前哨戦が繰り広げられた。
 
 「Super Jr. Tag Tournament」準決勝戦は、ロッキー・ロメロ&アレックス・コズロフ、マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン(ヤングバックス)が勝利を収め、それぞれ決勝戦へ進出。
 
 第3試合の6人タッグマッチでは、天山広吉のセコンドとして盟友の小島聡が登場。大阪で行なわれる変則タイトルマッチを制し、タッグ二冠王になることをファンに約束した。
 
 永田裕志vs飯塚高史のシングル対決は、矢野通の乱入で飯塚が反則負け。しかし、お構いなしの矢野&飯塚は、試合後に永田をなぶり殺しにし、大阪で予定されているタッグ対決に遺恨を深めた。
 
 本間朋晃vsバットラック・ファレは、ファレが完勝を収め、試合後も本間に追撃しようとする。それを真壁刀義が救出し、大阪のタッグ対決に待ったなしの状況となった。
 
 第6試合はIWGPインターコンチネンタル選手権試合の前哨戦となり、王者・中邑真輔と挑戦者・鈴木みのるが激しく対立。試合後、またもや鈴木が鈴木軍入りを要求するが、中邑はあくまで拒否の姿勢を示した。
 
 第7試合は、IWGP挑戦権利証争奪戦&NEVER王座選手権試合・内藤哲也vs田中将斗、シングルマッチ棚橋弘至vs石井智宏のダブル前哨戦。それぞれ激闘を繰り広げた。
 
 セミファイナルでは、IWGPヘビー級選手権試合の前哨戦が行なわれ、王者オカダ・カズチカと挑戦者カール・アンダーソンが激しく激突。最後はアンダーソンがYOSHI-HASHIにガンスタンを決め、プリンス・デヴィットがブラディサンデーでダメ押しした。
 
 メインイベントの「Super Jr. Tag Tournament」決勝戦は、ロメロ&コズロフとマット&ニックが白熱の好勝負を展開。ところが、終盤にレフェリー不在の事態が勃発し、両軍のセコンドが入り乱れる大荒れの展開になってしまう。
 
 そんな中、ヤングバックスが連携殺法でコズロフを轟沈し、「Super Jr. Tag Tournament」を制覇。優勝セレモニーでは、デヴィットが菅林直樹会長を暴行し、飯伏幸太と一触即発の事態に陥る。そしてアンダーソンが、IWGP奪取を宣言した。

第1試合時間無制限1本勝負

試合詳細を見る

Super Jr. Tag Tournament 2013準決勝戦

[09分31秒]
片エビ固め

※ヤングバックスが決勝戦に進出決定。

第2試合時間無制限1本勝負

試合詳細を見る

Super Jr. Tag Tournament 2013準決勝戦

[10分28秒]
コントラクトキラー→体固め

※フォーエバーフーリガンズが決勝戦に進出決定。

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分50秒]
アナコンダバイス

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分22秒]
反則

第5試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[06分32秒]
K.O.

2014年5月25日、横浜アリーナ大会を11年ぶりに開催!

詳細を見る

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

  • × バレッタ
  • ブライアン・ケンドリック
  • 中邑 真輔

[13分48秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[09分58秒]
キングコングニードロップ→片エビ固め

第8試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[10分17秒]
ブラディサンデー→体固め

第9試合時間無制限1本勝負

試合詳細を見る

Super Jr. Tag Tournament 2013 決勝戦

[19分13秒]
モアバング4ユアバック→片エビ固め

※ヤングバックスが「Super Jr. Tag Tournament2013」優勝。

デヴィットが菅林会長を暴行!飯伏と一触即発!アンダーソンはIWGP初戴冠を予告!

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.