新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

2013/07/05(金) 18:30 東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・後楽園ホール
デヴィットが大健闘の外道を撃破! オカダが「カタキを取る」と約束!/『G1』に飯伏幸太の出場が決定!
 
 『吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013』の開幕戦として行なわれた後楽園ホール大会。シリーズ最終戦7月20日秋田大会へ向けた試合が多く組まれた。
 
 第1試合では「IWGPタッグ戦」の前哨戦となり、王者組の天山広吉&小島聡と“ベルト泥棒”の矢野通&飯塚高史が対決。矢野&飯塚が暴走して反則負けとなった。
 
 第3試合は、「IWGP Jr.タッグ戦」ロッキー・ロメロ&アレックス・コズロフvsTAKAみちのく&タイチと「シングルマッチ」石井智宏vs鈴木みのるのダブル前哨戦となり、鈴木の乱入からタイチがローフライフローでコズロフに勝利。すると、激怒した石井が鈴木に襲い掛かり、規格外の激しい番外戦を繰り広げた。
 
 第4試合は、「IWGPインターコンチネンタル戦」ラ・ソンブラvs中邑真輔と「NEVER無差別戦」田中将斗vs内藤哲也のダブル前哨戦となり、両陣営が激しいつばぜり合いを展開した。
 
 セミファイナルでは、テリブレ&タマ・トンガのCMLL世界タッグ王座に棚橋弘至&獣神サンダー・ライガーが挑戦。メキシコルールで行なわれたこの一戦は、一進一退の攻防の末、棚橋がハイフライフローでテリブレに勝利!見事に新王者となった。
 
 メインイベントは、プリンス・デヴィットvs外道の「IWGP Jr.選手権試合」。大コールでファンの後押しを受けた外道が、いぶし銀のインサイドワークで王者に肉薄!しかし、あと一歩及ばず、ブラディサンデーで敗れ去った。
 
 試合後、デヴィットは7・20秋田で闘うIWGPヘビー級王者・オカダを挑発。するとオカダは、「きっちり外道さんのカタキを取ってやる」と返り討ちを宣言した。
 
 また、今大会では8月1日に開幕する『G1 CLIMAX 23』の出場メンバーが発表され、初出場の飯伏幸太がファンに挨拶。場内が大きな期待感に包まれた。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分08秒]
反則

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[11分02秒]
腕ひしぎ逆十字固め

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[11分38秒]
ローフライフロー

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[12分52秒]
東京ピンプス→体固め

飯伏幸太が参戦表明!『G1CLIMAX』出場全選手発表!

詳細を見る

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[09分22秒]
グラネード→体固め

第6試合60分1本勝負

試合詳細を見る

CMLL世界タッグ選手権試合

[12分12秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

※棚橋&ライガー組が王座奪取

第7試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

[18分11秒]
ブラディサンデー→体固め

※デヴィットが4度目の防衛に成功

  • (第66代王者)
  • ○ プリンス・デヴィット

デヴィットの挑発にオカダが宣言!「秋田で外道さんのカタキを取ってやる!」【勝利者セレモニー】

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.