新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to INVASION ATTACK

2013/04/05(金) 18:30 東京・後楽園ホール | 観衆  1,800人
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・後楽園ホール
4・7両国の前哨戦が満載! IWGPタッグはアーチャー&スミス、IWGP Jr.はデヴィットが防衛に成功!
 
 『Road to INVASION ATTACK』と銘打って開催された後楽園ホール大会。2日後に行われる両国国技館大会に向け、激しい前哨戦が繰り広げられた。
 
 第1試合では、両国のIWGP Jr.タッグ戦を控えたKUSHIDAと田口隆祐がシングル対決。終盤の丸め込み合戦を田口が制し、勝利のタグダンスでKUSHIDAを挑発した。
 
 第3試合では、因縁の真壁刀義と高橋裕二郎が6人タッグ戦で激突。それぞれのパートナーである本間朋晃と田中将斗がセコンドにつき、本番さながらにやりあった。
 
 第4試合では、両国の一騎打ちを控えた矢野通と鈴木みのるが、タッグマッチで対決。またもや矢野が鈴木を出し抜き、反則勝ちをせしめた。
 
 棚橋弘至とオカダ・カズチカが対峙したIWGPヘビー選手権試合の前哨戦は、オカダがレッドインクでBUSHIに勝利。不敵な笑みを浮かべ、王者・棚橋にプレッシャーをかけた。
 
 セミファイナルのIWGP Jr.ヘビー級選手権試合は、王者プリンス・デヴィットが挑戦者アレックス・シェリーを撃破。試合後、シェリーを踏みつける暴走行為で、両国のIWGP Jr.タッグ戦に禍根を残した。
 
 メインイベントのIWGPタッグ選手権試合は、ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.が中邑真輔&石井智宏の挑戦を退け、4度目の防衛に成功。試合後は、両国でIWGPインターコンチネンタル戦を行なう中邑とスミスが、挑発合戦を繰り広げた。
 
 その上、中西学が現われ、ストロングマンとのタッグでIWGPタッグに挑戦することを表明。さらに、天山広吉&小島聡も、アーチャー&スミスにタイトル戦を要求。そして、矢野がどさくさに紛れて2本のベルトを奪おうとするなど、タッグタイトル戦線が一気に活性化の兆しを見せた。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

Road to INVASION ATTACK I

[08分47秒]
エビ固め

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

Road to INVASION ATTACK II

[08分01秒]
バックドロップホールド

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

Road to INVASION ATTACK III

[10分29秒]
ラリアット→片エビ固め

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

Road to INVASION ATTACK IV

[07分54秒]
反則

NWA世界ヘビー級王者ロブ・コンウェイが登場!挑戦者・小島と一触即発!

詳細を見る

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

Road to INVASION ATTACK V

[12分15秒]
レッドインク

第6試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • (第66代王者)
  • ○ プリンス・デヴィット

[17分38秒]
ブラディサンデー→片エビ固め

※デヴィットが3度目の防衛に成功。

第7試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPタッグ選手権試合

[20分47秒]
キラーボム→エビ固め

※KESが4度目の防衛に成功。

中西、テンコジがIWGPタッグ挑戦表明!矢野がベルト強奪失敗!鈴木軍がリングを占拠!【エンディング】

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.