新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

旗揚げ記念日

2013/03/03(日) 18:30 東京・後楽園ホール | 観衆  2,015人(超満員札止め)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・後楽園ホール
ヘビーvsJr.のIWGP王者対決は棚橋が激勝! 中邑がアーチャーをボマイェ葬!イリミネーションマッチは鈴木軍が勝利!
 
 創立41周年を記念したスペシャル興行『旗揚げ記念日』。チケットは前売り段階でソールドアウト状態。当日券(立ち見券のみ)も瞬く間に、売り切れて2,015人(超満員札止め)をマークする大盛況となった。
  
 第2試合では、スーパー・ストロング・マシンが1年7ヶ月ぶりに復活。ファンの祝福を受けた。第3試合のIWGP Jr.タッグ選手権試合は、王者組のKUSHIDA&シェリーが、ベテランコンビのライガー&タイガーを撃破。しかし、即座にライガーたちが再戦を要求し、KUSHIDAもそれを快諾した。しかし、バックステージでは、田口隆祐がKUSHIDA&シェリーに、Apollo55の挑戦を要求。はたして、次期挑戦チームはどうなるのか?
  
 第4試合の8人タッグマッチでは、因縁の真壁刀義と高橋裕二郎が対戦。終盤、真壁が得意技でYOSHI-HASHIを追い込むと、高橋が乱入して雪崩式フロントスープレックス。さらに、チェーンラリアット&ぶっこ抜きジャーマンでKOすると、「チェーン貸してくれてサンキューな!」などと言って真壁を挑発した。
 
 CHAOSvs鈴木軍のイリミネーションマッチは、両軍が一歩も譲らない名勝負を展開。最後はオカダと鈴木の一騎打ちとなり、オーバー・ザ・トップロープで勝利した鈴木が、オカダとCHAOSを激しく罵倒した。
 
 中邑とアーチャーが激突したIWGPインターコンチネンタル選手権試合は、アーチャーの猛攻をしのいだ中邑が激勝! 6度目の防衛を果たし、「イヤァオ!!」の雄たけびで鈴木軍に宣戦布告した。
 
 ヘビーとJr.のIWGP王者が激突したメインイベントは、棚橋弘至がハイフライフローで勝利。敗れたプリンス・デヴィットはなおもエキサイトし、棚橋を突き飛ばして退場した・・・。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

旗揚げ記念日オープニングマッチ

[08分43秒]
逆片エビ固め

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[09分23秒]
ガンスタン→片エビ固め

第3試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGP Jr.タッグ選手権試合

[11分22秒]
シェリークラッチ

※王者組が2度目の防衛に成功。

第4試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[12分27秒]
反則

第5試合無制限1本勝負

試合詳細を見る

イリミネーションマッチ

[19分50秒]
オーバー・ザ・トップロープ

※鈴木軍の1人残り。退場詳細は本文に掲載。

第6試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

[15分01秒]
ボマイェ→片エビ固め

※中邑が6度目の防衛に成功。

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

旗揚げ記念日スペシャルシングルマッチ

[17分43秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.