新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour WORLD TAG LEAGUE 2012

2012/12/02(日) 16:00 愛知・愛知県体育館 | 観衆  8,500(超満員)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

愛知・愛知県体育館
後藤&アンダーソンが『WORLD TAG LEAGUE』を制覇! 1・4ドームのIWGPタッグ挑戦をアピール!
 
 『WORLD TAG LEAGUE 2012』最終戦として行なわれた名古屋大会。過酷なリーグ戦を勝ち抜いた4チームが、最後の決勝トーナメントに臨んだ。
 
 まずは、Aブロック1位の真壁刀義&井上亘が、Bブロック2位のランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.と対戦。終盤、アーチャーがブラックアウトで真壁をKOし、孤立した井上がキラーボムで沈んだ。
 
 続いて、Bブロック1位の天山広吉&小島聡が、Aブロック2位の後藤洋央紀&カール・アンダーソンと対決。この一戦は、タッグの老舗であるテンコジが勝利を目前にしたものの、天山のムーンサルトプレスが不発となって戦況が一変。後藤が昇天・改で小島を蹴散らし、後藤式で天山から3カウントを奪取した。
 
 こうして決勝戦は後藤組vsアーチャー組となり、IWGPタッグ王者のアーチャーとスミスが大技攻勢に出る。だが、後藤の好アシストが功を奏し、アンダーソンが必殺のガンスタンでスミスをKO。見事にタッグの頂点へ立った。
 
 試合後、後藤とアンダーソンは、1月4日東京ドームでのIWGPタッグ王座挑戦をアピール。そして後藤が、歓喜の万歳三唱をファンと行なった。
 
 第7試合の中邑真輔&石井智宏vs桜庭和志&柴田勝頼は、1月4日東京ドームでIWGPインターコンチネンタル選手権試合を行なう中邑と桜庭が初対決。そんな中、石井が持ち前のケンカ強さを発揮したが、最後はサクラバロックで惜しくも敗れた。すると、ドーム大会で柴田とシングル対戦する真壁が現われ、激しい番外戦を繰り広げた。
 
 第5試合の中西学&ストロングマンvs矢野通&飯塚高史は、またもや飯塚がテレビ朝日の野上慎平アナウンサーを襲撃。さらに、田中将斗&高橋裕二郎が乱入して試合がブチ壊し、そこへMVPとシェルトン・ベンジャミンが加わって8人タッグ戦になる波乱の展開。
 
 だが、この試合も大荒れとなり、飯塚が暴走して反則負け。そして、またしても野上アナに襲い掛かるが、中西が身を挺して守った。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[11分41秒]
タイチ式外道クラッチ

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

  • × ディアマンテ・アスル
  • ルーシュ

[08分21秒]
スワントーンボム→片エビ固め

第3試合時間無制限1本勝負

試合詳細を見る

『WORLD TAG LEAGUE 2012』準決勝戦

[12分10秒]
キラーボム→エビ固め

※ランス&スミス組が決勝戦に進出。

第4試合時間無制限1本勝負

試合詳細を見る

『WORLD TAG LEAGUE 2012』準決勝戦

[14分41秒]
後藤式

※後藤&アンダーソン組が決勝進出。

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[03分50秒]
反則

※コンプリートプレイヤーズ乱入。第6試合を8人タッグに変更。

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[07分53秒]
反則

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[09分20秒]
サクラバロック

第8試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[15分22秒]
レインメーカー→片エビ固め

第9試合時間無制限1本勝負

試合詳細を見る

『WORLD TAG LEAGUE 2012』決勝戦

[15分36秒]
ガンスタン→片エビ固め

※後藤&アンダーソン組が『WORLD TAG LEAGUE 2012』を制す。

後藤が勝利の万歳三唱!そして、1・4東京ドームでのIWGPタッグ挑戦を宣言!/優勝セレモニー

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.