新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

「J SPORTS CROWN」 〜無差別級6人タッグトーナメント〜

2011/06/23(木) 19:00 東京・ディファ有明 | 観衆  400人(超満員)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

東京・ディファ有明
大激戦の「無差別級6人タッグトーナメント」は、後藤&デヴィット&田口が2連覇を達成!
 
 J SPORTSが主催し、完全生中継を行なう3夜連続の特別興行「J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜」。いよいよ最終日を迎えた。
 
 IWGPタッグ&GHCタッグの二冠王となったジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンが、CMLL世界ミドル級王者の獣神サンダー・ライガーと合体した強力トリオは、矢野通&飯塚高史&石井智宏のCHAOS軍団と激突。反則殺法に苦戦を強いられたものの、後半の巻き返しに成功。アンダーソンがガンスタンで石井を下し、決勝戦へ進出した。
 
 もう一つの準決勝戦には、前年度覇者のApollo555=後藤洋央紀&プリンス・デヴィット&田口隆祐が登場。真壁刀義&本間朋晃&小島聡と対決した。この試合は、本間の奮闘が好を奏して真壁組が勝利を手繰り寄せるが、後藤が隠し技の後藤式(足極めエビ固め)で3カウントを奪取した。
 
 これにより、後藤組とバーナード組がメインイベントで対峙。決勝戦にふさわしい好勝負を展開してファンを熱狂させる。そして終盤、後藤が捕まってマジックキラーを食らうものの、田口たちのフォローで3カウントは回避。すると後藤は、アンダーソンのガンスタンを回避して、顔面へのヘッドバット。そして最後は、昇天・改でアンダーソンを仕留め、見事に2連覇を達成した。
 
 なお、セミファイナルで行なわれたKUSHIDAとブライアン・ケンドリックのシングルマッチは、KUSHIDAが底力を見せ付けてミッドナイトエクスプレスで完勝。「DOMINION 6.18」から続いていた遺恨に決着をつけた。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[07分46秒]
マフラーホールド

  • ○ 円華
  • 菊地毅

第2試合無制限1本勝負

試合詳細を見る

「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」準決勝戦

[08分06秒]
ガン・スタン→片エビ固め

※バーナード組がトーナメント決勝に進出。

第3試合無制限1本勝負

試合詳細を見る

「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」準決勝戦

[11分46秒]
後藤式

※後藤組がトーナメント決勝に進出。

第4試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[10分16秒]
ファイナルデイズ→片エビ固め

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[17分11秒]
東京ピンプス→片エビ固め

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

[08分04秒]
ミッドナイトエクスプレス→片エビ固め

  • × ブライアン・ケンドリック

第7試合無制限1本勝負

試合詳細を見る

「J SPORTS CROWN 無差別級6人タッグトーナメント」決勝戦

[13分50秒]
昇天・改→片エビ固め

※後藤組がトーナメント優勝を果たす。

優勝セレモニー

詳細を見る

Apollo555が見事な2連覇!「この3人に注目して下さい!」(後藤)

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.