新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NEW JAPAN SOUL 2011

2011/07/18(月) 15:00 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ | 観衆  5,800人
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
“エース”棚橋が思い出の地・札幌でバーナードを撃破! “外敵”鈴木は小島に完勝を収め、早くも『G1』優勝宣言!
 
 「NEW JAPAN SOUL 2011」最終戦・札幌大会。夏に開催される『G1 CLIMAX』を目前にして、注目の全10試合が行なわれた。
 
 IWGPヘビー級王者の棚橋弘至は、5年前の2006年7月17日、王座決定トーナメントを制して同王座を初戴冠した思い出の地で、そのとき決勝戦で闘ったバーナードを相手に防衛戦を敢行。
 
 27分に及ぶ死闘をダルマ式ジャーマンスープレックスで勝利すると、ファンの期待に応えてエアギターを3連続で披露。さらに「あと1回!」の声がかかると、「大丈夫だ。来年も棚橋はチャンピオンで帰って来るから」と札幌のファンに約束した。
 
 セミファイナルで行なわれた小島聡と鈴木みのるの一騎打ちは、序盤から激しい攻防となる。そんな中、鈴木がウエスタンラリアットをかわし、スリーパーホールドからゴッチ式パイルドライバーで勝利。昨年の『G1』覇者を撃破した鈴木は、早くも今年の『G1』制覇を高らかに宣言した。
 
 MVPvs矢野通のIWGPインターコンチネンタル選手権試合は、王者・MVPがしつこい矢野を返り討ち。さんざん挑発のネタに使われた袋詰めされた自分の髪の毛を奪い取ると、それを矢野の口の中にねじ込んで復讐を終えた。ところが、その直後に田中将斗が乱入し、竹刀攻撃をお見舞い。新たな遺恨が生まれた。
 
 第4試合に出場した永田裕志は、“錯乱のチョーク魔”に変貌したかつての愛弟子・平澤光秀ことヒデオ・サイトーと一騎打ち。愛と憎しみの入り混じった攻撃を容赦なく叩き込んで行く。ところが、サイトーの反則暴走負けという結果になり、永田の悲願は次へと持ち越しとなってしまった。

第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

  • × キラーラビット
  • × キラーラビット
  • 本間 朋晃
  • ストロングマン

[09分38秒]
東京ピンプス→片エビ固め

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[07分55秒]
空中胴締め落とし→体固め

  • × エクトール・ガルサ

第3試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[10分28秒]
ボマイェ→片エビ固め

第4試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[09分56秒]
反則

  • × ヒデオ・サイトー

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[07分18秒]
リバースダブルアームバー

第6試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[15分29秒]
ブラックサンデー→エビ固め

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

[10分20秒]
昇天・改→片エビ固め

第8試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • (初代王者)
  • ○ MVP

[12分03秒]
TTB

※MVPが2度目の防衛に成功。

第9試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

[13分39秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第10試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPヘビー級選手権試合

[27分54秒]
ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド

※棚橋が6度目の防衛に成功。

  • (挑戦者)
  • × ジャイアント・バーナード

勝利者セレモニー

詳細を見る

思い出の地で棚橋がV6を達成!「来年もチャンピオンで帰って来る」と札幌のファンに約束!

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.