新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

大会情報TOPへ戻る

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

DOMINION 6.18

2011/06/18(土) 18:00 大阪・大阪府立体育会館 | 観衆  6,200人(超満員札止め)
※試合速報の詳細を、リアルタイムでご覧頂くにはファンクラブに入会する必要があります。ファンクラブ会員の方はこちらから

大阪・大阪府立体育会館
後藤を下してIWGP王座を防衛した棚橋がバーナードの挑戦を受託! さらにタッグ王座挑戦のため後藤をパートナーに指名!
 
 上半期最大のビッグマッチ「DOMINION 6.18」大阪大会。詰めかけた6,200人(超満員札止め)のファンが、激闘の数々に酔いしれた。
 
 第5試合で行なわれた注目のNO LIMIT対決は、高橋裕二郎が内藤哲也に勝利。試合後には、コンプリートプレイヤーズの面々と内藤をなぶり殺しにし、救援に入った本間朋晃も一蹴した。
 
 第6試合のIWGP Jr.ヘビー級選手権試合は、「BEST OF THE SUPER Jr.XVIII」覇者の飯伏幸太が、王者・プリンス・デヴィットを撃破! またひとつ、少年時代からの夢を実現させた。まさかの王座流出に際し、菅林直樹社長は早期奪還に動くことを明言。飯伏が所属するDDTプロレスリングへ次期挑戦者を送り込むことも匂わせた。
 
 第7試合のタッグマッチには、電撃合体を果たした真壁刀義と小島聡が登場。鈴木みのる&ランス・アーチャーと対戦した。しかし、アーチャーの善戦もあり、鈴木の侵攻を食い止めることができず。ゴッチ式パイルドライバーで小島が沈み、最後はダブルノックダウンという醜態をさらしてしまった。
 
 セミファイナルは、IWGPタッグ&GHCタッグのダブルタイトルマッチ。新日本最強のジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンとノア最強の高山善廣&佐野巧真が激闘を繰り広げた。どちらが勝ってもおかしくない展開の中、バーナードのツームストンパイルドライバーが佐野に炸裂!バッドインテンションズがタッグ二冠王を達成した。
 
 メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合は、25分を超える死闘の末に、王者・棚橋弘至が挑戦者・後藤洋央紀を返り討ち。5度目の防衛を果たした。
 
 試合後、棚橋の前にバッドインテンションズが現われ、バーナードが棚橋のIWGP王座へ挑戦表明。すると、棚橋はこれを受諾した上で、バッドインテンションズが持つタッグタイトルへの挑戦を宣言。なんと、その場にいた後藤をパートナーに指名した。

仮面ライダーショー

詳細を見る

オーズ&バースが大迫力バトルを展開!噂のライダーGIRLSも登場!!


第1試合20分1本勝負

試合詳細を見る

  • ○ 金本 浩二

[03分04秒]
逆片エビ固め

第2試合20分1本勝負

試合詳細を見る

[08分33秒]
スライス・ブレッド#2→片エビ固め

  • ○ ブライアン・ケンドリック
  • 邪道
  • 外道
  • ※キラー・ラビットからブライアン・ケンドリックにパートナー変更。

第3試合60分1本勝負

試合詳細を見る

CMLL世界ウェルター級選手権試合

[08分26秒]
エビ固め

※田口が3度目の防衛に失敗。マスカラ・ドラダが新王者となる。

第4試合30分1本勝負

試合詳細を見る

[09分12秒]
バックドロップホールド

第5試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

[11分12秒]
東京ピンプス→片エビ固め

第6試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

[13分49秒]
フェニックススプラッシュ→片エビ固め

※王者デヴィットが8度目の防衛に失敗。飯伏幸太が第61代IWGP Jr.王者となる。

第7試合30分1本勝負

試合詳細を見る

スペシャルタッグマッチ

[12分39秒]
ゴッチ式パイルドライバー→体固め

第8試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • (初代王者)
  • ○ MVP

[10分50秒]
レッグロールクラッチホールド

※MVPが初防衛に成功。

第9試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPタッグ・GHCタッグダブル選手権試合

[12分03秒]
ツームストーンパイルドライバー→エビ固め

※バーナード&アンダーソン組がIWGPタッグ王座8度目の防衛、ならびに第22代GHCタッグ王者となる。

  • (第21代GHCタッグ王者組)
  • × 佐野巧真
  • 高山 善廣

第10試合60分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPヘビー級選手権試合

[25分28秒]
ハイフライフロー→片エビ固め

※棚橋が5度目の防衛に成功。

勝利者セレモニー

詳細を見る

バーナードに挑戦表明された棚橋が、タッグ王座に“逆”挑戦表明!後藤とまさかの合体!

菅林社長のコメント

詳細を見る

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.