新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW 40th anniversary Tour WORLD TAG LEAGUE 2012

2012/12/02(日)16:00愛知・愛知県体育館 | 観衆  8,500(超満員)

第6試合30分1本勝負

[07分53秒]
反則

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 田中と高橋の乱入により、大混乱に陥った第5試合。そこに、田中組の対戦相手であるMVPとベンジャミンが飛び込み、中西とストロングマンを救出した。
 
 ここで中西がマイクを掴み、「このクソヤローが!! ただで済むと思うなよ!! 上がって来い、オラ!! 8人タッグじゃ!」と絶叫。そして、「オイ! オイ! オイ! オイ! オイ!・・・」とリズムを取ってファンを煽ると、ベンジャミンが矢野たちにノータッチトペコンヒーロをお見舞い。そのまま8人タッグマッチが開始された。
 
 勢いに乗るベンジャミンが田中に串刺しボディアタックを見舞えば、替わったMVPは高橋にカウンターフロントスープレックス、串刺しラリアット連射、フェースクラッシャー、ボーリンエルボーと、得意技を連発。
 ところが、矢野が場外からイスで殴り、MVPの動きがストップしてしまう。これで両軍入り乱れての激しい場外戦となり、矢野組がダーティーファイトで試合の主導権を握る。
 これでMVPが孤立し、田中の串刺しジャンピングエルボー、矢野の木づち攻撃&金具攻撃、飯塚のチョーク攻撃などで大ピンチに陥る。追い込まれたMVPは、エルボー連打、ショートレンジラリアットで飯塚に逆襲。
 中西対飯塚の場面。中西がハンマースルーを踏ん張り、のど輪ラリアットをお見舞い。さらに、串刺しラリアット2連発、ブレーンバスタースラム、ジャンピングニードロップに繋ぐ。
 すると、矢野たちが乱入するが、ストロングマンが中西を救出。矢野と飯塚をコーナーへ重ねると、中西、ストロングマンの順で串刺しラリアットを浴びせる。
 続いて中西とストロングマンは、ダブル野人ダンスラリアットで矢野と飯塚をなぎ倒し、ストロングマンが矢野、中西が飯塚にアルゼンチンバックブリーカー。ところが、田中が竹刀攻撃でカット。
 さらに、矢野が中西を押さえつけると、飯塚がアイアン・フィンガー・フロム・ヘルを装備。そして、マーティー浅見レフェリー突き飛ばして中西に地獄突きを見舞い、反則負けとなった。
 
 試合終了直後、飯塚が野上アナに襲い掛かり、リング内へ押し込む。だが、中西が上から覆いかぶさり、野上アナをイス攻撃から守った。
 すると矢野と飯塚は、パイプイスを中西の首に掛け、左右から力任せに引っ張って大ダメージを負わせた。

コメント
中西「アーッ!クソ!」
MVP「レッスルキングダムで、オマエと俺とストロングマンで、アイツらをやってやろう!」
中西「オイ!俺とコイツも一緒に、ストロングマン、コンビ組んで、アイツらブッ潰すぞ!オマエもできることやれ!(と言って野上アナの首を左手で鷲掴みする)」
野上アナ「ハイ!やらせてもらいます!!」
中西「わかったか!オラ!」
野上アナ「イスでやられてる間、誰が助けてくれてるか、僕はわかりませんでした!中西選手だとわかって、ホントありがとうございます!」
中西「自分のできることやれ!それ以上のことは、俺はなんも言わん!絶対倒すからなアイツらを!『首洗って待っとけ!』言うとけオラ!好きにさすかオマエ!俺が新日本帰って来てんぞ!(と言って控室へ)」
野上アナ「ありがとうございました!中西選手ありがとうございました!行きますよ!行きます!もし、中西さんが、飯塚戦を闘うっていう試合が組まれたら、絶対自分が実況します!『できることやれ』って言われたんで、絶対自分が実況します!最後まで実況続けます!もしやられても、絶対最後まで諦めないで実況続けます!もうこれは一生忘れません!ホント一生忘れません!やっぱり永田さんが“盟友”だって認める中西だけあって、ホント、胸打たれましたんで。ホント、やってやりますよ絶対!自分も男見せますよホントに!自分、こんな気持ちになったの初めてですよ。マジで!やってやります!」
※ストロングマン、ベンジャミンはノーコメント

※田中、高橋、矢野、飯塚はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.