Road to THE NEW BEGINNING

日時
2018年2月5日(月)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,604人(満員)

第8試合 時間無制限
スペシャルイリミネーションマッチ

【その他の試合結果】
(10分32秒 OTT)ヒロム× 
(10分43秒 OTT)オスプレイ× 
(12分19秒 OTT)内藤× 
(13分45秒 反則)外道× 
(14分00秒 OTT)BUSHI× 
(16分57秒 OTT)SANADA× 
(17分01秒 OTT)オカダ×
(19分22秒 OTT)後藤× 
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 2・10大阪で行われるIWGPヘビー戦オカダvsSANADA、NEVER戦・後藤vsEVIL、IWGP Jr.戦オスプレイvsヒロム、シングルマッチ内藤vsYOSHI-HASHI、外道vsBUSHI、2・6後楽園で行われるIWGPタッグ戦SANADA&EVILvsオカダ&後藤の“6重”前哨対決として、CHAOSとLOS INGOBERNABLES de JAPONがイリミネーションマッチで激突。

 まずはL・I・Jが1人ずつ入場し、内藤が放送席の天山の挑発。そこからCHAOSが一斉に登場し、オスプレイ対ヒロムで試合がスタート。すると、オスプレイが出合い頭のドロップキックでヒロムを吹き飛ばす。
 続いてオスプレイはヒロムをニュートラルコーナーへ追い込んでエルボー連打を浴びせ、串刺し攻撃を狙って対角コーナーへ走る。だが、ヒロムが追走式串刺しラリアットで挽回。
 その直後、ヒロムが低空ドロップキックを放つも、オスプレイが回避。だが、ヒロムもオスプレイのローキックとその場飛びムーンサルトプレスをかわす。
 そこからオスプレイはハンドスプリング攻撃を狙うが、ヒロムが受け止めてジャーマンスープレックスを仕掛ける。しかし、オスプレイが脱出してスピンキックを放ち、かわされた直後にサマーソルトキック→延髄斬りの連続攻撃を食らわせた。
 これでヒロムの動きが止まると、オカダ&後藤&オスプレイ&外道が波状攻撃を見舞い、一斉に両手を広げてポーズ。その後、ヒロムが外道をオーバー・ザ・トップロープ(OTTR)で失格させようとするが、オスプレイが阻止。
 ここからCHAOSが外道に集中攻撃を仕掛け、ラフプレーで徹底的に痛めつける。しかし外道は、EVILのセントーンを回避し、SANADAにトラースキックを見舞って脱出。
 ここでタッチを受けたオカダは、EVILとSANADAを衝突させ、DDTでEVILを突き刺す。そして、乱入したBUSHIにSANADAの串刺しバックエルボーを誤爆させ、SANADAをフラップジャックで叩きつけた。
 続いて後藤が登場し、オカダとの連携攻撃でSANADAに追い討ち。だが、SANADAがカウンターバックエルボーを後藤に浴びせ、低空ドロップキックで逆転。
 後藤対EVILとなり、EVILが串刺しローリングラリアットをお見舞い。だが、後藤がラリアットの相打ちへ持ち込み、カウンターラリアットで競り勝つ。しかし、EVILが後藤の脚を取って海野レフェリーに持たせ、トラースキックで逆襲した。
 オスプレイ対ヒロムとなり、オスプレイが串刺しジャンピングバックエルボーから串刺し低空ドロップキックを発射。これはヒロムが回避するも、オスプレイがコーナーを利用してハイキックを浴びせ、ハンドスプリングオーバーヘッドキックを食らわせる。
 オスプレイの攻勢は続き、その場飛びトルニージョからリバースブラディサンデーの体勢に入る。これをヒロムが抵抗するも、オスプレイが脚を取ってハイキックを見舞い、ロープへ走る。ところが、ヒロムがカウンタージャンピングパワーボムで逆転。
 さらにヒロムはファルコンアローで追い討ちをかけるが、オスプレイがコーナー最上段へ固定し、トラースキックで顔面を撃ち抜く。
 続いてオスプレイはオスカッターを狙ってセカンドロープへ飛び乗るが、ヒロムが背後から突き飛ばす。これでオスプレイはトップロープ越しにエプロンへ転落するが、ロープを掴んでOTTRを回避。
 そこからオスプレイはスワンダイブ攻撃を狙うが、BUSHIが場外から妨害し、ヒロムがトップロープ越しにカナディアンデストロイヤーを敢行。先に両脚がついて失格になってしまう。一方、オスプレイは両手でセカンドロープを掴んで踏ん張るが、内藤にツバを吐かれて思わず手を離し、場外へ転落してしまった。
 その直後、YOSHI-HASHIがヘッドシザースホイップで内藤を投げ飛ばす。しかし、BUSHIがYOSHI-HASHIに延髄斬りを見舞い、内藤がネックブリーカーで逆転。
 これでYOSHI-HASHIが孤立し、EVILの串刺しラリアットから内藤が低空ドロップキック。そして、内藤が雪崩式攻撃を仕掛けるも、YOSHI-HASHIが抵抗し、ハイアングルパワーボムの体勢に入る。これを内藤が逃れてフェイント式延髄斬りを見舞い、ロープを使ってスイングDDTに行く。しかし、YOSHI-HASHIがエプロンへ追いやり、低空ドロップキックで吹き飛ばす。すると内藤は、両脚のつま先をサードロープにかけ、辛うじてOTTRを回避。だが、YOSHI-HASHIがロープへ走って低空ドロップキックを食らわせ、今度こそ内藤を失格させた。
 外道対BUSHIとなり、YOSHI-HASHIのヘッドハンターから外道がチンクラッシャー、トラースキック。そして、BUSHIのマスクを剥がしにかかる。
 それを海野レフェリーが制止すると、BUSHIがフェイント式ニールキック、コードブレイカーで逆襲。そして、コーナー2段目からエムエックスを繰り出すが、外道が身をかわし、BUSHIのマスクを完全に剥ぎ取ってしまう。それを海野レフェリーが目撃し、外道を反則負けにした。
 その直後、BUSHIがTシャツで顔を隠していると、YOSHI-HASHIが後ろから襲い掛かり、場外へ投げ捨てて失格させる。そこからオカダ対SANADAとなり、エルボー合戦でSANADAが競り勝つ。だが、オカダがリバースネックブリーカーで逆転。
 さらにオカダは、ダイビングエルボードロップからレインメーカーポーズ。そして、レインメーカーを繰り出すも、SANADAが回避してSkull Endを極める。しかし、YOSHI-HASHIがカット。
 その後、SANADAがスワンダイブ攻撃に行くが、オカダがエルボーで撃墜。ここでオカダは、エプロン上のSANADAを落とそうとロープへ走る。しかし、SANADAがトップロープをずらしてオカダをエプロンへ引き込む。
 エプロン上の攻防となり、SANADAがSkull Endを繰り出す。それをオカダが切り返し、SANADAをショルダースルーで投げ捨てて失格させる。だが、直後にEVILがランニングエルボーでオカダを場外へ落とした。
 ここで後藤が登場し、EVILに串刺しラリアット、バックドロップ、カウンター牛殺し。それでもEVILはGTRを回避するが、後藤&YOSHI-HASHIがガットバスターをお見舞い。そして、GYRの体勢に入るが、EVILが脱出。さらに、YOSHI-HASHIのランニングエルボーをかわして後藤に誤爆させると、YOSHI-HASHIを海野レフェリーと激突させる。
 レフェリー不在の中、EVILは後藤の首にパイプイスをかけ、別のイスで殴り飛ばす。そして、ロープ際でラリアットを食らわせ、後藤を失格へ追い込んだ。
 これでYOSHI-HASHIとEVILの一騎打ちとなり、EVILがダークネスフォールズをお見舞い。それでもYOSHI-HASHIがフォールを返すと、両者へ向けて大コールが起きる。
 そんな中、EVILはEVILを狙うが、YOSHI-HASHIが切り返してトラースキック。するとEVILがローリングエルボーを浴びせるが、YOSHI-HASHIはカウンターラリアットで報復。そして、ジャンピングパワーボムからフォールするも、カウントは2。
 両者へ向けた大コールで場内が二分される中、YOSHI-HASHIはカルマを仕掛ける。それをEVILが抵抗すると、YOSHI-HASHIはフェイント式バックキックを見舞い、再びカルマの体勢に入る。そこからEVILが脱出すると、YOSHI-HASHIはショートレンジラリアットを発射。ところが、EVILが身をかわし、そのままEVILでYOSHI-HASHIを撃沈。EVILの1人残りにより、L・I・Jの勝利となった。

COMMENT

ヒロム「オスプレイ、どこ行った? オスプレイ、大丈夫か? オマエのく〜び、大丈夫か? オスプレイ、言ったよな? 始まる前、オマエの連絡先教えてくれって言ったよな? ちゃんとオマエが大好きなチキン、食べさせてやろうと思ったのになあ。ねえ、オスプレイ、首、大丈夫? ハッハッハッハッハッハ……!」
BUSHI「おい外道、俺のマスク持ってどこ行ったんだよ? 返せよ、俺の大切なマスクを。お前なんかに必要ねえだろう? てめえ、俺のマスク獲りやがってな。オマエは明日、オマエの大切かどうかは知らねえ、きったねえヒゲ! 全部切ってやるからな。エンセリオ! マ・ジ・で」
EVIL「完璧だぜ、完璧だ。前哨戦、このIWGPタッグの前哨戦、完璧なかたちで終わりを告げたな。明日、シングルのチャンピオンふたり、後藤、そしてオカダを倒し、俺たちが爆発的な勝ちで上り詰めさせてやるよ。よく覚えておけ。This is EVIL! Everything is EVIL!! すべては……そしてすべてが……EVILだ!」
内藤「YOSHI-HASHIよ、大阪で必ず内藤に勝つんだってさ。必ず……必ずって言葉の意味、わかってる? 大丈夫? じゃあ、俺に負けたら、そうだな……メキシコ遠征でも行ってきたらいいんじゃない? 彼もメキシコ経験者だしね。あのメキシコっていう国はいろいろなヒントが転がってるからさ。大阪で俺にシングルマッチで負けたら、長期でメキシコ遠征に行ってこいよ。俺らからのアドバイスだぜ、カブロン!」
※SANADAはノーコメント
 
オカダ「いいんじゃない? SANADA、EVIL、おいしくなってきたんじゃない? まぁ、『WORLD TAG LEAGUE』、俺出てないからね。どんなもんかなと思ってたけど、おいしそうだねぇ。俺と後藤さんで、ペロリといただいて。まぁ、『WORLD TAG LEAGUE』、出てなくて文句言ってたヤツもいるから、しっかりベルトを獲って、アナタたちと防衛戦やってもいいし、またSANADA・EVIL、タイトルは俺らが持ってるぜ、一本ずつ。狙ってこいよ!」
後藤「いよいよ明日だ! 熱くなるぜ! ダークネスワールド全開で来いよ。全部受け止めてやる」
※YOSHI-HASHI、オスプレイ、外道はノーコメント
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
太鼓の達人
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ