新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

2013/08/04(日)17:00大阪・大阪府立体育会館 〜BODY MAKER コロシアム〜 | 観衆  6,700人(超満員札止め)

第3試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 23」Bブロック公式戦

[08分17秒]
アンクルホールド

レフェリー|タイガー服部

試合経過情報

 ゴング前、入場した永田がコーナートップに登って敬礼ポーズを決めようとしたところを、ベンジャミンはジャンプでコーナーに飛び乗って、豪快なフロントスープレックス。続いてベンジャミンは場外で永田を痛めつけると、リング内に戻してエプロンサイドでヒザ蹴り。さらにコーナートップから一回転してのネックブリーカーを炸裂。
 永田はまだTシャツすら脱げていない。追撃の手をゆるめないベンジャミンはパンチで永田からダウンを奪うとキャメルクラッチ、そして立ち上がらせるとロープに飛ばして右ヒジを叩きつけていく。
 
 ベンジャミンが場外に永田を投棄すると、セコンドのTAKAみちのくがストンピング。そしてベンジャミンはスライディングキック、さらに場外の床に永田をボディスラムで叩きつける。リングに戻った永田はTシャツを脱いで怒りの表情。両者はエルボー合戦のあと、ベンジャミンがドラゴンウィップを放つが、永田はこれを交わして浴びせ蹴り。そして強烈なミドルキックを叩き込んでから串刺しフロントキック。そしてロープワークの展開に入ると、永田はフェイントを入れてからベンジャミンのヒザへドロップキック。そしてエクスプロイダーからナガタロックUと、怒涛の攻撃を見せる。
 
 両者は再びエルボー合戦。そこから永田は左ジャブを三発入れると右フック。しかし、ベンジャミンもドラゴンウィップ、そしてジャーマンで反撃する。ここからベンジャミンはアングルロックを決めるが、永田はこれをうまく外してお返しにナガタロックU.しかし、ベンジャミンも身体を入れかえて再びアングルロックへ。これを外した永田は延髄斬り、そしてバックドロップでベンジャミンを大きく投げ飛ばす。
 
 さらに左ミドルを放っていくが、これを受け止めたベンジャミンはアングルロックへ。そしてヒールホールドに移行し、おもいきりひね上げると、永田は耐え切れずタップアウト。ベンジャミンが星を2勝2敗の五分に戻した。

コメント
ベンジャミン「ユウジ・ナガタ、オマエは2012年のG1で、シェルトン・ベンジャミンを倒した。だが、今夜2013年のG1で、俺はそのリベンジを果たした。このG1というのは、すべての技、すべてを持ってぶつかって闘うものだ。どうだ、見たか? これがオマエと闘ったシェルトン・ベンジャミンという男の闘いだ」

永田「不意打ちだよ、オマエ。俺の見せ場(※敬礼)、取りやがって。あのヤロー! 今日の大阪府立の会場も、6月の『DOMINION(6.22)』に負けず劣らず物凄いノリだったんで、トップロープからそのすべての観客を把握してやろうと思ったときに、いきなり飛びついて来た。(※カメラ目線で)焦ったゼア!」
テレビ朝日・野上慎平アナウンサー「敬礼を奪われたことは本当に屈辱なのでは?」
永田「自分からトップロープにのぼることはあまりないからね。あの技は食わないと思ったけど、まさかあそこで来るとは思わなかった。花道で『ゼア!!』ってやっときゃよかったよ(※カメラ目線で)。アンクルホールドにナガタロックを切り返すとは。カート・アングルを思い出すぜ、あのヤロー!(※と壁を叩く)チクショー。まだ大丈夫だよな?」
野上「まだ2勝2敗です。まだ永田さんを信じて大丈夫ですね?」
永田「ああ。・・・ホントに信じてる!?」
野上「当たり前です(キッパリ)」
永田「ネバーギブアップゼア!!(※とカメラ目線で敬礼)」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.