新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012

2012/01/22(日)12:00東京・後楽園ホール | 観衆  1,950人(超満員)

第5試合20分1本勝負

[14分24秒]
雪崩式ダブルアームフェイスバスター

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 2月12日大阪で行なわれるIWGPヘビー級選手権試合の前哨戦となる6人タッグマッチ。
 前日に引き続き、棚橋はペイント&黒コスチュームのCMLL仕様で登場。中邑も頭巾を被って入場した。
 
 そこから棚橋とオカダの先発で試合がスタート。オカダが棚橋を攻め込んで両手を広げると、場内がブーイングに包まれる。すると棚橋が、カウンターバックエルボー、フライングボディアタックで逆襲。
 ディアマンテ対メフィストの場面。ディアマンテがセカンドロープからトップロープへ飛び移り、その反動を利用してヘッドシザースホイップ。これでメフィストをエプロンへ追いやり、コーナー最上段からのヘッドシザースホイップで場外へ叩きつけた。
 内藤対中邑の場面。頭巾を被ったままの中邑は、体をくねってなかなか組み合おうとしない。業を煮やした内藤は、頭巾を剥ぎ取ってエルボーをお見舞い。ところが、中邑が激怒してエルボー、キック、ローキックの乱れ打ちで報復。しかし、内藤も負けじとトーキック、エルボー、ランニングサンセットフリップで逆襲した。
 そこから内藤はロープへ走るが、控えのオカダが背中を蹴って妨害。すかさず中邑がフロントハイキックで場外に落とし、オカダが追い討ちをかける。
 ここから中邑組がリング上を占拠し、棚橋、ディアマンテを3人がかりで痛めつける。そして、遅れてリングに戻った内藤にも3人で集中攻撃を仕掛けた。
 さらに中邑組はトレイン攻撃を狙うが、内藤がヘッドシザースホイップでメフィスト、延髄斬りでオカダ、ジャンピングエルボーアタックで中邑に逆襲。さらに、水面蹴りと低空ドロップキックで中邑を場外へ蹴散らした。
 棚橋対オカダの場面。棚橋がフライングフォーアームで先制し、スリングブレイドに行く。だが、オカダがかわしてフロントハイキックで逆襲。さらに、ボディスラム、ダイビングエルボードロップに繋ぐ。
 だが、追撃をディアマンテが妨害し、棚橋と内藤が中邑にダブルドロップキック。そして、2人同時のプランチャでオカダと中邑を分断。
 ディアマンテ対メフィストとなり、ディアマンテがコーナー最上段から前方回転エビ固め。すると、中邑が内藤の後頭部へのボマイェ、オカダが棚橋をツームストンパイルドライバーKO。そしてメフィストが、雪崩式ダブルアームフェイスバスターでディアマンテを倒した。

コメント
中邑「オイオイ!うっとおしいぜ!いい加減にしろっつうんだよ!オイオイ誰か、アイツの立場をわからせてやれっつうの!わかんねぇのは、言ってもわかんねぇわ、殴ってもわかんねぇわ、どうやったらわかんだよ?死ねよ!」
オカダ・カズチカ「昨日も勝っちゃったし、今日も勝っちゃったし!なんだ、パートナーが悪いのか?違げえーよ!オマエ、チャンピオン引っ張れよ!もっと楽しませてくれ
よ!悔しいよ、俺は!オマエがそんなんじゃな、お金の雨が降ってこないんだよ。もっと、もっと強くなってくれ!俺のところまで来てくれよ!こんなんじゃ、タイトルマッチつまんねぇよ!棚橋弘至、『首が痛てぇ』?関係ねぇ!チャンピオンだ!!レスラー誰だって、どっかしら痛てぇんだから。頑張ってくれ。それだけ。金の雨、しっかり見せてやっからな、棚橋、頑張ってくれ」
※メフィストはノーコメント 
 
ディアマンテ「メフィストに今日はやられてしまった。この借りは、メヒコに戻って、必ず返してやるよ。そして必ずまたみなさんのもとに帰ってきます!」
内藤「ドームで言ったとおり、俺が!俺がプロレスを楽しまなきゃあ、お客さんも楽しめないでしょ?俺はそういうプロレスを観て、ファンになったから。中邑との闘い、楽しいよ〜!刺激があって!楽しいし、お客さんもああいうクネクネした中邑じゃなく、ああいうピリピリした中邑、見たいでしょ?おもしろいでしょ?俺がドンドン、中邑、引き出してやるよ。そして、もっと俺が楽しむようなプロレス、見せていくから。俺がお客さんをハッピーにさせてやるよ」
棚橋「……オカダに一つ、言いたいのは、誰も、うわべだけの欲望なんか見たくないから!リングでやってることと、言ってることの整合性。なんか心からニジみ出すものが感じられないというか。俺も永田さんみたいになってきたけど(笑)。どーしても勝ちたいんだ、プロレスを俺がなんとかいい方向にというような……なんかな。でも、それ以外はいいんじゃない?身体もつええし、当たりもつええし、未知数な部分があるからさ。用心するのは、その部分で。ま、とにかく、俺は防衛記録を伸ばしていくだけだから。その先に俺が目指すものがきっとあるから」
――2日続けてのツームストンパイルドライバーは?
棚橋「ヤバイすね。受身のとりようがなういんで。メキシコでは禁止ですからね。でも、首が曲がらなくても、俺はきっとリングに立つだろうし」
――この2連戦で、オカダさんの評価は変わりました?
棚橋「悪くねーよ!おもしろいんじゃないかな? と思い出して。いままで、過去の挑戦者は“相手にとって不足なし”が多かったんで。でも、こういう冒険が。こういうカードができるのも挑戦者ありきじゃなくて、王者ありきになってきたからだと思うんで。ただ、俺はそれにちゃんと応えていくから!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.