新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

ブシロード PRESENTS G1 CLIMAX XXI 〜THE INVINCIBLE FIGHTER〜

2011/08/01(月)19:00福岡・福岡国際センター | 観衆  4,500人

第9試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX XXI」 Bブロック公式戦

  • ○ MVP
  • (1勝=2点)

[12分02秒]
イリバーシブルクライシス

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 序盤、両者はじっくりとしたグラウンドレスリングを展開。そこから中邑が挑発的に踏みつけて行くと、MVPが激怒。中邑をコーナーへ追い込み、串刺しラリアット連射、フロントスープレックスでお返し。
 さらに、MVPは串刺し攻撃をジャンプでかわすが、着地したところに中邑が膝蹴りを合わせて逆転。そのままMVPをコーナー最上段に固定すると、ガラ空きのボディへランニングニーアタックを食らわせる。
 中邑の攻撃は続き、グラウンド、スタンディング、さらにはコーナーで膝蹴りを連射。そして、ボディスラムからのジャンピングニードロップ、ミドルキック連射、頭部への膝蹴りに繋げる。
 劣勢となったMVPは、カウンターフロントスープレックスで逆襲。そして、中邑のパンチをかわしてラリアットを食らわせ、エルボー、クロスチョップ、フェースクラッシャー、ボーリンエルボー、フィッシャーマンズスープレックスホールド、ジャーマンスープレックスホイップとラッシュをかける。
 続いてMVPは、コーナー最上段へのぼるものの、中邑が頭部へのジャンピングハイキックで転落させる。ここからエルボー合戦となり、さらに中邑が膝蹴り連射。しかし、MVPもエルボー連射でやり返し、エルボースマッシュ、ショートレンジラリアット。そして、プレイメーカーの体勢に入るものの、中邑が切り返して後ろ回し蹴りを見舞う。
 さらに中邑は、グラウンドでの膝蹴り連射、フロントネックロック、リバースパワースラムで追い討ちをかけ、ボマイェを発射。しかし、MVPがトーキックをカウンターで食らわせ、ハンマーブローからプレイメーカー。そして、TTBを狙うものの、中邑が切り返して腕ひしぎ逆十字固め。さらに、三角絞めに移行する。
 ところが、MVPが技を極められたまま立ち上がり、パワーボムの形で中邑を叩きつける。そして最後は、『G1 CLIMAX』用の新兵器・イリバーシブルクライシス(変型クリップラークロスフェース)で中邑からギブアップを奪った。

コメント
MVP「何か質問はないのか? ……ナカムラ・シンスケはオレが知る限り相当にタフなレスラーだ。ヤツのヒザはデンジャラス。だがシンスケ、オレはIWGPインターコンチネンタルチャンピオンだ。このG1もオレが勝つ。いよいよオレのターンがきたぜ! オレが主役に躍り出る時がきた(机をバンバン叩きながら)。ヘイ、オレがガイコクジンとして初めて、“ナツオトコ”になってやる!……キメルゼ!! そういうことだよ。ボーリンッ!!」

中邑「創ってきたもの、コンディション、その調子がわかるのがいつも、初めてのリーグ戦。それにこの結果。なんとでも言ってくれよ、『舐めてた』とか、『甘く見てた』とか。MVP、ウェルカムトゥ、ストロングスタイル、レスリングワールド。まぁいいよ、明日から修正。勝とうが負けようが、どっかしら皆、崩れる。進む道を誤る、急ごうとする」
――どのあたりを修正してくるんですか?
中邑「そうだね、まぁ、厳しくね、もっと相手対して。ともすれば自分対して。舐めかかり過ぎて、ペース配分、アイツに合せちゃっただろ。生きてりゃ、必ず明日が来るんでね。修正してまた明日」
 
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.