• 2011.12.31
  • #Topics
【1・4東京ドームまであと5日!】バッドインテンションズvsテンコジ、運命のリターンマッチ!/“荒武者”後藤、背水の陣で杉浦と一騎打ち!

 刻々と迫る1月4日東京ドーム『レッスルキングダムVI』! 今回は、バッドインテンションズvsテンコジのタッグ頂上決戦、後藤対杉浦の一騎打ちをクローズアップ!
 
●第6試合 
60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合
<第57代王者組>ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン
VS
<挑戦者組>天山広吉&小島聡
※11度目の防衛戦
 
■波乱万丈の歴史を歩むテンコジ! 悲願の王者返り咲きはなるか?

 ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンのバッドインテンションズは、2010年6月19日に永田裕志&井上亘を破ってIWGPタッグ王座を初戴冠。そして、1年後の11年6月には、プロレスリング・ノアのGHCタッグ王者・高山善廣&佐野巧真を下し、連続防衛の新記録V8とタッグ二冠王を同時に成し遂げた。
 
 2人の快進撃は止まらず、7月に棚橋弘至&後藤洋央紀、11月に鈴木みのる&ランス・アーチャーを返り討ち。連続防衛V10をマークし、約1年6ヶ月という最長保持期間を達成した。
 
 まさしく向かうところ敵なしとなったバーナード&アンダーソンだが、新たに強大な敵が現われた。日本マット界が生んだ珠玉の名タッグチーム・天山広吉&小島聡<テンコジ>である。
 
 2人は、1999年1月4日のIWGPタッグ王座初戴冠、2001年の『G1 TAG LEAGUE』優勝など、新日本プロレスで大躍進。そして、小島が全日本プロレスへ移籍してからは、2005年2月のIWGP&三冠ダブルタイトルマッチなど、シングルの大一番でも激突。そのたびにプロレスファンを魅了してきた。
 
 2008年7月、G・B・H追放→飯塚高史の裏切り→完全孤立という大ピンチに陥っていた天山を、小島がヘルプ。久々にテンコジを復活させると、『G1 TAG LEAGUE』を制覇し、続いて全日本プロレスの『世界最強タッグ決定リーグ戦』でも優勝。史上初の快挙を達成した。
 
 ところが、その年の12月に天山の網膜剥離が発覚し、戦線を離脱。翌2009年1月4日の東京ドームで予定されていたIWGPタッグ選手権試合3WAYマッチに出場することができなかった。
 
 そして同年5月、天山は待望の復帰。今度こそテンコジでIWGP王座へ返り咲くため、バッドインテンションズと次期挑戦者決定戦を敢行する。だが、天山がアンダーソンのガンスタンで轟沈。これを最後にテンコジは解散した。
 
 その後、天山は脊椎と肩の負傷で長期欠場を余儀なくされてしまう。すると、そのあいだに小島が全日本を退団し、外敵のまま『G1 CLIMAX』優勝&IWGPヘビー級王者の二冠を達成。ライバルの快挙に心中穏やかでない天山は、2010年11月の『NEVER.4』で1年3ヶ月ぶりに復帰すると、小島に激しい対抗意識を燃やした。
 
 両者は11年8月14日、10月10日、11月12日に3連続でシングル対戦を行ない、ファンを熱狂させる名勝負を展開。そして、これをきっかけに友情を再燃させ、ついにテンコジが待望の復活を遂げることとなった。
 
 波乱万丈のヒストリーを歩んできた天山&小島にとって、1月4日東京ドームでIWGPタッグ王座を奪取することは、3年越しの宿願。そして、バッドインテンションズへのリベンジは、完全復活の証明となる。
 
 一方のバーナード&アンダーソンには、「自分たちが真のベストタッグ」という確固たる自負がある。それを証明するためにも、絶対に負けることは許されない。2012年の1・4東京ドームで、タッグの頂上決戦がついに実現する!
 
●第7試合 
30分1本勝負
NJPW vs NOAH BATTLE CONCENTRATION I
後藤洋央紀
VS
杉浦貴
 
■“荒武者”後藤、絶対に負けられない一戦! 杉浦の首を討ち取れるか?

 後藤洋央紀は、2003年7月6日にデビュー。その才能を発揮して早くから頭角を現し、2005年には『ヤングライオン杯』優勝、C.T.U加入、IWGP Jr.タッグ王座戴冠と、一気に躍進。そして、2006年8月にはメキシコCMLLで海外武者修行を行ない、肉体改造に着手する。
 
 屈強なヘビー級戦士になって2007年8月に帰国した後藤は、10月にかつて付き人を務めた先輩である天山広吉を撃破すると、11月には棚橋弘至が持つIWGPヘビー級王座へ初挑戦。さらに、2008年の『G1 CLIMAX』で初出場・初優勝の快挙を達成し、2009年と2010年の『NEW JAPAN CUP』で史上初の2連覇を達成した。
 
 こうして数々の輝かしい実績を作ってきた後藤だが、IWGP戦では5連敗中。いまだ天下取りの野望は達成できていない。デビューから8年、鳴り物入りの凱旋帰国から4年半。同期のライバル中邑真輔がすでに3回の戴冠を果たしていることを考えると、出遅れた感は否めない。
 
 そんな後藤にとって、打破しなければいけない壁の一つが、1月4日東京ドームでシングル対戦するプロレスリング・ノアの杉浦貴である。両者はこれまでに3度のシングル対戦を行ない、いずれも杉浦が勝利。3連敗という悪夢を払拭しないことには、後藤は一歩も前に進めない状況だ。
 
 言い換えれば、今回の一騎打ちは後藤にとって絶対に負けられない一戦であり、本当の意味での正念場。万が一不覚を取るようなことがあれば、もう2度と「天下取り」を口にすることはできないだろう。
 
 まさしく背水の陣で挑むドーム決戦。後藤は杉浦の首を討ち取り、再びIWGP戦線へ推参できるのか?

★要チェック!! 1.4東京ドームで“新作グッズ”一挙発売!!  商品一覧ページはコチラ!! 
 
■各試合の見所は?
時は来た!船木誠勝が“24年ぶり”里帰り!! “最強助っ人”シェルトン・ベンジャミンがやってくる!!

YOSHI-HASHIが“CHAOS”入り宣言! オカダはふてぶてしく“頂上獲り”断言!! ダブル凱旋帰国インタビュー

新日本とCMLLのJr.戦士が越境タッグを結成!華やかでスリリングな“初夢ファイト”を展開!
  

オープニングから大激戦必至!! Jr.の至宝を懸け、NRCとApollo55がリターンマッチ!!
    
★“天才”武藤敬司、鈴木みのる、高山善廣、ノア潮﨑&丸藤&杉浦も参戦!!
『NJPW 40th anniversary Tour. レッスルキングダムⅥ in 東京ドーム』
 

2012年1月4日(水) 17:00試合開始
●チケット情報
●全対戦カード
★1.4東京ドーム大会を「スカパー!」でPPV完全生中継!!
 

◆前売チケットは絶賛発売中!!
スペシャルシート 20,000円
アリーナA 10,000円
1Fスタンド 5,000円
2Fスタンド 3,000円 
   
◆プレイガイド 
・闘魂SHOPオフィシャルサイト (http://shop.njpw.co.jp/ 携帯&パソコン同じアドレス)

・チケットぴあ 0570-02-9999 (http://pia.jp/t/) Pコード 594000
 ※ぴあカウンター、サークルKサンクス各店、セブンイレブン各店
・ローソンチケット 0570-084-003 (http://l-tike.com/sports/njpw/
 ※ローソン店頭ロッピーにて
・e+イープラス (http://eplus.jp/battle/ 携帯&パソコン同じアドレス)
 ※ファミリーマート各店
・前売り.com  (http://maeuri.com 携帯&パソコン同じアドレス)
・闘魂SHOP 水道橋店 03-3511-9901 
・後楽園ホール5階事務所 03-5800-9999 
・書泉グランデ 03-3295-0011 (http://www.shosen.co.jp/kakutougi/ticket.html
・BACK DROP 03-3255-8701 (http://www.B-DROP.com/
・横浜 プロレス道場 045-713-9674 (http://pwdojo.com/
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ